保守点検の回数の特例

通常の使用状態において下記の回数以上必要。

 1.単独処理の場合 【し尿のみを処理する浄化槽で、正式には “みなし浄化槽” という】

処理対象人員 処理方式
全ばっ気方式 分離接触ばっ気方式
分離ばっ気方式
単純ばっ気方式
散水濾床方式
平面酸化床方式
地下砂濾過方式
20人以下 3ヶ月に1回 4ヶ月に1回 6ヶ月に1回
21人以上,300人以下 2ヶ月に1回 3ヶ月に1回
301人 以上 1ヶ月に1回 2ヶ月に1回

 2.合併処理の場合 【し尿および生活排水を処理する浄化槽】

 
浄化槽の種類 処理対象人員 処理方式
分離接触ばっ気方式
嫌気濾床接触ばっ気方式
脱窒濾床接触ばっ気方式
活性汚泥方式 回転式接触方式
接触ばっ気方式
散水濾床方式
沈殿分離槽または嫌気濾床槽を有する浄化槽 20人以下 4ヶ月に1回    
21人以,上50人以下 3ヶ月に1回    
1.砂濾過装置,活性炭吸着装置,または凝集槽を有する浄化槽     1週に1回
2.スクリーンおよび流量調整タンクまたは流量調整槽を有する浄化槽(1.以外)   1週に1回 2週に1回
1,2に掲げる浄化槽以外の浄化槽(沈殿分離槽前置)     3ヶ月に1回

 3.環境大臣が定める浄化槽については、前二項の規定にかかわらず、環境大臣が定める回数とする。

 4.駆動装置、またはポンプ設備の作動状況の点検及び消毒剤の補給は、前三項の規定にかかわらず、必要に応じて行なうものとする。