問題51〜60

 
問題 51浄化槽の保守点検作業の手順に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)管きょの点検に際しては、起点から放流先に向かって水の流れ方を点検する。
(2)浄化槽内の各単位装置の点検は、流入側から放流側に向かって行う。
(3)浄化槽に流入があるときは、水の流れを止めて点検作業を行う。
(4)最初に、ブロワを停止し、エアフィルタの掃除を行う。
(5)点検作業の終丁後に、周辺の臭気や異常な騒音の有無を確認する。

正答 ➠   
 管きょの点検は、上流(起点)から下流(放流先)へ。下流の問題を解決した後に、上流の点検をして清掃したりすると、再び下流の掃除が必要になる。
 

問題 52単位装置と主な点検内容に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
   単位装置          主な点検内容
(1)嫌気ろ床槽スカム及び堆積汚泥の生成状況、異物等の付着状況、目詰まりの状況
(2)ばっ気槽MLSS濃度、溶存酸素濃度、汚泥沈殿率
(3)接触ばっ気槽生物膜、はく離汚泥及び堆積汚泥の生成状況
(4)回転板接触槽均等流水の状況
(5)沈殿槽スカム及び堆積汚泥の生成状況

正答 ➠   
 生物膜の付着状況と、回転板の閉塞の有無・・・程度かな。
 

 
問題 53下表に示す構造例示型浄化槽における種汚泥の添加方法に関する[   ]内の記述として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)接触ばっ気槽第1室
(2)嫌気ろ床槽または脱窒ろ床槽の第1室
(3)100〜200 mg/L
(4)200〜500 mg/L
(5)使用開始前

正答 ➠   
 使用開始直前と開始後出来るだけ早く、がベストかな。
 
 
問題 54戸建て住宅に設置された窒素除去型小型浄化槽の放流水の窒素化合物濃度が以下のような場合、考えられる事象や対応策として最も適当なものは次のうちどれか。
 
    〔測定結果〕
 有機性窒素    0.2 mg/L
 NH4+-N     3.7 mg/L
 NO2-−N     0.4 mg/L
 NO3--N     19.6 mg/L

(1)放流水中の全窒素濃度は、20mg/Lである。
(2)硝化の進行は認められるが、脱窒の進行度合いが低い。
(3)硝化の進行が悪いので、脱窒が進行していない。
(4)循環水量をより少なく設定する。
(5)二次処理槽のばっ気量をより大きく設定する。

正答 ➠   
 硝酸性の窒素が蓄積している。これは脱窒素の反応が進んでいないことを示す。ばっ気量を少し落とし、循環水量を多く(3〜5)して様子を見る。
 
 
問題 55分離ばっ気型みなし浄化槽のばっ気室の状況に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)汚水が直接ばっ気室に流入するため、散気装置への固形物の付着や閉塞が生じやすい。
(2)散気管の水平の狂いは、水面の不均等な盛り上がりの原因となる。
(3)ばっ気室では、MLSS濃度が低くて送気量が多い場合に発泡しやすい。
(4)散気管の目詰まりは、死水域の形成の原因となる。
(5)著しく発泡している場合には、消泡剤を少量加えると短時間で消える。

正答 ➠   
 方式が「分離ばっ気型」とあるから、前に(沈殿)分離室がある。いきなりばっ気室に入ることはない。
 
 
問題 56性能評価型小型浄化槽の生物反応槽の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものばどれか。
 
(1)生物ろ過部が閉塞すると、生物反応槽の水位が上昇する場合がある。
(2)自動逆洗が適切に実施されないと、槽内水の透視度が低下する。
(3)逆洗時間を長くすると、同時に汚泥の移送量も増加する。
(4)散気管が閉塞すると、循環水量が低下して処理が不安定になる。
(5)担体押さえの破損により担体が流出すると、処理に必要な生物量の維持が困難になる。

正答 ➠   
 散気管が詰まると、空気が散気管以外に行ってしまう。その結果として、循環用の空気が増えてしまい、循環量が過大になったりする。
 
 
問題 57沈殿分離槽の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)固液分離機能を点検するため、流出水の透視度を測定する。
(2)固液分離機能を点検する時は、流入汚水量が少ない時を選んで採水する。
(3)原水ポンプ槽が前置されている場合、その稼働条件によって固液分離機能の低下が早くなることがある。
(4)流入汚水の流速が遅い場合、スカムや堆積汚泥は流入管付近が最も厚くなる。
(5)堆積汚泥厚の測定に、透明な硬質プラスチックパイプを用いる方法がある。

正答 ➠   
 流入汚水が少い時は固液分離が進み、その結果、分離効果が大きく出てしまう。
 
 
問題 58有効容量10㎥のばっ気槽が400 L/分の送風量でばっ気されている。ばっ気強度を1.8㎥/(㎥・時)に調整するため、空気逃がし管から逃がす空気量として最も適当な値は次のうちどれか。
 
(1)10 L/分
(2)20 L/分
(3)50 L/分
(4)60 L/分
(5)100 L/分

正答 ➠   
 まず、適正なばっ気量を算出する。ばっ気槽は10㎥で、ばっ気強度は1.8㎥/(㎥>・時)だから、空気量は1.8×10=18㎥/時 → 18/60 ㎥/分 → 300L/分。ところが現在は400L/分でばっ気されているから、100L/分 逃がす必要がある。
 
 
問題 59以下に示す2つの小型浄化槽(タイプA・タイプB)の循環水量(L/分)と流量調整装置移送水量(L/分)の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。
 なお、いずれの浄化槽も流入汚水量は1,440 L/日、循環比は3、流量調整比は2とする。

正答 ➠   
 タイプBは流量調整装置が最後にあるから、循環量だけを計算すればいいので、こちらを先に解く。
 循環比3だから、1,440L/日×3 を分に換算 →循環量は 3L/分。これで1か2に絞れた。
 次にタイプAの移送水量を求める。流量調整比が2だから、循環を考慮しない移送水量は1,440×2、これに、循環量1,440×3 を加えると、日汚水量の5倍 つまり、 1,440×5。これを分に換算して 5L/分 となる。
 
 
問題 60標準活性汚泥方式のばっ気槽における保守点検に関する次の文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 MLSSは[(1)BOD負荷 ]を適切な範囲内に設定するための目安として測定し、さらに、[(2)SVI ] を求めて、活性汚泥の[(3)沈降性 ]の良否を判断する。
 MLSS濃度は通常[(4)4,000〜6,000 ] mg/L、BOD−MLSS負荷[(5)0.2〜0.4 ] kg/(kg・日)の範囲で運転される。

正答 ➠   
 浄化槽法施行規則第2条(保守点検の技術上の基準)の第八にばっ気槽の「混合液浮遊物質濃度が適正に保持されるように」とあり、これを受けて、「浄化槽法の運用に伴う留意事項について」の中に、標準活性汚泥方式のばっ気槽MLSSは1,000〜3,000mg/L とある。
 こういう大規模な浄化槽の難しい方式の数値を一生懸命憶える必要はないので、捨ててもいい。