問題51〜60

問題 51下図に示す(ア)〜(ウ)の浄化槽のフローシートのうち、浄化槽法施行規則第6条において、通常の使用状態における保守点検の回数が1週間に1回以上と規定されている処理方式を表すフローシートとして、正しいものは次のうちどれか。
(1)
(2)
(3)
(4)ア、イ
(5)イ、ウ

正答 ➠   
 さあ後半の部です。まずは浄化槽の管理から始まります。
 問題の1週間に1回というのは最も厳しい規定。ということは、管理が難しい方式だ。覚えるのは「活性汚泥方式」で、ばっ気槽という槽がある方式だから、ウがそうだ。
 他に、回転板接触方式、接触ばつ気方式又は散水ろ床方式で、後ろに 砂ろ過装置、活性炭吸着装置又は凝集槽があるものだが、問題の絵にはない。
 

問題 52接触ばっ気槽の逆洗時期の判断に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)槽底部の堆積汚泥の増加が認められる。
(2)槽内水に多量のはく離汚泥が認められる。
(3)接触材の保持汚泥の大部分に黒色化が認められる。
(4)槽内の各部におけるDOに大きな差が認められる。
(5)槽内水のpHの低下が認められる。

正答 ➠   
 接触ばっ気槽内水のpHの低下は、アンモニアの硝化反応が起きていること。つまり、負荷が計画よりも低いことに原因がある。なので、接触ばっ気槽の逆洗時期、つまり汚泥が接触材に付きすぎるている、という判断としては使えない。
 

問題 53COD 30 mg/L、水量 50 ㎥/日の二次処理水について、1,800 kg の活性炭を充填した活性炭吸着装置を用いて三次処理を行い、180 日間運転した。その期間の平均 COD は 10 mg/L であった。活性炭 1kg 当たりの COD 吸着量(g-COD/kg-活性炭)として、正しい値は次のうちどれか。
 
(1)  50
(2)  75
(3)100
(4)125
(5)150

正答 ➠   
 計算問題はとにかく単位に注目。この問題は(g-COD/kg-活性炭)を導くことにある。
 まずはCODの除去量、つまり活性炭に吸着された量を求める。入は30 mg/Lで、出は10 mg/Lだから除去量は濃度にして 20 mg/L。これに処理量を乗じるのだが、今の単位は mg/L で処理量は㎥なので、単位を合わせておこう。mg/Lは g/㎥ と同じだから、CODの除去量は20g/㎥✕50㎥/日✕180日=180,000 g-COD である。これを活性炭の量1,800kgで割ると180000/1800=100。これが答えの単位(g-COD/kg-活性炭)になっていればOK。
 

問題 54流量調整槽の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)槽内に異常な臭気やスカムの発生が認められたときは、撹拌装置の作動不良がないかを確認する。
(2)常用ポンプは低水位で1台が起動し、高水位で2台目が起動すること(2台同時運転)を確認する。
(3)自動脱着式の揚水ポンプでは、水位を下げて運転したとき、上部水面に異常な水流がないことを確認する。
(4)レベルスイッチのケーブルの絡み付きや異物等の付着がないかを確認する。
(5)設計水量ではなく、実際の流入状況に合わせて移送水量を設定する。

正答 ➠   
 これは簡単に片付けよう。ポンプは汚水が溜まったらONして、低水位まだ下がったらOFFだから、(2)の「低水位で1台が起動」これが間違い。高水位で1台がON、それでも水位が上がったら2台同時運転だ。
 

問題 55膜分離型小型浄化槽(処理対象人員 50 人以下)の保守点検項目として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)膜透過水の外観
(2)機器類の作動状況
(3)膜分離槽内の DO
(4)活性汚泥の SV
(5)膜透過水量

正答 ➠   
 膜分離型の浄化槽を管理することは少ないと思うので、とにかく覚えるだけ。
 膜分離型は通常は活性汚泥処理だ。活性汚泥の重要なファクターは、汚泥の沈降性だが、膜で濾過しているので、この沈降性は無視していい。だから、活性汚泥のSVなんて関係はない。これが膜処理の最大のメリットだ。
 

問題 56回転板接触槽の点検結果とその結果に対応するための保守作業の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。

正答 ➠   
 回転円盤の浄化槽を管理することも少ないでしょうね。こういう問題は、速度を遅くして・・・、とかの「早くした方がいいか、遅くしたほうがいいか?」や「通気口の開口率を上げたほうがいいか、下げたほうがいいか?」などの問題が多い。
 (2)は腐敗臭とあるから酸素不足、この時に通気口を広げるのは大いに結構だ。
 

