問題91〜100

問題 91小型浄化槽の清掃に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)嫌気ろ床槽第1室は、槽内水を含め全量引き出す。
(2)一次処理装置の第2室は、必ずしも全量引き出す必要はない。
(3)接触ばっ気槽は、逆洗して沈殿させた汚泥を中心に適正量引き出す。
(4)沈殿槽は、汚泥、スカムを適正量引き出す。
(5)夾雑物除去槽は、スカムを適正量引き出す。

正答 ➠   
 嫌気ろ床と同じように、スカムだけでなく、夾雑物・溜まった汚泥も引き抜く必要がある。槽の名前に引き摺られないように。
 

問題 92下図に示すみなし浄化槽(単独処理浄化槽)の二次処理装置及び消毒室において、清掃の技術上の基準に基づく清掃の仕方として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)散水ろ床型  ― 付着物の引き出し、洗浄
(2)平面酸化型  ― 付着物の引き出し、洗浄
(3)単純ばっ気型 ― 適正量の引き出し
(4)地下砂ろ過型 ― 洗浄
(5)消毒室    ― 適正量の引き出し

正答 ➠   
 この当時の浄化槽は現物を見たことがないんです。なので、この問題は清掃の技術上の基準を読むしか無く、浄化槽法施行規則第3条の一で、「単純ばっ気型二次処理装置の引き出しは全量」とある。
 

問題 93構造例示型の小型浄化槽の張り水に関する次の文章中の[ A ]、[ B ]に入る単位装置の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。
 
 [ A ]の洗浄に使用した水を[ B ]の張り水として使用した。
 
     A            B
(1)嫌気ろ床槽第2室  ─ 嫌気ろ床槽第1室
(2)脱窒ろ床槽     ─ 接触ばっ気槽
(3)沈殿分離槽     ─ 消毒槽
(4)接触ばっ気槽    ─ 嫌気ろ床槽第1室
(5)消毒槽       ─ 沈殿分離槽

正答 ➠   
 全問同様、清掃の技術上の基準の十で、嫌気ろ床槽・脱窒ろ床槽・消毒槽以外の洗浄水なら、一次処理装置の張り水に使える、とある。まあ、知らなくても、前の方の清掃汚泥を後ろの放流側の装置には入れないとか、消毒剤が溶けている装置の洗浄水を前の装置には入れないとか、こんな感じで判断すればよい。
 

問題 94下図は、嫌気ろ床槽上部を流量調整部としている浄化槽の平面及び縦断面を模式的に表したものである。このような構造の浄化槽において、嫌気ろ床槽第1室を全量引き出した場合の清掃汚泥量(㎥)として、正しい値は次のうちどれか。
 なお、清掃開始時における槽内水位は高水位の状態であり、引き出しの際のろ床洗浄水量は0.3㎥、汚泥等の引き出し時には汚水の流入はないものとする。
 
(1)1.20
(2)1.50
(3)1.65
(4)1.95
(5)2.25

正答 ➠   
 経験が無くても、順ぐり計算していくだけだから、決して捨てない。まず、嫌気ろ床槽第1室が高水位の時に全量引き抜くから 0.3+1.2=1.5㎥。ここで大切なポイント、第2室の流量調整部が引き出されてしまうこと。なので 1.5+0.15=1.65㎥。これに洗浄水全量引き抜きだから 1.65+0.3=1.95㎥
 

問題 95直径600mm の点検口がある構造例示型浄化槽の沈殿分離槽第1室の清掃作業で用いられる用具として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 ふらんびんはBODを測定する時に使うもので、現場に持ち出すことはなく、水質分析室にあるもの。
 

問題 96「小型合併処理浄化槽維持管理ガイドライン・同解説」で示されている小型合併処理浄化槽における清掃内容の記録のうち、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)清掃作業対象の単位装置名及び有効容量
(2)単位装置ごとの引き出し汚泥量及びその合計値(全清掃汚泥量)
(3)単位装置ごとの張り水の種類及びその量
(4)汚泥等を引き出した単位装置の内部設備の変形及び破損の有無
(5)槽内に入って作業を行う場合、作業空間の窒素濃度の測定結果

正答 ➠   
 普通は槽内に入って清掃作業なぁんて無いね。作業員が槽内で呼吸するから、ここは硫黄系などの有害物質に注意だ。窒素が蓄積することはないし、窒素自体に有害性はない。
 

問題 97分離接触ばっ気方式のみなし浄化槽(単独処理浄化槽)の清掃作業に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)便器の洗浄水を流すなどして流入管の詰まりの有無を判断し、必要があれば流入管きょを清掃する。
(2)堆積汚泥を引き出す際、水道水で薄めたりしないようにする。
(3)沈殿分離室の汚泥を引き出した後、内壁や流入管に付着している汚泥を洗浄する。
(4)内部設備の変形及び破損の有無を確認する。
(5)消毒室のスカム、汚泥を沈殿分離室に移送する。

正答 ➠   
 消毒室(槽)の汚泥は遊離塩素があるので、微生物処理の場所には戻せない。
 

問題 98浄化槽汚泥の輸送技術に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)一般的な浄化槽汚泥の含水率は98〜99%程度であり、汚泥処理処分費用に占める輸送経費を増大させる要因となっている。
(2)浄化槽汚泥の輸送先がし尿処理施設の場合、汚泥濃度が低いほど、し尿処理施設における処理に都合がよい。
(3)浄化槽汚泥の濃縮、脱水装置は、多種多様な汚泥に対して安定した処理機能が維持できるように技術開発が行われている。
(4)浄化槽汚泥の減量化の方法としては、バキューム車によりいったん搬出した汚泥を中継基地等に固定設置された脱水装置で処理し、次の目的地へ輸送する方法がある。
(5)近年、従来のバキューム車の替わりに、バキュームタンクを凝集反応タンクと汚泥貯留タンクの2槽構造とし、濃縮装置としてバー式スクリーンを備えた浄化槽汚泥濃縮車が用いられている。

正答 ➠   
 これは単純に考える。汚泥濃度が低い、ということは(水が多い)こと。だとすれば、有機物濃度が低く、嫌気消化を主とするし尿処理施設には入れられない。
 

問題 99清掃時に浄化槽から引き出された汚泥に関する次の文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 浄化槽汚泥の性状は、処理方式や建築用途の違いなどによって浄化槽ごとに[(1)異なる]が、一般的にし尿に比べ、[(2)塩化物イオン濃度]や[(3)アンモニア性窒素濃度]は低く、かつ変動が[(4)大きい]。また、BOD成分の大半が[(5)可溶性]のものである。
 

正答 ➠   
 浄化槽汚泥はしゃぶしゃぶで、薄すぎて浄化槽の中では嫌気発酵(可溶化)していない。
 

問題 100くみ取りし尿及び浄化槽汚泥の処理処分方法として、最も多く実施されている方法は次のうちどれか。
 
(1)し尿処理施設搬入
(2)下水道投入
(3)メタン化施設搬入
(4)農地還元
(5)ごみ堆肥化施設搬入

正答 ➠   
 こういうのは消去法で。まず、バキュームカーの行き先を想像する。すると、345はまず思いつかない。2は現実にはあるのだが、下水道は担当する省庁が国土交通省になり、ややこしそうだ。