問題61〜70

 
問題 61回転板接触槽の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)槽内水のDOが不足した場合、回転板の回転速度を遅くする。
(2)はく離汚泥の生成状況をみるため、SV30や透視度を測定する。
(3)回転板に付着した生物膜が著しく肥厚した場合、圧力水等を用いて強制はく離する。
(4)生物膜の生成量が多い場合は、BOD負荷が大きいと考えられる。
(5)はく離汚泥の堆積が認められた場合は、移流部に詰まりがないかを点検する。

正答 ➠   
 回転速度を早くすれば、酸素がどんどん槽内の水に溶解しそう、と思えば、それが正しい。
 
 
問題 62長時間ばっ気方式の沈殿槽から汚泥が流出する原因を明らかにするための点検項目として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)計量調整移送装置の移送水量
(2)ばっ気槽内液のSVI
(3)ばっ気槽内液のBOD
(4)沈殿槽の越流せきの水平
(5)余剰汚泥の引き抜き量

正答 ➠   
 活性汚泥はなかなか経験していないかな? 汚泥が流出してしまうのだから、①汚泥の締りが悪い、②流入水量が多すぎる、③そもそも汚泥の量が多すぎる、まあ、こんなところ。
 
 
問題 63活性炭吸着装置の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)通水量を点検し、適切な洗浄頻度に調整する。
(2)流出水に着色、臭気、濁りのないことを確認する。
(3)流出水の亜硝酸性窒素濃度が高い場合には、活性炭の交換を行う。
(4)適正な量の活性炭が充填されていることを確認する。
(5)飽和吸着に達した活性炭は、再生することができる。

正答 ➠   
 亜硝酸性窒素はイオン状なので、活性炭では吸着できない。除去にはイオン交換作用が必要。
 
 
問題 64汚水処理に使用されている無機系凝集剤として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)硫酸バンド
(2)ポリアクリルアミド
(3)ポリ塩化アルミニウム(PAC)
(4)塩化第二鉄
(5)ポリ硫酸第二鉄

正答 ➠   
 本当の無機物には「ポリ」なんて付かない。PACとポリ硫酸第二鉄の「ポリ」は複数の意味。ポリアクリルアミド後ろのアクリルアミドは有機物そのもの
 
 
問題 65膜分離型小型浄化槽における種汚泥の添加に関する次の文章中の[  ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 種汚泥の添加は、[(1)膜の目詰まりの防止 ]や早期に安定した生物処理機能を発揮させるために、[(2)使用開始直前 ]に必ず行わなければならない。添加する汚泥は、スクリーン(網)などで夾雑物を取り除いた生活系排水処理施設の[(3)消化汚泥 ]が望ましく[(4)反応槽 ]に[(5)3,000〜5,000 ]mg/L程度になるように添加する。

正答 ➠   
 消化汚泥は嫌気性下で処理した汚泥なので好気性の膜処理には不向き。ここは余剰汚泥が望ましい。
 
 
問題 66処理対象人員300人の長時間ばっ気方式における汚泥返送量として、最も近い値は次のうちどれか。ただし、1人1日当たりの流入汚水量を200L、汚泥返送率を150%とする。
 
(1)  2.5 ㎥/時
(2)  3.8 ㎥/時
(3)  5.0 ㎥/時
(4)  7.6 ㎥/時
(5)10.0 ㎥/時

正答 ➠   
 頭から単純に計算するだけでいい。流入水は300人×0.2㎥/人・日で60㎥/日。汚泥返送率はこの150%(1.5倍)だから、60×1.5で90㎥/日、これを時間にすれば 90/24=3.8㎥/時 となる。この問題、決して捨ててはならない。
 
 
問題 67硝化液循環活性汚泥方式の流量調整槽において、下記の点検項目が示されている。本方式で特有の項目として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)常用ポンプの水位設定
(2)槽内水の撹拌状況
(3)過剰な酸素溶解
(4)移送水量
(5)異常な水位上昇

正答 ➠   
 硝化液循環の活性汚泥方式だから、この流量調整槽の後ろは「脱窒槽→硝化槽」と続く、なら、脱窒槽にとってマズイことを探す。脱窒槽は嫌気性だから、酸素が沢山あっては不都合。だから、流量調整槽であまり酸素を吹き込まないほうがいい。
 実態としては、それほどシビアではない。溶存酸素は即座に消費され、障害が出たという話は聞いたことがない。
 
 
問題 68破砕装置の異常な現象とその原因・対処方法に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 

正答 ➠   
 破砕装置ではコミニューターが有名。回転刃でゴミを切断する。羽根車がそもそも分からない。
 
 
問題 69電磁式ブロワの異常に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)ケーブルの接続不良により、起動しない。
(2)ダイヤフラムの破損により、送風が停止する。
(3)ブロワと建築物との接触により、振動・異音が発生する。
(4)散気管の閉塞により、吐出圧力が上昇する。
(5)オイルの不足により、異常な発熱が生じる。

正答 ➠   
 電磁式は電磁石でダイアフラムを往復動させるもの。オイルは使わない。
 
 
問題 70FRP製浄化槽の事故に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)尖った物体による荷重が強く加わると、その部分が破損することがある。
(2)輸送途中において、繰り返し振動を受けると、座屈による破損が生じることがある。
(3)がけ下に浄化槽が設置されている場合、清掃時に槽が空になると、槽内部が破損することがある。
(4)交通荷重を繰り返して受けると、応力白化を起こすことがある。
(5)地下水位が高い地域に浄化槽が設置されている場合、清掃時に槽が浮上することがある。

正答 ➠   
 座屈は上部からの荷重で押しつぶされる現象。輸送中にはまず起こらない。