問題21〜30

 
問題 21生物処理に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)生物膜法での生成汚泥量は、活性汚泥法より多い傾向にある。
(2)生物膜法では、生物膜のろ過機能も作用している。
(3)生物膜には、好気性微生物や嫌気性微生物が生息している。
(4)活性汚泥中では、細菌→原生動物→微小後生動物といった食物連鎖が存在する。
(5)活性汚泥法では、増殖速度の速い微生物が生息しやすい。

正答 ➠   
 これは逆で、生物膜法での生成汚泥量は活性汚泥法より少ない。これは、生物相が多様なためといわれる。
 
 
問題 22下図の工程における水量の収支を考えた場合、工程Eに流入する水量として、最も適当なものは次のうちどれか。
(1)20
(2)21
(3)22
(4)23
(5)24

正答 ➠   
 入った300から工程ABCDから引く抜かれた量(系外排出量)を引けばいい。300-120-45-90-24=21 となる。
 
 
問題 23浄化槽におけるBODの収支は、次式で表される。

  [BODの蓄積量]=[流入するBOD量]−[流出するBOD量]−[分解するBOD量]

 容量2m3の浄化槽に1日に流入するBOD量が 200 g/日、流出するBOD量が 20 g/日で、浄化槽に 20 g/日のBOD が蓄積した。この浄化槽全体としてのBOD分解速度(kg/(m3・日))として、正しい値は次のうちどれか。
 
(1)0.20
(2)0.18
(3)0.16
(4)0.10
(5)0.08

正答 ➠   
 計算問題は、とにかく単位をじっくりみること。答えの単位はkg/(m3・日)だから、kgは除去BOD量、m3は容量。この浄化槽への負荷量は、流入量の200g/日から流出量と蓄積量を引いたものとなる。200-20-20=160g/日 。単位容量あたりだから、2m3で割って、gをkgにすると、160÷2÷1000=0.08kg/(m3・日)となる。
 
 
問題 24連続する二つの工程を有する汚水処理施設がある。流入汚水のBOD濃度が 200 mg/Lであるとして、第一処理工程でのBOD除去率は 30% であり、それに続く第二処理工程の処理水のBOD濃度は 20 mg/Lであった。この場合、第一処理工程の処理水のBOD(mg/L)と汚水処理施設全体でのBOD除去率(%)の組み合わせとして、正しいものは次のうちどれか。
 
BOD濃度  BOD除去率
(1)   60    90
(2)   60    80
(3) 140    90
(4) 140    80
(5) 140    70

正答 ➠   
 流入汚水のBOD濃度が 200 mg/Lで、第一処理工程でのBOD除去率が 30% だから、第一処理工程出口のBOD濃度は 200×(100-30)÷100=140 mg/L。汚水処理施設全体でのBOD除去率は (200-20)÷200×100=90% となる。
 
 
問題 25浄化槽で通常生じる脱窒反応に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)好気条件下で進行する。
(2)脱窒細菌の酸化作用による。
(3)水素供与体として有機炭素源が必要である。
(4)pHが低いほど反応が速い。
(5)大気中の窒素ガスが固定される。

正答 ➠   
 1は嫌気性、2は還元作用、4は反応が遅い、5は排水中の窒素が空気中に出ていくだけ。
 
 
問題 26下図に示した条件で処理する沈殿槽を設計する場合、設計諸元の数値として、誤っているものは次のうちどれか。なお、小数点以下は四捨五入するものとする。
(1)日平均汚水量: 150 m3/日
(2)水面積負荷 : 15 m3/(㎡・日)
(3)越流負荷  : 15 m3/(m・日)
(4)汚泥返送率 : 25%
(5)沈殿時間  : 4時間

正答 ➠   
 日平均汚水量は処理水量と同じだから、沈殿槽への流入水から返送汚泥量を引いて 200-50=150 m3/日。水面積負荷は処理水量を沈殿槽水面積で割った値で 15 m3/(㎡・日)。越流負荷は処理水量を越流せきの長さで割った値で 15 m3/(m・日)。汚泥返送率は処理水量に対する返送汚泥量だから、50÷150=0.33 → 33%でここが間違い。沈殿時間は25÷150=1/6日 → 4時間となる。
 
 
問題 27膜分離型小型浄化槽に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)膜の細孔径が活性汚泥フロックより小さいので、膜閉塞は生じない。
(2)増殖速度の遅い硝化細菌の増殖は期待できない。
(3)ばっ気槽内では、高いMLSS濃度が保持できる。
(4)活性汚泥と処理水の分離に、通常、加圧ろ過が用いられる。
(5)消毒槽は不要である。

正答 ➠   
 活性汚泥の細菌の大きさは1〜3μm(ミクロン:1000分の1mm)程度。これがフロックになると、さらにこの数倍の大きさになる。一方、膜の細孔は公称0.023μm程度と非常に小さく、活性汚泥を通さない。なので、ばっ気槽では高濃度のMLSSが保てる。
 
 
問題 28回分式活性汚泥法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)反応槽の運転は、「流入」、「ばっ気」、「沈殿」の3工程からなる。
(2)糸状性細菌の異常増殖の抑制が期待できる。
(3)窒素の除去が期待できる。
(4)一次処理に流量調整機能が不可欠である。
(5)沈殿槽は不要である。

正答 ➠   
 沈殿工程の後に、上澄み水を排出する工程が必要だ。でないと、処理水が得られない。
 
 
問題 29水洗便所の設置並びに浄化槽の構造に関する次の文章中の[ ア ]〜[ オ ]に入る語句の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。

 水洗便所を設ける際、[ ア ]法第31条第2項の規定により、[ イ ]以外に放流する場合には、衛生上支障がない処理水が得られる性能(汚物処理性能)をもつ構造の浄化槽を設けなければならないことが示されている。その構造は[ ウ ]で定める技術的基準に適合するもので、国土交通大臣が定めた[ エ ]を用いるもの、または国土交通大臣の[ オ ]を受けたものに限るとされている。
 
    ア     イ     ウ    エ    オ
(1)建築基準  地下水脈   政令  構造仕様  認証
(2)建築基準  公共下水道  政令  構造方法  認定
(3)浄化槽   地下水脈   省令  構造方法  認定
(4)浄化槽   公共下水道  省令  構造方法  認証
(5)浄化槽   公共下水道  政令  構造仕様  認証

正答 ➠   
 浄化槽に係る「法31条」といったら、建築基準法だ。処理水を地下水脈に放流?、なんてあり得ないから、ここは「公共下水道」。これで2に行き着く。
 
 
問題 30下表は、処理対象人員5人の浄化槽について、処理方式別の単位装置の有効容量をまとめたものである。ア〜オに入る数値の組み合わせとして、正しいものは次のうちどれか。
   ア   イ  ウ   エ  オ
(1)1.5  1.5  1.5  1.5  1.5
(2)1.5  2.5  2.5  1.0  1.5
(3)2.5  2.5  2.5  1.5  1.0
(4)2.5  1.5  2.5  1.0  1.5
(5)2.5  1.5  2.5  1.5  1.0

正答 ➠   
 この問題は今となっては非常に難しい。数字を覚えていないとお手上げだ。問題には書いてないが、対象の浄化槽は「屎尿浄化槽及び合併処理浄化槽の構造方法を定める件」に示された構造方法に定めたもの。しかし、現在、流通している小型浄化槽の95%以上は構造方法に準拠していない。