問題 91下表は、平成26年度の浄化槽汚泥の処理内訳を示している。表中の[ ア ]〜[ ウ ]に該当する処理として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)し尿処理施設    下水道投入     農地還元
(2)下水道投入     農地還元      海洋投入
(3)し尿処理施設    下水道投入     海洋投入
(4)し尿処理施設    農地還元      下水道投入
(5)下水道投入     し尿処理施設    農地還元

正答 ➠   
 浄化槽汚泥は、主にし尿処理場で処理するが、その他に、下水道投入があることは知っておくべき。この二つで99.5%を占めてしまう。
 
 
問題 92清掃時のスカムの破砕・引き出し方法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)スカム厚が薄いときは、サクションホースでそのまま引き出す。
(2)スカム厚が厚いときは、洗浄水を使用して破砕する。
(3)スカム厚が厚いときは、スカム破砕用具を使用して破砕する。
(4)スカム厚が厚いときは、スカムの一部を切り崩し、これを裏返しにして柔らかいスカムを上にしてから引き出す。
(5)清掃孔からサクションホースが届かない部位を引き出す場合は、掻き寄せ用具を使用する。

正答 ➠   
 これって分からなくても、2と3が同じ条件だから、どちらかが誤りと分かる。まあ、初めから水を使って砕くのは水が勿体ない!!と思えばいい。
 
 
問題 93清掃時において、汚泥の引き出し作業を必要とする単位装置として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)腐敗タンク
(2)嫌気ろ床槽第1室
(3)沈殿分離槽第1室
(4)担体流動槽
(5)汚泥貯留槽

正答 ➠   
 汚泥を引き出さない単位装置、これは担体流動槽。ネットで覆われているので、そもそも引き出せない。
 
 
問題 94嫌気ろ床接触ばっ気方式の浄化槽で、嫌気ろ床槽と併せて接触ばっ気槽を清掃する際の手順として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
  ア 嫌気ろ床槽内の汚泥などを引き出す。
  イ 接触ばっ気槽のばっ気を停止して逆洗を行い、はく離汚泥を沈殿させる。
  ウ 接触ばっ気槽の底部から汚泥を引き出す。
  エ 嫌気ろ床槽の所定の水位まで水張りを行う。
  オ 接触ばっ気槽の所定の水位まで水張りを行う。

(1)ア → エ → イ → ウ → オ
(2)ア → イ → ウ → エ → オ
(3)イ → ウ → オ → ア → エ
(4)イ → ア → ウ → オ → エ
(5)ア → イ → エ → ウ → オ

正答 ➠   
 接触ばっ気槽の汚泥を沈澱させる必要があるので、まずはばっ気を停止し、その間に別作業をするのが合理的。なので、イが最初に来て、並行作業としてできるアを行う。
 
 
問題 95分離接触ばっ気方式のみなし浄化槽の清掃作業に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)接触ばっ気室は、接触材逆洗後に室内水の全量を引き出す。
(2)沈殿分離室は、汚泥、スカム、中間水の全量を引き出す。
(3)沈殿分離室の内壁、流入管、流出管等を洗浄する。
(4)消毒室のスカム、汚泥を引き出す。
(5)沈殿分離室、接触ばっ気室の水張りを行う。

正答 ➠   
 接触ばっ気槽の接触材を逆洗すると、沈降性のいい汚泥が剥離する。短時間で沈降するので、これを引き抜けばいい。槽の全量を引き抜く必要はない。
 
 
問題 96下図に示す浄化槽の嫌気ろ床槽第2室を清掃するときに、サクションホースを挿入する箇所として最も適当なものは(1)〜(5)のうちどれか。
 

正答 ➠   
 平面図から、第2室を引き抜くには、写真左の2しかありえない。
 
 
問題 97SS濃度10,000 mg/Lの余剰汚泥10 ㎥を空の汚泥濃縮貯留槽に移送し、静止沈殿させた後、中間水4㎥(SS濃度500 mg/L)を流量調整槽に移送した。このような作業後、汚泥濃縮貯留槽内に残っている汚泥の含水率として、最も近い値は次のうちどれか。ただし、汚泥濃縮貯留槽内での分解等による変化は無視できるものとする。
 
(1)99 %
(2)98 %
(3)97 %
(4)97 %
(5)96 %

正答 ➠   
 汚泥量を計算すると、濃縮前の汚泥=10×10,000、濃縮後の二箇所の汚泥=6×□+4×500 これが等しいから、□=16,333mg/L。含水率なら 100-1.633=98.4%
 微妙な計算結果だ。四捨五入なら確かに98%なのだが・・・・・
 
 
問題 98浄化槽における「清掃の技術上の基準」に示されている事項として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)各単位装置の汚泥、スカムの引き出し量に関する事項
(2)各単位装置及び付属機器類の付着物の引き出し、洗浄に関する事項
(3)汚泥、スカムの引き出し後の各単位装置への張り水に関する事項
(4)作業の衛生・安全対策に関する事項
(5)引き出した汚泥等が適正に処理されるよう、必要な措置を講じるための事項

正答 ➠   
 「清掃の技術上の基準」の一〜十三には、安全・衛生に関する基準は無いので、これは労働安全衛生法に基づく。また、厚労省からは「清掃事業における安全衛生管理要綱」というものも出されている。
 
 
問題99 次の単位装置のうち、汚泥等の引き出し後、水張りが必要なものとして、最も不適当なものはどれか。
 
(1)嫌気ろ床槽
(2)沈殿分離槽
(3)汚泥濃縮貯留槽
(4)重力移送式沈殿槽
(5)汚泥貯留槽

正答 ➠   
 汚泥を濃縮したものを貯留するのが「汚泥貯留槽」だから、水張りをする必要がない。
 
 
問題 100現在実用化されている浄化槽汚泥の資源化技術として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)堆肥化
(2)リン回収
(3)メタン回収
(4)助燃剤化
(5)水素回収

正答 ➠   
 水素回収とは、汚泥から得られるバイオガスを水素に改質して利用するもので、浄化槽汚泥の資源化技術としては、現在ここまでには至っていない。