TAMAYAのページ〜H28問題9

問題81〜90

 
問題 81溶存酸素(DO)測定に関する次の文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 DOは、水中に溶解している分子状酸素であり、[(1)水温 ] や塩分によって飽和溶存酸素量は変化する。隔膜電極法では、DO計の電極先端部にポリエチレンや[(2)テフロン ] の隔膜が取り付けてあり、そこを通過した酸素が電極の表面で[(3)酸化 ] される。ガルバニ電池式では、その時の[(4)電流値 ] を測定して酸素量を求めている。なお、DO計を用いる場合は、事前に[(5)校正 ] が必要である。


正答 ➠   
 だいたいが反対語の入れ替えが多い。ここでは「酸化と還元」。前の文章から、酸素が更に酸化されることはない。相手を酸化させて、自身は還元される。
 
 
問題 82汚泥沈殿率に関する次の文章中の[ ア ]〜[ エ ]に入る語句の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。
 
 汚泥沈殿率は、ばっ気槽混合液を[ ア ]のメスシリンダーにとり、[ イ ] 静置後における沈殿汚泥の体積を百分率で表す。これにより、活性汚泥の沈降性や固液分離性等の性状の把握ができる。異なる容量のメスシリンダーを用いたり、時間を短縮したりすると、測定値が変わる。たとえば、容量の小さいメスシリンダ]を用いた場合は、沈降速度が[ ウ ] なる傾向がある。また、実際の浄化槽では、メスシリンダーを用いた場合よりも沈降速度は[ エ ] ため、汚泥沈殿率が高い場合でも、実際の浄化槽では十分な上澄水が得られていることがある。

   ア       イ      ウ     エ
(1) 1L     30分間     遅く    速い
(2)500 mL    30 分間    遅く    速い
(3) 1L     60分間     速く    遅い
(4)500 mL    60 分間    速く    遅い
(5) 1L     30分間     速く    遅い

正答 ➠   
 汚泥沈澱率(SV)は通常でもSV30と書かれるので、1L、30分計測する。とすると答えは1か5だが、細い測定管を用いれば、壁の影響で沈降速度が遅くなるのは容易に想像できる。
 
 
問題 83透視度の測定に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)採取した試料を十分に撹拌し、SSを微細化させた後に測定する。
(2)原則として、昼間の直射日光のもとで測定する。
(3)微細な気泡が混入した場合は、測定値が低くなることがある。
(4)透視度計は、試料の透視度にかかわらず、常に同じ長さのものを用いる。
(5)測定者によって、測定値に差は生じない。

正答 ➠   
 2と間違えそうだが、直射日光のもとはNG。
 
 
問題 84水質項目と試料保存法、測定方法の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
  水質項目       試料保存法     測定方法
(1)pH          直ちに測定    ガラス電極法
(2)浮遊物質       冷蔵       ガラス繊維ろ紙法
(3)残留塩素       冷蔵       硝酸銀法
(4)アルカリ度      冷蔵       滴定法
(5)アンモニア性窒素   冷蔵       インドフェノール青吸光光度法

正答 ➠   
 硝酸銀法は塩素イオン測定に用いるもの。残留塩素と塩素イオンの違いをしっかり勉強しておく。
 
 
問題 85BODの測定に用いる希釈水に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)溶存酸素が飽和状態であること。
(2)緩衝液でpHが7.2に調整されていること。
(3)好気性微生物の正常な発育に必要な微量の栄養塩類を含有していること。
(4)測定開始時と5日後の溶存酸素濃度の差が、3.0 mg/L以上あること。
(5)膜処理水の測定に用いる希釈水は、植種されていること。

正答 ➠   
 JISでは、測定開始時(通常は約8mg/L)の溶存酸素量の 40~70%が消費されるように希釈したものが、もっとも正常に好気性の微生物の育成を促し、十分に酸化分解された結果を示す。とある。
 
 
問題 86浄化槽の沈殿槽流出水と消毒槽流出水の水質試験に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)大腸菌群試験は、消毒槽流出水について行う。
(2)処理機能の判定は、通常、沈殿槽流出水により行う。
(3)沈殿槽流出水では、N-BODの影響でBODの測定値が高くなることがある。
(4)C-BODは、ATU(アリルチオ尿素)を添加してBODを測定する。
(5)消毒槽流出水のBOD測定においては、アジ化ナトリウムで残留塩素を中和してから行う。

正答 ➠   
 残留塩素を中和(還元)するため、チオ硫酸ナトリウム(還元剤)を用いる。
 
 
問題 87浄化槽における臭気、色、発泡等の外観に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)腐敗臭やし尿臭が強い場合は、流入BODが高く生物処理が不十分なことが考えられる。
(2)発泡は、汚濁物質が分解して低分子化する際に、ばっ気の物理的な力が加わって生じる場合がある。
(3)処理水が着色している場合は、トイレからの芳香洗浄剤の流入が考えられる。
(4)放流先の升に黒色の汚泥が多量に堆積している場合は、浄化槽からの汚泥の流出が考えられる。
(5)放流先の排水路に多量のミズワタの群体が見られる場合は、処理水質が良好と考えられる。

正答 ➠   
 放流先にミズワタが見られるのは、放流水にまだ栄養分(BODやらN、P)がタップリある証拠。
 

      
問題 88浄化槽の処理水の水質項目とその測定意義に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
   水質項目          測定意義
(1)SS沈殿分離効果の指標
(2)COD 有機汚濁物質量の指標
(3)大腸菌群処理効果を判定する指標
(4)ヘキサン抽出物質揮発しやすい油脂量の指標
(5)亜硝酸性窒素好気性処理の進行状況の指標

正答 ➠   
 ヘキサンで抽出できるのは、排水中に含まれる「油分等」で、これは不揮発性物質。
 
 
問題 89戸建て住宅において汲み取り便槽から浄化槽に変更した場合、その住宅から放流されるBOD汚濁負荷の減少量として、正しい値は次のうちどれか。
 ただし、BODの原単位は、し尿が13 g/(人・日)、雑排水が27 g/(人・日)とし、浄化槽のBOD除去率は90%とする。
 
(1)13 g/(人・日)
(2)18 g/(人・日)
(3)23 g/(人・日)
(4)27 g/(人・日)
(5)31 g/(人・日)

正答 ➠   
 こういうのは絶対に落とさない。汲み取り便槽なら、雑排水の27gだけが放流される。浄化槽なら40gの10%、4gが放流される。27-4=23 g-BOD/人・日
 
 
問題 90水質試験の結果より、水質評価を行う場合の留意点に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)代表値やバラツキが統計的に信頼できるようにデータ数を確保する。
(2)バラツキの時間変動を明らかにするために、移動平均が用いられる。
(3)単位装置ごとの水質変化を明らかにする。
(4)データをグラフ化し、傾向や変化を明らかにする。
(5)同様な使用状況、規模、方式の処理施設の水質データを参照する。

正答 ➠   
 移動平均は、経時的に乱高下する値が長期的には右肩上がりになっている、だとかに用いるもの。では、バラツキの時間変動に用いる? のは何だか難しくて分からない。