問題91〜100

 
問題 91次に示す器具のうち、清掃業の許可を受ける際に保有することが義務付けられているものとして、最も不適当なものはどれか。
 
(1)温度計
(2)塩化物イオン濃度計
(3)透視度計
(4)pH計
(5)汚泥沈殿試験器具(メスシリンダー)

正答 ➠   
 浄化槽法施行規則第11条(清掃業の許可の技術上の基準)の(2) 温度計、透視度計、水素イオン濃度指数測定器具、汚泥沈殿試験器具その他の浄化槽内に生じた汚泥、スカム等の引出し後の槽内の汚泥等の調整に適する器具を有していること。とある。
 
 
問題 92槽内の洗浄に使用した水に関する次の文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 槽内の洗浄に使用した水のうち、嫌気ろ床槽、[(1)脱窒ろ床槽 ]、[(2)消毒室 ]又は消毒槽以外の洗浄に使用した水は、[(3)一次処理装置 ]、二階タンク、腐敗室又は[(4)沈殿分離タンク ]、沈殿分離室もしくは[(5)沈殿槽 ]の張り水として使用することができる。
 

正答 ➠   
 浄化槽法施行規則第3条(清掃の技術上の基準)の(10)……一次処理装置、二階タンク、腐敗室又は沈殿分離タンク、沈殿分離室若しくは沈殿分離槽の張り水として使用することができる。とある。
 
 
問題 93膜分離型小型浄化槽の膜分離槽に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)汚泥調整は、通常、3か月に1回の保守点検、6か月に1回の清掃に合わせて行う。
(2)膜の薬品洗浄には、通常、5,000 mg/Lの次亜塩素酸ナトリウム溶液が用いられる。
(3)膜の薬品洗浄後の中和剤として、0.5%チオ硫酸ナトリウム溶液が用いられる。
(4)膜の薬品洗浄後、吸引側の圧力計の値が-10 kPa 以下であることを確認する。
(5)汚泥引き出し後、MLSS濃度は1,000 mg/L以下とする。

正答 ➠   
 膜分離のMLSSは低くては駄目。「膜分離型小型合併処理浄化槽維持管理ガイドライン」に、膜の表面の閉塞を防止するために3,000mg/L以上必要である。とある。
 
 
問題 94除去BOD量から汚泥発生量を求める式として、正しいものは次のうちどれか。
 ただし、A:汚泥発生量(kg/日)、B:流入BOD量(kg/日)、
     C:BOD除去率(%)、D:汚泥転換率(%)、E:含水率(%)とする。
 

正答 ➠   
 Bの流入するBOD量(kg/日) ⇒ 除去されたBOD量(kg/日) ⇒ Aの汚泥への転換量(kg/日) だけど、最後の含水率を式に入れると、汚泥発生量の単位が重量(kg/日)ではなく容量(L/日)になっちゃうんじゃないかな。まあ密度が同じようなものだとすれば、数値は同じだけど・・・?
 
 
問題 95有効容量0.75㎥のばっ気室において、混合液のSV30が70%であった。SV30が10%になるようにばっ気室から汚泥を引き出す場合の引き出し量として、最も適当な値は次のうちどれか。ただし、汚泥の引き出しは、30分間沈殿させた後の沈殿汚泥の部分から行うものとする。
 
(1)0.23 ㎥
(2)0.30 ㎥
(3)0.45 ㎥
(4)0.53 ㎥
(5)0.64 ㎥

正答 ➠   
 SV70%を10%にするので、容量0.75㎥の70%(0.7)の6/7を抜けばいい。0.75×0.7×6÷7=0.45㎥
 
 
問題 96清掃時に沈殿分離槽のスカムを引き出すときに有効な用具として、最も適当なものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 スカムを掻き集めてすくうから3は分かる。その他は何に使うものかよく分からない。
 
 
問題 97処理対象人員5人の全ばっ気型浄化槽の年間の余剰汚泥量(kg/年)として、最も近い値は次のうちどれか。
 
       〔条 件〕
  し尿排出量              : 1L/(人・日)
  し尿のSS濃度            : 20,000 mg/L
  ばっ気室及び沈殿室におけるSS除去率 : 80%
  除去SS当たりの汚泥転換率      : 50%
  使用人員              : 5人
 
(1)  6 kg/年
(2)  9 kg/年
(3)12 kg/年
(4)15 kg/年
(5)30 kg/年

正答 ➠   
 順に計算してゆく。5人の年間SS排出量は 1×5×365×20000/1000=36,500g これに除去率と汚泥転換率を乗じて、 36,500×0.8×0.5=14,600g/年 ⇒14.5kg/年
 
 
問題 98浄化槽汚泥の処理、処分に関する次の文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 浄化槽汚泥の大部分は、[(1)し尿処理施設(汚泥再生処理センターを含む)] に搬入して処理されているが、そのほか下水道投入して下水とともに処理されたり、[(2)農地還元 ]、その他の方法により処分されている。  なお、浄化槽汚泥の[(3)自家処理 ] は、[(4)ロンドン条約 ] を踏まえ、[(5)廃棄物処理法 ] 施行令が改正されたことにより、平成19年1月末をもって禁止された。
 

正答 ➠   
 ロンドン条約は海洋の汚染防止なので、3自家処理は「海洋投棄」になる。
 
 
問題 99清掃時期の判断の目安[昭和61年1月13日付け衛環第3号厚生省環境整備課長通知(最終改正平成13年9月25日))に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)散水ろ床の散水装置、ろ床、ポンプ升及び分水装置にあっては、異物の付着が認められ、かつ、収集、運搬及び処分を伴う異物等の引き出しの必要性が認められたとき。
(2)凝集槽にあっては、スカムの生成が認められ、かつ、収集、運搬及び処分を伴うスカムの引き出しの必要性が認められたとき。
(3)ばっ気室にあっては、30分間汚泥沈殿率がおおむね40%に達したとき。
(4)汚泥貯留タンクを有しない浄化槽のばっ気タンクにあって、標準活性汚泥方式及び分注ばっ気方式の場合には、混合液浮遊物質濃度がおおむね3,000mg/Lに達したとき。
(5)汚泥移送装置を有しない浄化槽の接触ばっ気槽にあっては、当該槽内液にはく離汚泥もしくは堆積汚泥が認められ、かつ、収集、運搬及び処分を伴うはく離汚泥等の引き出しの必要性が認められたとき。

正答 ➠   
 課長通知では、ばっ気室(みなし浄化槽)のSV30がおおむね60%に達したとき、とある。
 
 
問題 100浄化槽の清掃に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)各処理工程の稼働状況に対して、汚泥の過剰蓄積による悪影響が確認された後に、清掃を実施する。
(2)処理機能が維持されていれば、浄化槽の蓄積汚泥量は増加する。
(3)浄化槽の機能を維待するため、清掃が必要である。
(4)清掃を適正に実施するためには、清掃汚泥の収集、運搬、処理処分のシステムが円滑に機能しなければならない。
(5)清掃では、汚泥の引き出しだけでなく、各単位装置の洗浄や内部の異常確認も行う。

正答 ➠   
 前問に関連するが、判断の目安の前文に、「汚泥の堆積等により浄化槽の機能に支障が生じるおそれがある場合」には清掃、とある。つまり。確認してからでは遅い、ということ。