水質管理に関する雑資料

水質検査の各検査項目の望ましい範囲

1.水素イオン濃度指数(pH)5.8 〜 8.6
2.汚泥沈殿率(SV)
  みなし浄化槽10 %以上、60 %以下
  合併処理浄化槽10 %以上
3.溶存酸素濃量(DO)
  みなし浄化槽0.3 ㎎/L
  合併処理浄化槽1.0 ㎎/L
4.透視度
  BODの処理目標水質透視度
    90 ㎎/L(みなし浄化槽)7度以上
    60 ㎎/L10度以上
    30 ㎎/L15度以上
    20 ㎎/L20度以上
5.塩素イオン濃度
  みなし浄化槽90 ㎎/L以上、140 ㎎/L以下
6.残留塩素検出されること
7.生物化学的酸素要求量(BOD)処理目標水質以下

高度処理型では

適正な溶存酸素量(DO)は

硝化用接触槽、再ばっ気槽及び硝化槽にあっては槽内均等におおむね1.0 ㎎/L以上。
脱窒用接触槽及び脱窒槽にあっては槽内均等におおむね0 ㎎/Lであること。

混合液浮遊物質濃度(MLSS)は

硝化液循環活性汚泥方式の硝化槽及び脱窒槽にあっては、おおむね3,000〜6,000 ㎎/Lであること。

水素供与体は、

硝化液循環活性汚泥方式又は三次処理脱窒・脱燐方式において、脱窒反応に必要な有機物質が不足する場合に供給されるメタノール等の有機物質であること。

残留塩素測定法は

以前はOT法(オルトトリジン法)というのがあったが、現在では廃止され、DPD法(N・N-ジエチル-Pフェニレンジアミン硫酸塩)である。

水質検査の採水方法

採水場所:消毒槽に入る前の処理水
留意事項:採水は流水状態で行なう。
分析まで:10 ℃以下の状態で運搬し、かつ、9時間以内に試験する。

水質分析項目と試料容器の関係

pH、SS、BOD、COD、窒素等 :ガラスびんまたはポリエチレンびん
リン酸イオン:ガラスびん
n−ヘキサン抽出物質ガラスびん (ポリエチレンは油を吸着する)
溶存酸素:溶存酸素びん
大腸菌群数滅菌びん(菌数をカウントするのに滅菌していないのは使えない)

検査票及び検査結果書の保存

検査票は設置状況検査票、維持管理検査票及び検査結果書とすること。
設置状況検査票及び維持管理検査票は、検査員が検査の際に当該検査に係る浄化槽の設置場所において検査項目(ただし、生物化学的酸素要求量を除く)ごとに検査の結果を記入し、検査終了後、検査機関(法第57条に基づき指定された指定検査機関をいう)が3年間保存するものとすること。