問題31〜40

 
問題 31接触ばっ気方式におけるスクリーン設備の構成として、最も適当な組み合わせは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 イは副水路を持っているので自動型だ。なので自動微細目スクリーンで決まり。ウは2mm目の微細目スクリーンのバックアップだからなるべく目の小さいのが好ましい、だから5mmになる。
 
 
問題 32砂ろ過装置(二層ろ過)に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)ろ過原水槽とろ過処理水槽を設ける。
(2)ろ過装置は2台以上設置する。
(3)装置内に蓄積した浮遊物質は、流量調整槽に移送できる構造とする。
(4)ろ材の均等係数は1.5以下とする。
(5)アンスラサイトの比重は砂に比べて大きい。

正答 ➠   
 アンスラサイトは無煙炭を砕いたもので、比重は1.5くらい。砂は2.6くらい(これは覚える)。比重が小さいと、逆洗時に少ないエネルギーで濾過層を膨潤でき、補足したSS分をほぐしやすい。
 
 
問題 33ホッパー型沈殿槽に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)槽中央部に整流筒が設けられている。
(2)スカムバッフルが設けられている。
(3)スカムスキマが設けられている。
(4)汚泥掻き寄せ機が設けられている。
(5)汚泥移送用のエアリフトポンプが設けられている。

正答 ➠   
 ホッパーの底部角度は60°あるので、重力で汚泥が底を滑り落ちる。だから汚泥掻寄機(水平に回転する)は要らない。
 
 
問題 34沈殿分離槽に入った汚水中の固形物を効率よく沈殿分離させるための構造として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)流入管と流出口(管)は、平面的にみて対角線上に配置する。
(2)阻流壁(バッフル)を設ける。
(3)2室または3室に区分し、並列に接続する。
(4)装置の平面形状を長方形とする。
(5)流出管の下端開口部は、水面から有効水深の1/2〜1/3の位置とする。

正答 ➠   
 並列はない。並列にするなら、まず分配器が必要。そんなものが槽内部にあると、装置が大げさになって、管理も手間がかかる。
 
 
問題 35嫌気ろ床槽に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)固形物の分離と、分離した固形物を一定期間貯留する機能を有する。
(2)槽内にろ材を充填することにより、固形物の捕捉効果が期待できる。
(3)嫌気性生物膜の働きによって、汚泥の減量化が期待できる。
(4)構造基準では、BOD除去率は0%として取り扱われている。
(5)槽内の短絡流の形成を防止するため、ろ材の充填率は20%以下とする。

正答 ➠   
 嫌気濾床のろ材充填率は第一室で40%程度、第二室で60%程度になっている。
 
 
問題 36回分式活性汚泥法における上澄水排出装置に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)定水位排出型の上澄水排出装置では、沈殿工程終了後に槽底部から処理水を引き抜く。
(2)上澄水排出装置は、保守点検しやすく、耐久性に優れた構造とする。
(3)機械式可動型の上澄水排出装置では、スカムバッフルを取り付けた集水せきを油圧駆動装置で上昇下降させる。
(4)上澄水排出装置は、堆積汚泥の巻き上げ及び浮上物の流出が防止できる構造とする。
(5)浮上式水位追随型の上澄水排出装置では、フロートを取り付けた上澄水吸引部を水面の上昇下降で追随させる。

正答 ➠   
 回分式の沈殿工程が終了した槽の底部は汚泥ばかり。処理水は抜けない。
 
 
問題 37浄化槽に用いられているポンプの模式図の中で、ターボポンプに分類されるポンプとして、正しいものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 ターボポンプは、ケースの中で羽根車を回転させて液体を動かすタイプ。水道をはじめ、下水道の汚水ポンプで使用されている。
 
 
問題 38浄化槽を使用している4人家族の家庭でディスポーザーを設置した場合、1人当たりのディスポーザーの排水量が 5 L/(人・日)、ディスポーザー排水のBOD濃度が 4,000 mg/Lであるとすると、浄化槽への流入BOD負荷量から計算される使用人員として、最も近い値は次のうちどれか。
 
(1)5人
(2)6人
(3)7人
(4)8人
(5)10人

正答 ➠   
 ディスポーザーのBOD負荷を計算すればいい。増加するBODは 4×5×4000×10-3=80g-BOD/日。一人あたり40g-BOD/日が標準だから二人分に相当。⇒ 4人+2人分=6人
 
 
問題 39浄化槽の構造基準の変遷に関する次の文章中の[ ア ]〜[ オ ]に入る語句の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。

  便所の水洗化を目的としたみなし浄化槽から[ ア ]及び[ イ ]を目的とした浄化槽へと移行し、現在はすべての規模の浄化槽について合併処理の構造が示されたとともに、[ ウ ]の観点から[ エ ]と[ オ ]の除去性能を有する浄化槽が定められた。

     ア       イ       ウ     エ     オ
(1)生活環境の保全 富栄養化防止  水質汚濁防止  COD  大腸菌群数
(2)水質汚濁防止  生活環境の保全 富栄養化防止  窒素  リン
(3)富栄養化防止  水質汚濁防止  生活環境の保全 COD  大腸菌群数
(4)水質汚濁防止  富栄養化防止  生活環境の保全 窒素  リン
(5)生活環境の保全 水質汚濁防止  富栄養化防止  COD  リン

正答 ➠   
 ウエオに着目するだけでいい。エとオは窒素・リンで決まり。それならウは富栄養化。
 
 
問題 40活性汚泥法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)汚濁物質は活性汚泥に吸着・分解・吸収される。
(2)ばっ気槽内では、活性汚泥の増殖と自己酸化が起こる。
(3)微生物の内生呼吸により汚泥量は減少する。
(4)活性汚泥にバルキングが生じるとSVIが低下する。
(5)活性汚泥処理で重要な条件は、DO、MLSS、BOD負荷量がそれぞれ適切なことである。

正答 ➠   
 バルキングとは、汚泥が膨化して沈殿しないこと。SVIは、ある重さのものがどの位ボリュームがあるか、であるから、膨化すればボリュームが大きくなってSVIは上昇する。