問題41〜50

 
問題 41浄化槽の図面に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)設計書、図面では表現しにくい部分は、特別仕様書によって明示する。
(2)図面は、第一角法あるいは第三角法で表す。
(3)図面の書き方は、日本工業規格(JIS)で詳細に定められている。
(4)細かい機械部品の図面には、現尺や倍尺も用いられる。
(5)配管の勾配は、水平の長さを垂直の長さで除した値で表す。

正答 ➠   
 配管の勾配は、垂直の長さを水平の長さで除した値で逆。(2)については、図面は三角法が常識で、この半世紀、一角法を勉強した人はいないはず。
 
 
問題 42継手弁の記号とそれらの断面形状に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 

正答 ➠   
 左図はバルブ一般で、右図は玉形弁。
 
 
問題 43SHASE-S 001-2005に示されている升の図示記号と写真の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 SHASEとHASSがあって、よくは分からない。図示記号は、1.は汚水升、2.はトラップ升、3.雨水升か雑排水升、4.は格子升、5.浸透ます。5の写真は単なる雨水が合流する升のように見える。
 
 
問題 44下に示した小型浄化槽の平・断面図に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)一次処理は、固液分離槽と嫌気ろ床槽の2槽で行われる。
(2)嫌気ろ床槽は、流量調整部が設けられ、水位が変動する。
(3)嫌気ろ床槽は、逆洗管が設置されている。
(4)沈殿槽の槽内水の一部は、定量ポンプにより嫌気ろ床槽に循環される。
(5)沈殿槽の定量ポンプは、バッフル内に設けられている。

正答 ➠   
 どこかのメーカから絵を引っ張ってきたのか、見にくいので5の説明なんか判断付きかねる。3.の沈殿槽に設置されたポンプは汚泥返送用なのかなぁ?
 
 
問題 45投影図と第三角法による作図との組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 普通に使う三角法。1.の右側面図に誤りがある。
 
 
問題 46工場生産浄化槽の工事状況を撮影した写真とその工程の名称の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 鉄筋が見えるので、底版コンクリート打設の様子。
 
 
問題 47粘土層のような難透水層の下に地下水を含む砂質層(被圧帯水層)がある地盤を据削したところ、以下の図に示すように、地下水揚圧力が土披り荷重より高くなっていた。この場合に生じると考えられる現象として最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)盤ぶくれが生じる。
(2)土留めが崩壊する。
(3)ボイリングを生じる。
(4)据削面に浸出水がたまる。
(5)周辺の地下水位が上昇する。

正答 ➠   
 図がチョットひどいなぁ。1.3.4はある程度予想できるけど、2.の土留が崩壊・・・は土留の図が描かれていない。5.の周辺地下水位は当然ながら低下する。
 
 
問題 48小型浄化槽の試運転時における確認項目として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)ブロワの稼働状況
(2)特殊な排水の接続の有無
(3)逆洗装置の脱着性
(4)消毒装置の固定状況
(5)放流口と放流水路の水位差の確認

正答 ➠   
 逆洗装置はだいたいが接触材やろ材の下に設置されている。なので、簡単には取り外せない。
 
 
問題 49戸建て住宅に設置される浄化槽におけるピット工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)かさ上げの高さが30cmを超える場合には、かさ上げ工事は行わずに、ピット工事を行う。
(2)ピットの内部には、雨水排除用のポンプを設置する。
(3)ピットの内部は、維持管理作業が容易に行えるスペースを確保する。
(4)チェッカープレートの枠の補強に用いられるH型鋼等は、取り外し可能なものとする。
(5)立ち上げ部分は、コンクリートブロック構造または現場打ちの鉄筋コンクリート構造とする。

正答 ➠   
 ポンプが必要なのは、浄化槽全体をコンクリートボックスの中に設置したりする場合。
 
 
問題 50小型浄化槽の施工において、浄化槽本体の水平に狂いが生じる原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)割栗石地業の不備
(2)底盤コンクリート工事の不備
(3)埋め戻し工事の不備
(4)かさ上げ工事の不備
(5)擁壁工事の不備

正答 ➠   
 かさ上げ工事は、浄化槽本体の上部に設置する別パーツだから、本体水平精度には関与しない。5.の擁壁工事不備とは何のことなのだろうか。擁壁が水平方向に移動して、本体を動かしてしまう、なのか。よく理解できない。