問題41〜50

 
問題 41図1に示す立体を図2に示すとおり第一角法で表した場合、①正面図、②下面図、③左側面図、④平面図、⑤右側面図の中で誤っているものは次のうちどれか。
 

(1)
(2)
(3)
(4)
(5)

正答 ➠   
 過去何回も一角法の問題が出ているが、50年の昔から、一角法で図面は書かない。まぁここは試験だけのことで・・・。
 ②は下面図なので下から見てる。なら切り欠き部は「点線」になる。
 
 
問題 42断面図では、切断部分の材料を示すために切断した部分にハッチングを施すのが一般的であるが、縮尺1/20または1/50 程度の場合に用いられる材料構造とその表示記号を示す組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 鉄筋コンクリートは3本の細い実線で表す。
 
 
問題 43下に示した分離接触ばっ気方式の浄化槽の断面図に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)沈殿分離槽への流入水は、第1室、第2室とも下向きに流れる。
(2)接触ばっ気槽は、側面ばっ気方式である。
(3)流量調整装置は、接触ばっ気槽に設けられている。
(4)沈殿槽は、スロット型である。
(5)流入管の下端開口部は、水面下である。

正答 ➠   
 図は一般的な分離・接触ばっ気方式なので、流量調整機能はない。
 
 
問題 44配管材料の名称とその配管記号の組み合わせとして、誤っているものは次のうちどれか。
 
   名 称        記 号
(1)鋼管          CIP
(2)ステンレス鋼管     SUP
(3)硬質塩化ビニル管    VP
(4)コンクリート管     CP
(5)ポリエチレン管     PEP

正答 ➠   
 一般の鋼管は「配管用炭素鋼鋼管」でSGPと書く。Steel Gas Pipe の略。
 
 
問題 45SHASE-S 001-2005に示されている図示記号と写真の組み合わせとして、誤っているものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 2の図示記号は逆止弁、写真は三方弁。
 
 
問題 46FRP製などの工場生産浄化槽に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)現場打ちのRC製浄化槽よりも工期が短い。
(2)中・大型浄化槽では、円筒横置き型の工場生産品が多くなっている。
(3)ピット工事や補強工事など特殊な工事を行う場合がある。
(4)規模が大きくなると本体価格や輸送費が高くなる。
(5)現場に応じて、浄化槽の改造を行って設置することがある。

正答 ➠   
 内部を改造した時点で工場生産浄化槽ではなくなる。
 
 
問題 47小型浄化槽の基礎工事及び底版コンクリート工事の手順として、最も適当なものは次のうちどれか。

    [工 程]
 ア:基礎の墨出し
 イ:目潰し砂利地業
 ウ:割栗石地業
 エ:底版の型枠の設置及び配筋
 オ:底版コンクリートの養生
 カ:底版コンクリートの打ち込み・表面仕上げ
 キ:捨てコンクリートの打設
 
(1) ア → イ → ウ → エ → オ → カ → キ
(2) イ → ウ → ア → エ → オ → カ → キ
(3) ウ → キ → ア → エ → イ → カ → オ
(4) ウ → イ → キ → ア → エ → カ → オ
(5) イ → ウ → ア → キ → エ → カ → オ

正答 ➠   
 目をつむって、底盤打ち→据え付け の順序を思い浮かべる。
 
 
問題 48升の施工に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)升の形は、角形または丸形であり、保守点検及び清掃に支障のない大きさとしなければならない。
(2)升には、鉄筋コンクリート製、コンクリート製、プラスチック製等がある。
(3)流入管きょに設置する升の蓋は、密閉性がよく、容易に破損しないものとする。
(4)升は、排水管の起点、合流点、屈曲点、勾配・管種の変わるところに設けられ、直線部分には設けない。
(5)車が出入りするような場所では、升の周辺をコンクリートで保護する。

正答 ➠   
 直線部分でも配管径の120倍、つまりφ100なら12mを超えたら升が必要。
 
 
問題 49工場生産浄化槽本体の据え付けにおける注意点として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)吊り込み、吊り降ろしは、玉掛けの作業主任者等の資格を有する者が行う。
(2)クレーン等の機械の配置は、地盤の強度を十分考慮して決定する。
(3)流入及び放流管の方向や設置位置を確認しながら行う。
(4)浮上防止金具や固定金具で槽本体を固定する。
(5)ターンバックルは、流入側から放流側に順次締め付ける。

正答 ➠   
 ターンバックルは均等に締めつけるのが肝要。なので、対角線上のものを締める。
 
 
問題 50工場生産浄化槽の設置工事において、槽の水張りを行う目的として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)埋め戻し時に、槽本体が浮上することを防止する。
(2)槽本体を安定させ、埋め戻し時に槽の位置がずれることを防止する。
(3)埋め戻しの際、土圧による槽本体及び内部設備の変形を防止する。
(4)槽本体からの漏水がないことを確認する。
(5)水準目安線で槽本体の水平を確認する。

正答 ➠   
 浄化槽を底盤に置いてから埋戻しをする順序なので、槽本体の浮上防止・・はない。