問題81〜90

 
問題 81浄化槽に流入する汚水量に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)流入汚水量は、建物の用途、時間帯、曜日、季節等によって変動する。
(2)流入汚水量は、流入負荷量の把握や各単位装置における除去BOD量の把握など、浄化槽の機能を診断するうえできわめて重要な頂目である。
(3)流量調整や循環を行う浄化槽において、流入汚水量とその変動は移送水量の設定に活用される。
(4)量水器の値や水道料金の明細から、水道水の使用量を把握することにより、平均的な浄化槽への流入汚水量を推定できる。
(5)時間ごとの流入汚水量は、原水ポンプ槽の水位差から測定できる。

正答 ➠   
 原水ポンプ槽の水位と、ポンプの吐出量、ポンプの稼働時間が必要になる。
 
 
問題 82戸建て往宅の浄化槽において、各採取時間帯における流入汚水量は下表のとおりであった。この時間帯における流入汚水の混合試斜を2L調製する場合、8〜9時における試料の分取量として、最も適当な値は次のうちどれか。

(1)330 mL
(2)380 mL
(3)400 mL
(4)670 mL
(5)760 mL

正答 ➠   
 8〜9時に380L流入し、全体の380÷1000 に相当する。必要混合試料は2Lなので、2×380÷1000=0.76L つまり760mL
 
 
問題 83浄化槽の処理水質としてのBODの意義に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)BODは有機物質を把握する指標として用いられている。
(2)有機物質にかかわるBOD除去が十分達成されている場合は、硝化が進行していない。
(3)硝化が進行している場合、処理水のBODが高くなることがある。
(4)有機物質にかかわるBOD除去が不十分な場合は、放流先での残存有機物質による酸素消費がある。
(5)有機物質の除去効果を把握する観点からは、ATU-BODのような硝化を抑制したBODの測定が必要である。

正答 ➠   
 十分にBODが除去されている場合は、同時に硝化反応(亜硝酸や硝酸反応)も進行している。
 
   
問題 84pH標準液について、25℃でのpH値と標準液の種類の組み合わせとして、正しいものは次のうちどれか。
 
    pH 4.01           pH 6.86
(1)しゅう酸塩標準液中性りん酸塩標準液
(2)フタル酸塩標準液ほう酸塩標準液
(3)しゅう酸塩標準液フタル酸塩標準液
(4)フタル酸塩標準液中性りん酸塩標準液
(5)中性りん酸塩標準液ほう酸塩標準液

正答 ➠   
 こういうのは憶えるしか無いけど、今でも現場ではpH標準液を使用しているのだろうか。
 
 
問題 85浄化槽における測定項目に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)飽和溶存酸素量は、水温が高いほど多くなる。
(2)亜硝酸塩は、CODの測定結果に影響を及ぼす。
(3)汚水処理が進行してBODが低下するほど、透視度は高くなる傾向がある。
(4)SVIが高いということは、汚泥の沈降性が悪化したことを示す。
(5)pHは、硝化反応の進行状況の把握に重要な項目である。

正答 ➠   
 溶存酸素量は水温が低いほど多くなる。高温の水槽で金魚がアップアップしているのを思い出す。
 
 
問題 86下表は、ある浄化槽の流入汚水と沈殿槽流出水の水質測定結果である。測定結果が最も不適当な水質項目は次のうちどれか。


正答 ➠   
 T-N(全窒素)は(3)+(4)+亜硝酸性窒素+有機性窒素 なので、(2)がおかしい。
 
 
問題 87塩素消毒に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)消毒後に残留塩素が検出されれば、放流水中の大腸菌群は検出されることはない。
(2)処理水中のアンモニア性窒素濃度が高いと、塩素消費量が多くなる。
(3)放流水中に硝酸塩が存在している場合には、残留塩素の測定試薬と反応して類似の呈色をする。
(4)塩素消毒は、ほとんどのウイルスにも効果的である。
(5)塩素消毒は、クリプトスポリジウムにも効果的である。

正答 ➠   
 アンモニア性窒素があると、遊離残留塩素と結合してクロラミンを生じる。
 
 
問題 88浄化槽におけるpHに関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)流入汚水のpHが著しく低い場合、し尿系排水の流入が多いことが考えられる。
(2)流入汚水に比べて嫌気ろ床槽流出水のpHが高い場合、嫌気性分解の進行による有機酸の生成が考えられる。
(3)流入汚水に比べて沈殿分離槽流出水のpHが低い場合、汚泥の可溶化によるアンモニアの生成が考えられる。
(4)接触ばっ気槽においてpHが著しく上昇した場合、硝化反応の進行が考えられる。
(5)接触ばっ気槽に比べて沈殿槽流出水のpHが高い場合、脱窒反応の進行が考えられる。

正答 ➠   
 硝化反応が進むとpHが下がるが、脱窒素反応ではpHが上昇するので、可能性がある。
 
 
問題 89下表は、みなし浄化槽のばっ気室の清掃後におけるSV30の6か月間の変化を示す。清掃後にSV30は上昇してきたが、5か月目から低下した原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。ただし、SVは変わらないものとする。

(1)汚泥濃度の上昇
(2)沈殿室でのスカムの増加
(3)沈殿室の底部での汚泥蓄積
(4)汚泥の自己酸化
(5)放流水中への汚泥の流出

正答 ➠   
 汚泥濃度の上昇にも限度がある。高濃度汚泥だと、そもそもSVが測れない程にもなる。
 
 
問題 90処理機能が不安定な場合の改善手法に関する一般的な対応策として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)スクリーン目幅の増大
(2)流量調整機能の付加
(3)空気供給量の計量調整能力の付加
(4)返送汚泥量の計量調整能力の付加
(5)汚泥濃縮槽、汚泥貯留槽等の容量の増大

正答 ➠   
 スクリーンの目幅(すき間)を大きくしたら、これは逆効果だ。