TAMAYAのページ〜H28問題8

問題71〜80

 
問題 71モータにより稼働する換気装置の振動や異音の原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)取り付けボルトの緩み
(2)ダクトの固定の不良
(3)回転体(羽根)の接触
(4)異物の噛み込み
(5)漏電ブレーカの作動

正答 ➠   
 漏電ブレーカが作動すると、制御盤の根元が切れて何も動かないので、振動も異音も何も無い。
 
 
問題 72RC製浄化槽に関する次の文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 浄化槽の材料であるコンクリートは、[(1)硬化 ] に必要な水分が[(2)蒸発 ] してできる[(3)空隙 ] や[(4)水酸化ナトリウム ] の生成によって生じる[(5)毛管空隙 ] などのために透水性がある。この程度の透水性が原因となる重大な漏水事故は認められていない。
 

正答 ➠   
 セメント→石灰→カルシウム と連想ゲームのように辿ってゆく。ここは水酸化カルシウムの生成によるもの。
 
 
問題 73浄化槽の管理技術に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)接触ばっ気槽のBOD負荷が高い場合、空気供給量を増加させ、逆洗頻度も高める。
(2)ばっ気槽のBOD負荷が高い場合、MLSS濃度を低く維持する。
(3)ばっ気槽のBOD負荷が低い場合、間欠ばっ気を導入する。
(4)流量調整槽の流入汚水量が少ない場合、連続的に汚水の移送ができるように移送水量を調整する。
(5)レストランや惣菜店などが併設されている建築物の場合、油脂分離槽を設置する。

正答 ➠   
 負荷が高い時は、微生物に対する負荷を少しでも低くしたい。なので、微生物量を多くすることが重要。つまり、MLSS濃度を上げる。
 
 
問題 74担体流動槽内液の浮遊汚泥が増加傾向にある場合の管理技術に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)逆洗装置の稼働状況を点検し、適正に稼働するように再調整する。
(2)一次処理装置からの汚泥の流出状況を点検する。
(3)後段が沈殿槽である場合には、槽内液の浮遊汚泥の沈降性などを点検する。
(4)流動している担体の変形・摩耗状況を観察する。
(5)担体の流動状況や充填量が減少していないか確認する。

正答 ➠   
 そもそも担体が流動していることから、逆洗装置に効果を求めてはいない。逆洗の効果があるのは、濾過の工程。
 
 
問題 75通常の使用状態にある小型浄化槽において、使用開始から1〜2か月経過時に見られる状況について、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)沈殿分離槽及び嫌気ろ床槽には、スカムの発生が少ない。
(2)接触ばっ気槽では、生物膜が肥厚化している。
(3)担体流勣槽では、担体に生物膜の付着が認められるようになる。
(4)生物ろ過槽に取り付けられた担体流出防止用の網に、スライムの生成が認められるようになる。
(5)沈殿槽には、スカムや堆積汚泥があまり認められない。

正答 ➠   
 たった1ヶ月で接触材の生物膜が肥厚化していると観察できるなら、それは相当な過負荷だと云える。
 
 
問題 76回転板接触方式の浄化槽で、回転体の付着生物膜が「灰色から白みがかった」色相となった原因に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)流入BOD負荷が高い。
(2)回転体の回転速度が遅い。
(3)接触槽内のDOが高い。
(4)接触槽内に汚泥が過剰に蓄積している。
(5)回転体の上屋(カバー)部分の通気が不十分である。

正答 ➠   
 問題63にもあったように、生物膜が灰色の時点で、もう過負荷だ。なので、当然ながらDOは低い。
 
 
問題 77臭気が発生している浄化槽における対策として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)油脂分離槽の撤去
(2)トラップのない宅内配管の場合、接合部にトラップ付きインバート升の設置
(3)中継ポンプ設備の滞留時間の短縮、ポンプ設置位置の変更
(4)流入管きょの勾配及び汚水の停滞の改善
(5)スクリーン設備の換気量の増大による希釈・拡散

正答 ➠   
 油脂分の流入による過負荷はよくあること。なので、油脂分離槽を撤去したら大変だ。
 
       
問題 78硫化水素濃度と人体に対する影響に関する組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
  硫化水素濃度        影 響
(1)0.2 ppm異臭を感じる。
(2)18 ppm許容濃度である。
(3)20〜30 ppm味覚麻痺でこれ以上の濃度に対して強さを感じなくなる。
(4)100〜200 ppm気管支炎の危険性が生じる。
(5)400 ppm1時間程度の暴露で生命の危険性が生じる。

正答 ➠   
 硫化水素は猛毒で、火山の火口周辺での死亡事故も多い。健康な成人が1日8時間、1週間40時間の正規の労働時間で、影響が無い最低限の許容濃度が10ppmとなっている。
 

 
問題 79臭気に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)臭気強度は、人間の嗅覚により判定する。
(2)低級脂肪酸は、悪臭の原因となる。
(3)臭気強度は、6段階で示す。
(4)臭気強度と快不快度との関係は、物質によって異なる。
(5)アンモニア濃度が2倍になると、臭気強度も2倍になる。

正答 ➠   
 例えば、アンモニア濃度が1ppmから2ppmと2倍になると、臭気強度は2.5が3になる。
 
 
問題 80水系感染症を引き起こす次の病原微生物の中で、塩素消毒の効果が低いものとして、最も適当なものはどれか。
 
(1)赤痢菌
(2)コレラ菌
(3)クリプトスポリジウム
(4)腸管病原性大腸菌
(5)腸チフス菌

正答 ➠   
 クリプトスポリジウムは塩素に強い耐性を持つため、通常の消毒効果は望めないので、濾過による物理的な除去を行う。