問題91〜100

問題 91清掃業者が浄化槽管理者と清掃について打ち合わせる事項として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)作業が安全に行える環境であることを確認する。
(2)浄化槽の型式、単位装置の容量等について確認する。
(3)浄化槽管理者からの清掃手順の指示を確認する。
(4)バキューム車の進入経路や停車位置等を確認する。
(5)電源、給水栓の有無等を確認する。

正答 ➠   
 清掃の手順を管理者(そこに住んでるご主人)に「清掃の手順を指示してちょうだい!」なんてことはありえないなぁ。
 

問題 92膜分離型小型合併処理浄化槽維持管理ガイドラインに示されている清掃に関して、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)一次処理装置は、前回の清掃日から6か月後に清掃を実施する。
(2)沈殿分離槽のスカム、し渣、堆積汚泥、槽内水は全量引き出す。
(3)嫌気ろ床槽のスカム、し渣、堆積汚泥、槽内水は全量引き出す。
(4)流量調整槽のスカム、し渣、堆積汚泥、槽内水は全量引き出す。
(5)ばっ気スクリーン型分離槽の貯留部の状況に応じて沈殿物を引き抜き、槽内水は全量引き出す。

正答 ➠   
 1で一次処理装置とは、沈殿分離槽、嫌気ろ床槽、ばっ気スクリーン型分離槽を指し、使用開始日あるいは前回の清掃日から6ケ月後に清掃せよ、とある。
 4の流量調整槽の中は空気で撹拌されているので、撹拌・汚泥体積の防止が図られている。なのでスカムや底部のし渣、堆積汚泥が認められた場合は、適正量引抜け、とあり、槽内水を全量引き抜け!との指示はない。
 膜分離の浄化槽を管理することは少ないと思われるので、難しい問題だ。
 

問題 93し尿処理施設に搬入される処理対象物として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)工場の敷地内に設置されている浄化槽内に貯まった汚泥
(2)生活雑排水の放流先のない地域に設置された浸透槽に貯まった汚泥(浸透槽汚泥)
(3)生活雑排水の専用処理槽に貯まった汚泥(生活雑排水汚泥)
(4)集合住宅に設置されたディスポーザ排水専用処理装置に貯まった汚泥
(5)診療所に設置された人工透析排水専用処理装置に貯まった汚泥

正答 ➠   
 人工透析排水専用処理装置に貯まった汚泥は、し尿処理施設処理対象物ではない。これは産業排水系として処理される。
 また、透析施設から下水道へ排除される排水に関しても、同様にpHの低い酸性の排水が下水道に流されると、コンクリート製の下水道管が損傷し、道路陥没を引き起こす恐れがあるとされている。
 

問題 94下記の条件で稼働している施設において、1か月当たりに発生する汚泥量(㎥/月)として、最も近い値は次のうちどれか。
 
  〔条 件〕
    流入汚水量 :50 ㎥/日
    流入BOD濃度:200 mg/L
    BOD除去率 :90 %
    汚泥転換率 :60 %
    汚泥含水率 :98 %
    汚泥の比重 :1.0
 
(1)  4.0
(2)  8.1
(3)10.8
(4)13.5
(5)16.2

正答 ➠   
 条件が沢山あってお手上げ!と捨ててはだめ。とにかく初めから順番に計算すれば、必ず答えに行く着く。1か月なんていいから、まず1日の汚泥量に集中する。
  ①1日当たりの除去BODを算出する。mg/Lはそのまま計算しちゃえ。50✕200✕0.9=9000g/日。
  ②除去BODの60%が汚泥になるから、9000✕0.6=5400g/日。
  ③その汚泥の含水率が98%だから汚泥は2%(これは 20,000 mg/L=g/㎥)。5400÷20000=0.27㎥/日。
  ④これが1か月だから 0.27✕30=8.1 で答え2に行き着く。
 単位がごちゃごちゃしたら、計算だけやって、出てきた数値(8.1とか81とか810とか)から答えを類推する。
 

問題 95清掃時に用いる用具とその使用目的の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
   用 具           使用目的
(1)ヘッド付きワイヤ− ホッパーやスロツトの付着汚泥を掻き落とす。
(2)サクションホース− 汚泥やスカムを引き出す。
(3)デッキブラシ− 内壁や隔壁の付着物を掻き落とす。
(4)高圧洗浄機− 配管に付着・堆積している汚泥を洗浄する。
(5)止水プラグ− 配管の洗浄排水を浄化槽に流入させないようせき止める。

正答 ➠   
 「ヘッド付きワイヤ」ってものが分からない。ワイヤなら、細いとところの奥まで突っ込んでガシャガシャできる。となれば、横引きの下水管の詰まり解消に向いている。だとすると、1がおかしいと思える。
 

問題 96下図に示す性能評価型浄化槽(5 人槽)において、縦長の移流口を持つ沈殿分離槽及び嫌気ろ床槽にスカムが生成していた。この浄化槽の清掃作業として、最も不適当なものは次のうちどれか。 なお、維持管理要領書には「清掃時に沈殿分離槽及び嫌気ろ床槽のスカム、汚泥等は全量引き出して下さい」と示されていた。
 
