問題91〜100

 
問題 91清掃の技術上の基準に基づいて行った構造例示型浄化槽の清掃作業として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)流量調整槽が前置された浄化槽の汚泥濃縮貯留槽において、汚泥、スカム等の引き出しは、脱離液を流量調整槽に移送した後の全量とした。
(2)沈殿分離槽において、槽内の洗浄に使用した水は、沈殿分離槽の張り水として使用した。
(3)消毒槽に汚泥の堆積が認められた場合、その汚泥をサクションホースを用いて引き出した。
(4)汚泥移送装置を有しない接触ばっ気槽の張り水に活性汚泥を使用した。
(5)汚泥貯留槽の汚泥、スカム及び中間水は全量引き出した。

正答 ➠   
 接触ばっ気槽の張り水に活性汚泥を使うと、汚泥移送装置がなければ、後置の沈殿槽からほとんどが流出してしまう。
 
 
問題 92性能評価型小型浄化槽における清掃作業として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)夾雑物除去槽の汚泥、スカム等は、全量引き出す。
(2)生物ろ過槽のはく離汚泥は、全量引き出す。
(3)担体流動槽は、汚泥の引き出しは行わない。
(4)水位が変動する単位装置は、低水位まで水張りを行う。
(5)清掃後、流量調整装遣、循環装置の移送水量を適正量に調整する。

正答 ➠   
 生物ろ過のはく離汚泥は汚泥濃度も低く、そのまま槽外に引き出すことはしない。何とかして汚泥の濃縮してから引き出すほうが引き出し量が少なく、合理的だ。
 
 
問題 93浄化槽法に規定されている清掃記録の保存期間として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1) 1年
(2) 2年
(3) 3年
(4) 5年
(5)10年

正答 ➠   
 清掃記録の保存は3年間。こういうのは憶えるしかない。
 
 
問題 94みなし浄化槽の分離接触ばっ気方式の清掃作業を示したア〜オの順番として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
ア.沈殿分離室のスカム、中間水、汚泥を引き出す。
イ.接触ばっ気室のばっ気を停止させる。
ウ.接触材の逆洗装置を作動させて接触材を洗浄し、生物膜をはく離させる。
エ.消毒室を清掃する。
オ.はく離汚泥の混合液を引き出し、接触材及び沈殿室を清掃する。
 
(1)ア→イ→ウ→エ→オ
(2)ア→エ→ウ→イ→オ
(3)イ→ウ→ア→オ→エ
(4)イ→ア→ウ→オ→エ
(5)エ→イ→ウ→ア→オ

正答 ➠   
 ここはイメージトレーニングがいい。接触ばっ気室のばっ気停止⇒接触材の逆洗⇒沈殿分離室の汚泥等を引き出し⇒接触材&沈殿室を清掃⇒消毒室を清掃。
 イの次のウとアの順序が迷うところだが、通常イとウは続けて作業してしまう。
 
 
問題 95清掃に用いる器具と洗浄方法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)エアリフトポンプの配管は、サクションホースを用いた吸引洗浄が行われる。
(2)一次処理装置等の隔壁や移流管に汚泥や油脂類が強個に付着しているか場合、汚泥掻き落し用具が用いられる。
(3)ホッパー、スロットに付着した汚泥の清掃では、洗浄と並行して引き抜く方法がある。
(4)スクリーン設備の清掃には、付着した爽雑物を取り除く熊手や火ばさみが用いられる。
(5)ろ材等の洗浄で水をかけて落ちる程度の場合には、ホースを使用した水道水による洗浄を行うだけでよい。

正答 ➠   
 エアリフトポンプは塩ビ製で、バキュームのサクションホースで吸引でもすると、強度的にアンバランス。通常は水道水とブラシで洗浄する。
 
 
問題 96下図は、共同住宅及び店舗に設置された沈殿分離槽を前置した接触ばっ気方式の浄化槽について、実流入汚水量及び計画流入汚水量と1年間の汚泥発生量の調査結果を示している。これらの結果に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1)流入汚水量の多い施設ほど汚泥発生量も多くなる。
(2)汚泥発生量を同一汚水量で比較すると、共同住宅よりも店舗の方が多い。
(3)汚泥発生量は、実流入汚水量よりも計画流入汚水量の方がより強い相関を示している。
(4)沈殿分離槽の容量が大きい施設ほど、汚泥発生量が多い傾向にある。
(5)共同住宅では、計画流入汚水量 20m3/日付近を境に、汚泥発生量の増加割合が変化する傾向がある。

