問題41〜50

 
問題 41断面図(左図)に示された図示記号と立体図(右図)の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。

正答 ➠   
 ここから5問は製図の問題。これが球であればsphere(スフィア)のSだが、右の立体図は球(ボール)状ではない。
 
 
問題 42製図―製図用語(JIS Z 8114 :1999)に示されている図面の種類とその定義に関する組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
   図面          定  義
(1)製作図 ― 一般に設計データの基礎として確立され、製造に必要なすべての情報を示す図面
(2)接続図 ― 構造物、装置における管の接続・配置の実態を示す図面
(3)詳細図 ― 構造物、構成材の一部分について、その形、構造または組立・結合の詳細を示す図面
(4)部品図 ― 部品を定義するうえで必要なすべての情報を含み、これ以上分解できない単一部品を示す図面
(5)配置図 ― 地域内の建物の位置、機械などの据え付け位置の詳細な情報を示す図面

正答 ➠   
 管の接続・配置の実態なら「配管図」でOK。接続図なら「電気接続図」というのはある。
 
 
問題 43電気関係の製図に用いられる図示記号と機器の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。

正答 ➠   
 これは配線用遮断器(ノー・ヒューズ・ブレーカ)で、負荷電流の開閉をして過負荷や短絡などの場合に自動的に回路を遮断する。漏電遮断器の後に取り付ける。
 
 
問題 44下に示す平面図とAーA断面図で表される浄化槽のBーB断面図として、最も適当なものは次のうちどれか。

正答 ➠   
 下に示す平面図とAーA断面図で表される浄化槽のBーB断面図として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
 
問題 45配管図において、管内を流れる流体の種類を示す次の記号のうち、空気を示す記号として最も適当なものはどれか。
 
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)

正答 ➠   
 配管の流体記号で、空気は簡単にAirだから →A
 
 
問題 46掘削工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)透水性の悪い地質の場合の水替え工事には、ウエルポイント工法よりも釜場排水工法が適している。
(2)地山の掘削作業主任者が指揮をとる。
(3)開削工法の場合、のり面勾配に注意し、養生を行う。
(4)掘削深度が 1.5m 以上の場合には、桟橋等を設ける。
(5)掘削前の土量と掘削後の土量は異なるので、搬出量や埋め戻し量に注意する。

正答 ➠   
 透水性の悪い地質なら、自然に湧水が釜場に集まることはない。なら、ウエルポイント工法になる。
 
 
問題 47小型浄化槽の工事の工程とその要点の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)掘削  ― 所定の深さ以上に深く掘りすぎないようにし、必要に応じて山留め工事や水替え工事を行う。
(2)基礎  ― 地盤を強固にするため、割栗石を敷いて突き固め、さらに、割栗石の隙間に砂利を敷きつめ突き固める。
(3)据え付け― 静かに本体を吊り降ろし、水平に設置し、流入管底や放流管底のレベルを確認する。
(4)水張り ― 本体の水準目安線の位置まで水を張り、水平を確認する。
(5)埋め戻し― 本体の周囲を均等に埋め戻し、本体を完全に埋めたのち、水締めによって土砂を突き固める。

正答 ➠   
 埋め戻しは、まずは浄化槽の肩のあたりまで埋め戻し、水締めで土砂を突き固める。
 
 
問題 48設置工事における注意事項として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)ビルの地下室に設置する場合、臭気が漏れないよう地下室は密閉構造とする。
(2)側部から荷重がかかる場合、荷重が直接浄化槽にかからない位置にずらして配置する等の工夫が必要である。
(3)寒冷地に設置する場合、排水管が凍結しないよう配慮した工事を行う。
(4)深埋め工事となる場合、かさ上げの高さは 30cm 以内とする。
(5)地上に設置する場合、地震時の転倒や振動に対して安全な構造とする。

正答 ➠   
 簡単に考えて、設置する地下室が密閉されていたら、機器の昇温や、ばっ気用空気の取り込みからしてNGだ。
 
 
問題 49宅地内排水管の施工に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)排水管の距離は、できるだけ短くする。
(2)排水管途中の升は、トラップとする。
(3)排水管の管径や勾配は、適切な流速が得られるようにする。
(4)排水管の起点や合流点には、升を設置する。
(5)十分な土被りをとっておく。

正答 ➠   
 排水管途中の升には無闇にトラップをつけてはいけない。建屋内にトラップがあると、ダブルトラップになってしまって、室内に臭気が上がってくることがある。
 
 
問題 50現場打ち浄化槽の電気工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)電気工事は、電気工事士の資格を有するものが行う。
(2)電線及び電線管は、JIS規格品を用いる。
(3)配筋後、コンクリートを打設し、十分に養生してから電線管の配管を行う。
(4)槽内での電線の接続は避け、槽外で行う。
(5)フロートスイッチを使用する場合、正常に作動するように相互の間隔を取って設置する。

正答 ➠   
 簡単に考えて、配筋してコンクリートを打ったら電線管の配管なんかもうできない。露出配管ならできるけど・・・。