(1)沈殿分離槽内のスカム・堆積汚泥を全量引き出した後、嫌気ろ床槽内の清掃を行った。
(2)沈殿分離槽の流入バッフル下端開口部は、夾雑物が認められたので水洗浄した。
(3)嫌気ろ床槽の水位が低下した後、ろ床の水洗浄を行った。
(4)内部設備の変形・破損の状況を確認しながら作業を行った。
(5)汚泥等を引き出し後、水張りを行った。

正答 ➠   
 これは難しい。構造をよく理解していないと解けない。
 1にように沈殿分離槽内のスカム・堆積汚泥を全量引き出した後、嫌気ろ床槽内の清掃を行おうとすると、沈殿分離槽から嫌気ろ床槽への移流口まで水位が下がった時点で、嫌気ろ床槽のスカムが沈殿分離槽に流れてしまう。ここは先に嫌気ろ床槽のスカムを引き出し、ろ床上汚泥を引き出し、底部汚泥を引き出したあとに、沈殿分離槽を清掃したほうが良さそうだ。
 現物をみていないので、解説が難しい。
 

問題 97有効容量 2.5 ㎥ の沈殿分離槽の清掃をAとBの2台のバキューム車を用い、以下に示す①〜⑥の手順で実施した場合、手順⑥において使用した水道水量(㎥)として、正しい値は次のうちどれか。
 
A のバキューム車で、スカムを全量引き出す。
B のバキューム車で、中間水 1.0 ㎥を引き出す。
A のバキューム車で、残っている堆積汚泥等を全量引き出す。
壁面や流入管等を水道水 0.3 ㎥で洗浄し、洗浄水はそのまま張り水として利用する。
B のバキュームタンク内の中間水を張り水として利用するために沈殿分離槽内に戻す。
水道水で所定の水位まで水張りを行う。
 
(1)0.7
(2)1.2
(3)1.5
(4)2.5
(5)2.8

正答 ➠   
 これは難しい! と思ったけど、絵を描いて順番に数値を入れていくと、なんと簡単! 水張りに注目するだけでいい。
 まず、④で壁面や流入管等を洗浄した0.3㎥。次に⑤でBのバキュームタンク内の中間水1.0㎥を戻す。この時点で1.3㎥が槽内にある。残り必要な水道水は2.5-1.3=1.2㎥。これがそのまま答えになる。
 

問題 98清掃の技術上の基準において、引き出し量が適正量と規定されている単位装置の組み合わせとして、正しいものは次のうちどれか。

正答 ➠   
 これは「清掃の技術上の基準」を知っているかどうかの問題。1と2が単独で、3〜5が合併で、また複雑だ。
 「清掃の技術上の基準」ではこうだ。まず単独だが、沈殿分離室や多室型腐敗室では汚泥、スカム、中間水等の引き出しは全量。なので、1と2は消える。次に合併では、嫌気ろ床槽の汚泥、スカム等の引き出しは、第一室にあっては全量とあるので、3は消える。また、汚泥貯留槽の汚泥、スカム、中間水等の引き出しは全量とあるので5が消える。残り4が正答。難しいなぁ。
 

問題 99浄化槽汚泥のコンポスト化に関する次の文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 コンポストとは、汚泥や厨芥等の有機性廃棄物を[(1)嫌気性発酵]させたものである。[(2)有機物質]が分解して安定化するとともに、その際に発生する[(3)発酵熱]によって病原微生物が死滅するため、[(4)土壌改良材]や肥料として利用できる。浄化槽汚泥のコンポスト化の開始時には、[(5)水分]を適切な範囲に調整する。

正答 ➠   
 コンポストが嫌気性なんてありえない。臭気対策が大変だ。
 

問題 100処理対象人員5人の接触ばっ気槽を逆洗し、はく離汚泥を沈降させて引き出し、通常の状態に戻すまでのバルブ等の操作手順として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
〔操作〕 
ア.逆洗用バルブを全開にする。
イ.逆洗用バルブを全閉にする。
ウ.散気用バルブを全閉にする。
エ.ブロワを停止させ、沈降汚泥を引き出し、水張りを行う。
オ.散気用バルブをもとの開度にし、ブロワを稼働させる。
カ.散気用バルブの開度を調整する。
 
(1)ア → ウ → イ → オ → エ → カ
(2)ア → ウ → エ → オ → イ → カ
(3)ア → エ → ウ → イ → オ → カ
(4)ウ → ア → エ → イ → オ → カ
(5)ウ → ア → エ → オ → イ → カ

正答 ➠   
 アが先かウが先か? これが第一歩。ウを先に閉めると、ブロワの吐出圧力が上がってまずいので、まずはア。次に散気の空気を閉めて逆洗に集中。逆洗が終わったら汚泥沈降なのでブロワを止めて沈降汚泥の引き出しと水張り。あとは最初の逆で、イの逆洗を閉めて、カの散気のバルブ調整。これで終了。
 日頃からイメージトレーニングが必要。