問題61〜70

 
問題 61二次処理水中の濃度が高い場合、塩素消費量が増加する水質項目として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)アンモニア性窒素
(2)亜硝酸性窒素
(3)硝酸性窒素
(4)BOD
(5)硫化物

正答 ➠   
 塩素は一種の酸化剤であるから、既に酸化が終わっている物質を探すことになる。硝酸性窒素は酸化がすでに終わっている。
 
 
問題 62硝化液循環活性汚泥方式の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)脱窒槽内が均一に撹拌されていることを確認する。
(2)脱窒槽の側壁に付着した汚泥等は、頻繁に洗浄し厚くしない。
(3)脱窒槽では、DOが検出されないことを確認する。
(4)硝化槽内のDOが適正な値になるようにメタノールを添加する。
(5)循環水量を計量槽のせき高で点検し、適正量に調整する。

正答 ➠   
 メタノールは脱窒反応に必要な水素供与体であって、硝化にも、DOにも無関係。
 
 
問題 63活性汚泥の色相を3種類に分類した場合、ばっ気槽の溶存酸素量との関係として、最も適当な組み合わせは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 活性汚泥を管理することは少ないと思うので、憶えるしかないが、酸素不足時は「黒っぽい」、酸素が丁度いい時は「茶褐色」と憶える。「灰色・黒色は状態が悪い」だけでもいい。
 
 
問題 64長時間ばっ気方式におけるSS収支は、下図のように示すことができるが、それらの関係式として、正しいものは次のうちどれか。
 
607
 ただし、ばっ気槽における汚泥増殖は無視する。

正答 ➠   
 ばっ気槽の汚泥濃度算出は、物質収支である。100という数字があるのは、汚泥返送率が(%)であるから。
 濃度Ciの流入汚水が100(容量)、濃度Crの返送汚泥がR、この二つがばっ気槽に流入し、汚泥濃度CAのばっ気液が容量(100+R)になる。
 
 
問題 65硫酸アルミニウム水溶液を用いた凝集分離装置に関する次の点検項目のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)水温低下による凝集剤の結晶析出の有無
(2)急速撹拌槽におけるアルカリ性条件の維持
(3)配管系続からの漏水の有無
(4)凝集剤ポンプの稼働状況と凝集剤滴下状況の確認
(5)凝集剤の効力とその必要量の維持

正答 ➠   
 硫酸アルミニウムは一般に「硫酸バンド」という。急速撹拌槽のpHは中性域7前後が望ましく、酸やアルカリで調整する。
 
 
問題 66浄化槽管理士による浄化槽管理者への報告などに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)電子媒体を用いた記録票の場合には、記録票に点検結果や作業内容が詳細に記載されているので、浄化槽管理者へ保守点検の結果を説明することを省略できる。
(2)第1回目の保守点検時には、浄化槽の正しい使い方や浄化槽管理者の義務などについて説明する。
(3)みなし浄化槽の場合には、使器洗浄剤等に強酸、強アルカリ、次亜塩素酸系の薬剤を使用した場合のトラブル事例を説明する。
(4)浄化槽に油を多量に流した場合のトラブル事例を説明する。
(5)共同住宅や雑居ビルなど使用者と浄化槽管理者が同一でない場合には、使用方法の徹底を図るための方策を講じるよう要請する。

正答 ➠   
 管理者に何の説明もなければ、管理者も不審に思うし、怒るよね。
 
 
問題 67嫌気ろ床槽第1室の汚泥の蓄積状況を示す図A及び図Bに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。ただし、流入条件や槽容量は同じものとする。
 
(1)図Aでは、底部に汚泥が貯留している。
(2)図Bでは、スカムが存在している。
(3)図Aでは、スカムは存在しない。
(4)図Bでは、ろ材上部はろ材下部よりも汚泥を捕捉している。
(5)図Aのろ床の汚泥捕捉能力は、図Bのそれよりも強い。

正答 ➠   
 これは何となくでも分かってしまう。図Aは底部に汚泥が多いので、ろ床の汚泥捕捉能力が弱い。
 
 
問題 68FRP製浄化槽の事故に関する次の語句の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
    事 象          原 因
(1)槽壁の座屈      重量物による圧縮力
(2)仕切板の変形     不均等な埋め戻し
(3)局所的破壊      突起物によるパンチング
(4)槽の浮上       地下水位の異常な上昇
(5)応力白化       太陽光(紫外線)の照射

正答 ➠   
 応力とは、部材内に発生している単位面積あたりの力で、これによりFRPのガラス繊維と樹脂が剥がれて白く見えること。
 
 
問題 69FRP製浄化槽の修理に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)亀裂が生じている場合は、修理面をグラインダで、できる限り滑らかにする。
(2)修理にあたっては、まず樹脂を調合し、ガラス繊維に十分含浸させ、気泡を均等に含ませながら成形する。
(3)硬化を促進するため、赤外線ランプ等で加熱する。
(4)修理箇所の水分をシンナーなどの溶剤で除去する。
(5)硬化の時間は、常温において5〜10分程度である。

正答 ➠   
 冬季、硬化に必要な温度を確保する必要がある。現場では白熱灯を使ったな投光器用ランプで充分だ。
 
 
問題 70ルーツ式ブロワの吐出空気量が少ない原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)フィルタの目詰まり
(2)ベルトの緩み
(3)マグネットの破損
(4)安全弁の噴き出し
(5)タイミングギヤの損傷

正答 ➠   
 ルーツブロワ本体にマグネットは無いはず。だと制御盤のマグネットか? なら、空気量不足どころか、モータも回転しない。曖昧な問題だ。