TAMAYAのページ〜H29問題8

問題71〜80

 
問題 71浄化槽の自動運転に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)自動制御装置とポンプやブロワ等の稼働装置が組み合わされて、自動運転が行われている。
(2)自動制御が適正に行われない場合は、自動制御装置の故障によるものか、あるいは稼働装置の故障によるものかを明らかにする必要がある。
(3)水位自動制御には転倒スイッチ等の水位センサーとリレーを組み合わせて使用する。
(4)転倒スイッチが故障した場合には、スイッチ内部を修理する。
(5)浄化槽で使用されているタイマの多くは、稼働時刻設定タイマと稼働時間設定タイマを組み合わせて使用している。

正答 ➠   
 いきなり「転倒スイッチ」ではピンとこないけど、上の水位センサーで分かる。これは水封性が求められる精密なものなので、自分で修理はまず不可能、即交換。
 
 
問題 72ロータリ式ブロワの異常な現象とその原因・対処方法に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 


正答 ➠   
 ロータリーだから回転式、モータとベルトとブロワ本体からなる。回転体が2つあるルーツ型のブロワと違い、回転体は1つなので「タイミングギヤー」自体が要らない(無い)。
 
 
問題 73水温が生物処理槽内水に及ぼす因子に関する下の表で、[ ア ]〜[ カ ]の中に入る語句の組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。
 

     ア   イ   ウ   エ   オ   カ
(1) 低   高   少   多   低   高
(2) 低   高   多   少   高   低
(3) 低   高   少   多   高   低
(4) 高   低   多   少   低   高
(5) 高   低   少   多   低   高

正答 ➠   
 見た目より簡単。アとイは低・高だから、1か3。酸素消費量ウとエも低・高だから3に行き着く。
 
 
問題 74戸建住宅に設置された脱窒ろ床接触ばっ気方式の一次処理装置において汚泥蓄積状況を点検したところ、第1室よりも第2室の蓄積汚泥量が多かった。その原因を検討するためにチェックすべき項目として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)水道使用量
(2)流入水のpH
(3)循環水量
(4)逆洗水量
(5)洗濯機からの排水量

正答 ➠   
 第1室をスルーしてしまうので、これは「水量」の問題
 
 
問題 75下の左図に示す性能評価型浄化槽(5人槽)において、右の写真のように生物ろ過槽の上部にスライムが多量に生成され、処理水槽にスカムが認められた。このような現象を生じた原因を調査するための作業として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)処理水槽のDOを測定する。
(2)通常運転時及び逆洗時における、ばっ気の偏りを確認する。
(3)逆洗時の逆洗排水に、黒色の汚泥が多く含まれていないか確認する。
(4)処理水槽の蓄積汚泥量を確認する。
(5)前回点検時の結果から塩素剤の消費量を確認する。

正答 ➠   
 生物ろ過槽の上部にスライムが多量に見られるので、これは過負荷の状態。まずはこれに対処する。塩素剤の状況は後回し。
 
 
問題 76分離ばっ気方式のみなし浄化槽における処理状況とその対策に関する組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
        処理状況  対 策
(1)ばっ気室のDOは十分で、SV30が低く、上澄水が微細なSSで濁っている。空気供給量の低減
(2)流入汚水量の増加が認められるが、沈殿室の機能が維持できる程度である。管理頻度の増加
(3)流入BOD負荷が計画値に比べて著しく小さい。間欠ばっ気の採用
(4)沈殿室にスカムが発生しやすい。MLSS濃度を高めるよう調整
(5)水量負荷の増加を伴わないBOD負荷の増大が認められる。空気供給量の増加

正答 ➠   
 活性汚泥方式なので汚泥濃度に注目するところ。沈殿室にもスカムが発生するので、これは汚泥濃度が高すぎると判断する。
 
 
問題 77浄化槽における臭気の発生場所とその原因に関する組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
   発生場所   原  因
(1)流入管きょ槽本体からのガスの逆流
(2)沈殿分離槽嫌気性微生物による汚泥分解
(3)好気性生物反応槽臭気物質の揮散
(4)沈殿槽嫌気性微生物による汚泥分解
(5)消毒槽嫌気性微生物による消毒剤の分解

正答 ➠   
 消毒槽の消毒剤が嫌気性微生物で分解されることはまずない。それなら汚泥流出だ。
 
 
問題 78害虫対策として用いられる殺虫剤等の特徴に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)ジクロルボス樹脂蒸散剤は、浄化槽の生物処理機能に悪影響を及ぼす。
(2)浮遊粉剤は、蚊の幼虫対策として有効である。
(3)浮遊粉剤は、残効性が高い。
(4)マイクロカプセル剤は、速効性に加えて残効性が高い。
(5)昆虫成長制御剤は、ハエの幼虫に有効である。

正答 ➠   
 ジクロルボス樹脂蒸散剤はハエ、蚊などの発生防止剤。居室・食堂なのでは使わないことにされている。
 
 
問題 79浄化槽の衛生・安全対策に関する用語とその解説との組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
   用 語                解 説
(1)作業管理作業時間・方法・手順・姿勢を適正化し、保護具を適正に使用すること
(2)保菌者無症状で病原体を体内に保有するヒト
(3)SDS(MSDS)化学物質の性状及び取り扱いに関する情報を記載したデータシートのこと
(4)ヘモグロビン赤血球の中にある銅を含むタンパク質で、酸素分子と結合する性質を持つ
(5)3F化故障などが常に安全側となること、作業者が引き起こすと思われる過ちを未然に防ぐ措置、危険防止のための点検をいう

正答 ➠   
 ヘモグロビンは銅ではなく、鉄を含むタンパク質である。
 
 
問題 80感染症に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)1970年代以降、世界において、新興感染症は減少している。
(2)潜伏期間は、疾病の種類や感染時の病原体の量により、数時間から十数日以上と幅がある。
(3)感染しても臨床症状を示さないものを不顕性感染という。
(4)宿主の抵抗力が低下すると、日和見感染を起こすことがある。
(5)我が国において、結核は再興感染症として、近年、脅威が増大している。

正答 ➠   
 こういうのは身近な問題ではないと思っているので、なかなか難しい。新興感染症とは、最近新しく認知された感染症で、鳥インフルエンザ、クリプトスポリジウム症などが知られる。1970年以降だけで30種以上も出現している。