問題61〜70

 
問題 61下図に示す脱窒ろ床接触ばっ気方式の浄化槽において、脱窒ろ床槽第1室の窒素除去量(g/日)として、正しい値は次のうちどれか。ただし、脱窒ろ床槽の蓄積汚泥からの窒素の溶出はないものとする。
(1)10
(2)15
(3)20
(4)25
(5)30

正答 ➠   
 簡単な物質収支の問題で、脱窒ろ床槽第1室に入るN量と出ていくN量を求めてその差を計算する。
 入るN量=流入汚水(1.0×50)+循環水(4.0×20)=50+80=130  出ていくN量=(1.0+4.0)×22=110 以上から、脱窒ろ床槽第1室のN除去量は 130-110=20g/日 となる。
 
 
問題 62ばっ気沈砂槽の保守点検項目として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)スクリーンの付着物の除去
(2)散気装置への空気供給量の調整
(3)排砂ポンプの排出量の調整
(4)消泡装置の稼働状況の確認
(5)排砂槽の土砂の除去

正答 ➠   
 ばっ気沈砂槽は、流入する砂に付着した有機物をばっ気によって洗い出す装置。スクリーンは通常別置きである。
 
 
問題 63流量調整糟の後段に設けられる計量調整移送装置に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)生物反応槽への移送水量を一定量に調整するために設けられる。
(2)汚水の所定量を連続的に生物反応槽へ移送することができるよう返送部のせき高を調整する。
(3)装置内の汚泥等は、移送水量の変動要因となるので、必要に応じて排出する。
(4)移送部及び返送部のせき板に付着した汚泥は、ブラシ等で洗浄する。
(5)移送水量は設計水量を基準に設定されているため、保守点検時に移送量の把握は不要である。

正答 ➠   
 初期設定は設計水量で設定されているが、保守点検時に実水量を把握して、移送量を調整する。
 
 
問題 64処理対象人員 501人以上の構造例示型の浄化槽において、使用開始直前の保守点検時に確認・調整しておく事項として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)流量調整槽の汚水移送用ポンプのレベルスイッチを調整する。
(2)接触ばっ気槽への空気供給量を調整する。
(3)接触材の変形・破損の有無を確認する。
(4)逆洗バルブを開放状態にする。
(5)沈殿槽の汚泥移送ポンプのタイマを設定する。

正答 ➠   
 逆洗バルブを開放状態にしたら、接触材で汚泥が増殖できなくなってしまう。
 
 
問題 65通常の使用状態で8か月間運転された図に示す嫌気ろ床槽第1室の汚泥の蓄積状況を点検した。この結果として、最も適当なものは次のうちどれか。なお、槽内には角筒状(樹脂製)のろ材が充填されていた。

正答 ➠   
 図から予想できるように、角筒状のろ材は汚泥の捕捉性が非常に低い。なので、汚泥はろ材上部に溜まることが少なく、底部に溜まりやすい。
 
 
問題 66凝集分離装置の緩速撹拌槽に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)急速撹拌槽において凝集剤が十分に混和されて生成した微細なフロックを、さらに撹拌混合することによって、より大きなフロックに成長させる。
(2)フロックどうしの接触回数が多いほど凝集反応は進行するので、撹拌強度は大きい方がよい。
(3)フロックが認められても、上澄水が懸濁している場合には、凝集剤の添加量が原因と考えられる。
(4)フロックの成長及び強度の増加を目的として、高分子凝集剤を凝集助剤として添加する場合がある。
(5)フロック形成状況の点検には、目視によって粗大フロックの生成状況を確認する。

正答 ➠   
 緩速撹拌は1に書いてあるのが目的。なので、強い撹拌を行うと、せっかく凝集した汚泥のフロックを壊してしまう。
 
 
問題 67流量調整槽を前置した接触ばっ気方式の沈殿槽の管理にあたって、下記の条件における1日当たりの移送回数(回/日)と1回当たりの移送装置の運転時間(分/回)の組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。

〔条件〕
    流入汚水量          :100 m3/日
    接触ばっ気槽流出水のSS   :100 mg/L
    沈殿槽流出水のSS      : 20 mg/L
    沈殿槽から移送される汚泥のSS:5,000 mg/L
    汚泥の移送量         :100 L/分
 
  移送回数(回/日) 運転時間(分/回)
(1)2          30
(2)3          15
(3)3           8
(4)4           4
(5)5           2

正答 ➠   
 接触ばっ気槽流出水(つまり沈殿槽入り口)のSSが100 g/m3、出口が20 g/m3。除去SSは100-20=80g/m3。水量は 100m3/日 だから、80×100=8,000g/日 の汚泥を流量調整槽に移送している。その汚泥の濃度は 5,000g/m3 であるから、移送水量は8000÷5000=1.6m3/日 である。これから、移送回数が4回で運転時間が4分/回なら 1.6m3/日 となる。
 
 
問題 68水中ポンプの異常な現象とその原因に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
   異常な現象       原 因
(1)起動しない    ― モータの絶縁不良
(2)運転中に停止する ― 羽根車の摩耗
(3)異音の発生    ― 逆止弁の破損
(4)電流値の異常   ― 異物による閉塞
(5)揚水量の低下   ― 羽根車の接触

正答 ➠   
 羽根車が摩耗しても、モーターの回転そのものには支障がない。
 
 
問題 69電磁式ブロワ並びにロータリ式ブロワが異音を発する場合、両者に共通する原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)ベアリングの摩耗
(2)カバーの共振
(3)フィルタの目詰まり
(4)ブロワと建物との接触
(5)防振ゴムの不良・破損

正答 ➠   
 電磁式は往復動なので、ベアリングがない
 
 
問題 70FRP製浄化槽の修理用原材料として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)乳化剤
(2)修理用ポリエステル樹脂
(3)ガラス繊維(ガラスクロス、ガラスマット、ロービングクロス)
(4)補助剤(シンナー、ベンジン、アセトン)
(5)離型剤(ワックス)

正答 ➠   
 補修に必須なのは、ポリエステル樹脂、ガラス繊維、溶剤の3点で、場合により離型剤を使うこともある。