正答 ➠   
 一つ一つ消していく。1は汚水量が多ければ汚泥発生量も多くて当然。2は例えば汚水量が20m3/日のとき、汚泥発生量は35m3/年と同じで、店舗の方が多いとは読めない。3〜5もすべて図から読み取れる。
 
 
問題 97処理対象人員8人のみなし浄化槽の全単位装置から汚泥を全量引き出した場合、搬出汚泥量(m3)として、最も近い値は次のうちどれか。なお、各単位装置の有効容量と洗浄水量は下記のとおりとする。また、沈殿分離室の洗浄水は張り水に利用するが、その他の洗浄水は全量引き出すこととする。
 
           有効容量(m3)       洗浄水量(m3
 沈殿分離室  (V1)= 0.75 + 0.09 ×(n-5)     V1×0.1
 接触ばっ気室 (V2)= 0.25 + 0.025 ×(n-5)   V2×0.3
 沈殿室と消毒室(V3)= 0.15 + 0.015 ×(n-5)   V3×0.3
 n:処理対象人員(人)

(1)1.3
(2)1.5
(3)1.7
(4)1.9
(5)2.1

正答 ➠   
 みなし浄化槽の全単位装置から汚泥を全量引き出した場合、とあるので、3つの式にn=8 を代入し、出てきたVに洗浄水を足す。でも、沈殿分離室だけは洗浄水を抜き出さないから各室の汚泥量は V1、V2×1.3倍、V3×1.3倍。すると順に 1.02 0.4225 0.2535、これを合計して1.696m3で 3となる。
 
 
問題 98下図に示す汚泥濃縮車を用いた清掃の作業手順に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。なお、濃縮車は反応タンク、汚泥タンク、凝集剤タンク、分離機等によって構成されている。
(1)スカム、堆積汚泥を汚泥タンクへ吸引する。
(2)中間水等は反応タンクへ吸引し、空気撹拌を行いながら凝集剤を添加し、フロック形成を促す。
(3)形成したフロックを、加圧浮上させる。
(4)反応タンクから分離機へ移送し、分離液は浄化槽へ、濃縮汚泥は汚泥タンクへ移送する。
(5)分離液の移送によって、浄化槽内に再生成したスカム及び汚泥を濃縮車へ吸引する。

正答 ➠   
 図の矢印を見ながら問題文をしっかり読み取る。すると3のフロック除去がおかしいことに気づく。図は加圧浮上ではなく、傾斜しているスクリーンのようだ。
 
 
問題 99汚泥の引き出し後に行う事項に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)マンホールの蓋は必ず閉めて、密閉状態を確認する。
(2)清掃後は上部や周辺に必ず消毒液を散布する。
(3)薬剤筒に消毒剤がない場合は、設置者にこれを報告もしくは消毒剤を補充する。
(4)付帯設備に補修を要すると認められる場合には、設置者に連絡する。
(5)清掃の記録票に記入後、作業が終了したことを設置者に伝え、1 部を渡し、作業内容の説明を行う。

正答 ➠   
 清掃後に浄化槽上部や周辺に消毒液を散布するなんて、しちゃー駄目。塩素剤を撒き散らすのは環境にあまり良くない。
 
 
問題 100中・大型浄化槽における清掃の技術上の基準において、汚泥・スカム等の引き出しが全量となっている単位装置として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)流量調整槽
(2)接触ばっ気槽
(3)重力返送式沈殿槽
(4)消毒槽
(5)汚泥貯留槽

正答 ➠   
 「汚泥・スカム等の引き出しが全量」とあるので、汚泥貯留槽に落ち着く。