問題61〜70

問題 61生物膜法に用いるホッパー型沈殿槽の汚泥移送ポンプの運転に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)ポンプの稼働時刻は、できるだけ流入汚水量の少ない時間帯に設定する。
(2)沈殿槽底部に汚泥が長時間滞留するとスカムとなるおそれがあるので、1日に何回かに分けて移送する。
(3)生物反応槽の浮遊汚泥が増加した後に、ポンプを自動運転に切り替える。
(4)移送汚泥の濃度が低下したらポンプの運転が停止するように、ポンプの1回当たりの稼働時間を設定する。
(5)エアリフトポンプを用いている場合は、空気抜きから汚泥が吹き出さないようにする。

正答 ➠   
 生物反応槽の浮遊汚泥が増加する、ということは、生物膜が肥厚して剥がれてきた時。なので、生物膜の強制剥離、汚泥の移送が必要になっている。
 

問題 62 管きよの異常とそれによって生じる障害の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
     管きょの異常                  障 害
(1)インバート升から浄化槽本体までの配管の勾配がほとんどない。 − 汚物の堆積
(2)放流管が逆勾配である。 − 地下水の混入
(3)トラップ升の封水がきれている。 − 宅内への衛生害虫の侵入
(4)流入管と浄化槽本体の接合部に亀裂がある。 − 汚水の漏れ
(5)流入管の起点付近の土かぶりが 5 cmである。 − 配管の破損

正答 ➠   
 放流管が逆勾配なら、放流先の側溝の水が浄化槽に浸入してくる。地下水の水位は無関係だ。
 

問題 63ばっ気槽(室)のSV30に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)みなし浄化槽(単独処理浄化槽)では、SV30が清掃時期の判断の目安として用いられる。
(2)SV30は、汚泥の沈降性の良否を判断する指標となる。
(3)SV30が高い場合には、沈殿槽の汚泥界面の位置や処理水のSSを確認する必要がある。
(4)SV30は、実際の沈殿槽における沈降状態をそのまま再現している
(5)SV30は、汚泥返送率に影響を受ける。

正答 ➠   
 沈殿時間、汚水流入時の槽内撹拌等の影響を無視しているので、沈降状態をそのまま再現している訳ではない。
 

問題 64凝集剤として硫酸バンドを、凝集助剤としてポリマーを使用している凝集分離装置において発生する不具合とその対策の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
     発生する不具合                 対 策
(1)急速撹拌槽でのスカムの発生 − スカムを移送する。
(2)緩速撹拌槽でのフロックの微細化 − 撹拌強度を上げる。
(3)薬剤貯留槽でのゼリー状のポリマーの残留 − ポリマー粉末を少量ずつ水に溶解させる。
(4)凝集剤注入配管の閉塞 − 定期的に配管系統を洗浄する。
(5)貯留した凝集剤の効力の低下 − 溶解させた凝集剤を長期間保存しない。

正答 ➠   
 緩速撹拌槽でのフロックが微細化して困っているのだから、まずは①撹拌強度を下げる。②ポリマー助剤の添加量を調整する。
 

問題 65MLSS 濃度は、流入汚水の SS 濃度、返送汚泥の SS 濃度、汚泥返送率と次式で示す関係がある。このとき、汚泥返送率を求める式として、正しいものは次のうちどれか。

正答 ➠   
 これは純粋に算数の問題。掛けたり割ったり移項したりで、Rだけを残せばいい。①右辺分母を左辺に掛ける。②右辺のRの項目を左辺に移項する。③左辺をRでくくる。④Rの係数で左辺を割る。こうして、左辺をRだけにする。
 

問題 66自動荒目スクリーンの保守点検項目として、最も不適当次のうちどれか。
 
(1)水路内の固形物の堆積状況
(2)臭気の発生状況
(3)し渣の蓄積状況
(4)し渣除去装置の作動状況
(5)排砂ポンプの稼働状況

正答 ➠   
 問題が“自動荒目スクリーン”についてだから、沈砂槽に置くべき排砂ポンプはそこにはない。
 

問題 67下表は、全ばっ気型のみなし浄化槽(単独処理浄化槽)の実態調査結果を示している。この表から推定される次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1)BOD は、大部分の浄化槽が基準値を満たしていると推定される。
(2)BOD は変動係数が大きいので、処理機能にばらつきがあることを示している。
(3)BOD に比べて COD は低いと推定される。
(4)SS からみると汚泥の流出が疑われる施設が多い。
(5)便器洗浄水量の平均値は設計水量に近いが、水量の変動は大きいと推定される。

正答 ➠   
 この手の問題は、最初に表(図、絵)を見るのではなく、問題を(1)から順に読んで、表で確かめるようにする。
 単独処理浄化槽の処理水BODは90mg/L以下。(1)は平均が89mg/Lだから約半数は超過している。なので、「大部分が基準値を満たしている」とはいえない。せいぜい半数がOKといえる。
 変動係数とは、標準偏差を平均値で割った値で、ばらつきの度合いを示す。なので、これは小さい方がいい。
 

問題 68RC製浄化槽の事故に関する次の文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 RC 製浄化槽は、[(1)外力]に対して十分な強度を有し、土圧や水圧による亀裂や破損事故はきわめて少ない。また、浄化槽自体の重量も大きいため、[(2)浮上事故]が起こることもほとんどない。しかし、コンクリートの[(3)打ち込み]が不十分であったり、コンクリートの[(4)継目の処理]が不完全であったりすると、漏水事故を引き起こすことがある。いずれも、施工時における[(5)埋め戻し工事]において、漏水が確認された段階で修理しなければならない。

正答 ➠   
 RC製であろうとFRP製であろうと、埋め戻す前の“水張り”の時点で漏水をしっかりチェックする。埋め戻したらどこが漏れているか確認はできない。
 

問題 69下図に示す3つの送風機( A、B、C )を修理したが、電動機の回転方向が逆転していた。その場合においても、排気口から排気されていた送風機として、最も適当なものは次のうちどれか。なお、図中の矢印は正常に回転している場合の方向を示す。
(1)
(2)
(3)
(4)A、B
(5)B、C

正答 ➠   
 回転が逆!なんてあまり遭遇しないが、3相なら、うち2本の配線を逆に接続するだけで逆回転になる。
 Bはルーツ式で、ルーツとは“繭型”のこと。その形で納得しよう。5mH程度の水深に向いていて、オイルとの接触がないのがいい。Cはロータリー式でオイルでシールしている。このBとCは、逆回転では排気口からは空気は出ない。Aはターボ式で大風量&低圧向きだが、逆回転でもわずかには送風するのかもしれない。ここは知識・経験ともなく、解説不可能。
 

問題 70ルーツ式ブロワに発生した異常とその結果生じる現象の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
   ブロワの異常          現 象
(1)防振ゴムの破損− 異常な発熱
(2)フィルタの目詰まり− 吐出空気量の減少
(3)ベルトの張り過ぎ・緩み− ベルトの破損
(4)タイミングギヤーの破損− 空気が吐出しない
(5)ベアリングの破損− 異音の発生

正答 ➠   
 (1)の防振ゴムが破損したら、防振されないから振動する。すると、ガタツキ、騒音の問題が発生する。発熱はどこかとなにかが接触して摩擦熱で発熱するもの。