問題51〜60

問題 51浄化槽の処理方式と通常の使用状態における保守点検回数に関する組み合わせとして、誤っているものは次のうちどれか。
 
         処理方式                保守点検回数
(1)処理対象人員20人の嫌気ろ床接触ばっ気方式4月に1回以上
(2)処理対象人員15人の分離接触ばっ気方式4月に1回以上
(3)流量調整槽を有する回転板接触方式2週に1回以上
(4)活性炭吸着装置を有する散水ろ床方式1週に1回以上
(5)長時間ばっ気方式2週に1回以上

正答 ➠   
 浄化槽法施行規則の第六条(保守点検の回数の特例)で、長時間ばっ気方式は「活性汚泥方式」なので週に1回以上。
 
 
問題 52保守点検の技術上の基準に関する次の記述のうち、浄化槽の正常な機能を維持するために点検すべき事項として、最も不適当なものはどれか。
 
(1)流入管きょと放流管きょの勾配が同じである状況
(2)槽の水平の保持の状況
(3)流入管きょにおけるし尿、雑排水等の流れ方の状況
(4)単位装置及び付属機器類の設置の位置の状況
(5)スカムの生成、汚泥等の堆積、スクリーンの目詰まり、生物膜の生成、その他単位装置及び付属機器類の機能の状況

正答 ➠   
 流入配管の勾配と放流配管の勾配が同じである必要はない。
 
 
問題 53浄化槽の使用開始直前に行う保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)既存の建築物に設置した場合には、既存の雑排水配管と雨水配管が兼用されていないことを確認する。
(2)必要な箇所にトラップ升やインバート升が設けられていることを確認する。
(3)槽の上部を駐車場に利用する場合には、設計図書や工事用図面等を参照し、荷重対策が施されていることを確認する。
(4)建築物の用途が事務所からラーメン店に変更された場合には、油脂分離装置の設置や油脂類の処分方法を確認する。
(5)管きょに設けられた升の蓋は、周辺の地面より低い位置にあることを確認する。

正答 ➠   
 管きょの升の蓋が周辺地面より低いと、雨水流入の危険性がある。
 
 
問題 54平面酸化床の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)放流水質が不良な場合、保守点検や清掃の頻度を増加させる。
(2)汚泥が堆積して腐敗している場合、ブラシ等を用いて洗浄する。
(3)流水部に異物等が付着しておらず、均等な流水が維持されていることを確認する。
(4)流水で水洗いする場合、生物膜を壊さないようにする。
(5)保守点検で生じた洗浄水は、水道水で希釈後に放流する。

正答 ➠   
 浄化槽法施行規則の第三条の十に、「槽内の洗浄に使用した水は、引き出すこと」とある。
 
 
問題 55接触ばっ気室において撹拌が十分に行われているかを判断するための点検項目として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)散気管直上部の溶存酸素濃度の測定
(2)室内表層水の流れ方
(3)散気管上部の水面の盛り上がり方
(4)逆洗によりはく離した汚泥の量や外観
(5)室底部の汚泥堆積状況

正答 ➠   
 散気管直上ではDOセンサーに直接空気泡が当たるので好ましくない。
 
 
問題 56清掃から10か月経過した嫌気ろ床接触ばっ気方式の浄化槽のマンホールから撮影した写真を下に示す。流入汚水量が著しく多く、かつろ材の捕捉性が弱い状態の嫌気ろ床槽第1室の写真として、最も適当なものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 汚水量が多く、ろ材捕捉性が弱いと、ろ床上部に汚泥・スカムが生成されない。
 
 
問題 57性能評価型小型浄化槽の担体流動槽に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)一次処理装置において水位が上昇する最も大きな原因として、担体に付着した生物膜の肥厚化がある。
(2)担体の流出を防止するために設ける担体受け、担体押さえの設置部分では、生物膜の付着により閉塞することがある。
(3)担体の流出により担体量が不足すると、処理に必要な生物量が不十分となる。
(4)担体流動槽の水位が上昇すると、担体流出防止ネットが押し上げられることがある。
(5)担体が循環装置内に吸引されると、循環水量の減少や停止につながることがある。

正答 ➠   
 好気性生物処理の担体の生物膜が厚くなっても、前処理の水位が上昇することはない。
 
 
問題 58窒素除去型小型浄化槽の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)脱窒ろ床槽では、死水域の形成や異常な水位の上昇などが生じないよう必要な措置を講じる。
(2)接触ばっ気槽のばっ気装置では、散気管が目詰まりしないようにするとともに、散気管が水平に保持されるようにする。
(3)スロット型沈殿槽でスカムが認められたときは、その全量を脱窒ろ床槽第1室に移送する。
(4)硝化が不十分と判断されるときは、接触ばっ気槽のばっ気量を絞り、循環水量を増加させる。
(5)流量調整装置では、流量調整比が適正に保持されるように調整する。

正答 ➠   
 硝化は好気性で進行するから、硝化が不十分ならばっ気量は増やす。
 
 
問題 59活性汚泥法において、窒素除去を行うために、汚水の流入やばっ気及び撹拌の時間を制御した。ばっ気槽のDO、ORP、形態別窒素濃度の時間変化を下図に示す。この水質変化に対応する汚水の流入、撹拌及びばっ気の各工程のタイムスケジュールとして、最も適当なものは次のうちどれか。
 なお、水温は27℃で、工程表の色の濃い部分は「流入」、「撹拌」、「ばっ気」がそれぞれ行われている時間帯を表している。
 

正答 ➠   
 絵は大きいが驚かない。DOが上昇しているところがばっ気工程なので、1か4。流入をみると4は朝の30分だけで、こんなことはありえない。
 これは、汚水の連続投入における間欠ばっ気法で、ばっ気は1日3サイクルである。
 
 
問題 60ばっ気槽が以下の条件で運転されている場合、ばっ気槽のMLSS濃度として、最も近い値は次のうちどれか。

      〔運転条件〕
  流入汚水のSS   160 mg/L
  返送汚泥のSS   8,000 mg/L
  汚泥返送率R    60%
ただし、流入汚水のSS mg/L(Ci)、返送汚泥のSS mg/L(Cr)、汚泥返送率%(R)及びばっ気槽のMLSS mg/L(CA)には、次の関係式が成り立つものとする。
 
(1)2,000 mg/L
(2)3,000 mg/L
(3)4,000 mg/L
(4)5,000 mg/L
(5)6,000 mg/L

正答 ➠   
 与えられた数値を式にそのまま代入すればいいだけ。100×160+60×8000 を 100+60 で割る。