問題 57下記の条件における接触ばっ気ろ過方式の流量調整槽において、24時間均等移送を行った場合の計量調整移送装置(分水計量装置)の三角せきの高さ(cm)として、最も近い値は次のうちどれか。
  〔条件〕
    ・流入条件
      実使用人員 500 人、1人1日当たりの汚水量 200 L
    ・汚泥濃縮貯留槽からの脱離液の移送量と移送先
      1日4回、500 L/回、流量調整槽に移送
    ・砂ろ過装置からの逆洗排水の移送量と移送先
      1日2回、3 ㎥/回、流量調整槽に移送
    ・三角せきのせき高(cm)と移送水量(㎥/時)の関係(下図)
(1)  7.5
(2)  8.5
(3)  9.5
(4)10.0
(5)10.5

正答 ➠   
 これは、先に移送水量を計算し、この水量のときの三角せきの高さをグラフから読み取る。
 24時間均等移送だから、計算は簡単だ。まず汚水は、500人✕0.2㎥/人・日=100㎥/日。次に汚泥濃縮貯留槽からの脱離液だが、4回/日✕0.5㎥=2㎥/日。これに、砂ろ過装置からの逆洗排水が、2回/日✕3㎥=6㎥/日。この3つを合計すると、100+2+6=108㎥/日で、24時間均等移送だから、時間にして、108/24=4.5㎥/時 となる。
 グラフの縦軸「移送水量」の4.5の位置では、横軸の「せき高」は約7.5cmと読み取れる。
 

問題 58浄化槽の各単位装置における溶存酸素量と混合液浮遊物質濃度について、維持することが望ましい数値の大小関係の組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。ただし、ばっ気槽は標準活性汚泥方式におけるものとする。
     溶存酸素量          混合液浮遊物質濃度
(1)ばっ気槽 > 硝化槽 > 脱窒槽  ばっ気槽 < 硝化槽 < 脱窒槽
(2)ばっ気槽 > 硝化槽 ≒ 脱窒槽   ばっ気槽 ≒ 硝化槽 ≒ 脱窒槽
(3)ばっ気槽 ≒ 硝化槽 > 脱窒槽   ばっ気槽 < 硝化槽 ≒ 脱窒槽
(4)ばっ気槽 > 硝化槽 ≒ 脱窒槽   ばっ気槽 > 硝化槽 > 脱窒槽
(5)ばっ気槽 ≒ 硝化槽 > 脱窒槽   ばっ気槽 ≒ 硝化槽 < 脱窒槽

正答 ➠   
 見てすぐあきらめる!のはやめよう。確かに難しそうだが、ひとつひとつ解いていこう。混合液浮遊物質濃度は活性汚泥の濃度で、活性汚泥の濃度が高ければ、要求する酸素量は大きくなる。
 まず、左の必要酸素量だが、ばっ気槽も硝化槽もたくさんの酸素を要求する。一方、脱窒槽は酸素があったら脱窒は進まない。これらから、(3)か(5)に絞られる。
 次に右の混合液浮遊物質濃度、つまり生物量だが、硝化槽と脱窒槽はペアになっているので、汚泥濃度はほぼ等しい。(5)のように脱窒槽のほうが生物濃度が高い、ということはない。なので(3)になる。

問題 59消毒室の保守点検項目として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)消毒剤と処理水の接触状況
(2)消毒剤の溶解状況
(3)薬剤筒の固定状況
(4)塩化物イオンの測定
(5)消毒室底部の汚泥等の堆積状況

正答 ➠   
 問題文が「消毒室」で室だからこれは単独処理浄化槽だ。塩化物イオンを測定しても、塩分濃度だから消毒には関係しない。ここは残留塩素濃度。
 

問題 60ばっ気室における発泡現象に関する次の文章中の[  ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 ばっ気室における発泡は、便所で用いられる[(1)洗浄剤]に起因する例もあるが、汚濁物質が分解して低分子化したものが[(2)蓄積]した場合に[(3)ばっ気]によって発泡する例が多い。一般に、空気供給量が[(4)多い]場合、または、MLSS 濃度が[(5)高い]場合に発泡しやすい。

正答 ➠   
 問題文が「ばっ気室」で室だから、これも単独処理浄化槽だ。発泡はMLSS濃度が低い時に現れやすい。ここ注意要