問題71〜80

問題 71水中ポンプが以下の異常な現象を示した場合、その原因と対処方法に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
   異常な現象      原 因          対処方法
(1)起動しない     ケーブルの断線ケーブルの交換
(2)運転中に停止    呼び水が無い呼び水の供給
(3)性能低下      羽根車の摩耗羽根車の交換
(4)振動・異音の発生  基礎・配管の固定不良基礎・配管の修繕・修理
(5)電流値の異常    異物による閉塞異物の除去

正答 ➠   
 呼び水は、運転開始時に吸水するものなので、これが原因で運転が停止することはない。
 
 
問題 72浄化槽で用いられているモータの異常な現象と対処方法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)固定子と回転子の接触が原因で音はするが起動しない場合、コンデンサーの交換が必要である。
(2)軸受けの潤滑不良が原因で軸受けが過熱する場合、潤滑油の補給が必要である。
(3)軸受けの不良が原因でゴロゴロ音がする場合、工場修理が必要である。
(4)端子の誤接続が原因で回転方向が逆になる場合、正しい配線に接続し直す必要がある。
(5)主軸の曲がりが原因で振動が起きる場合、工場修理が必要である。

正答 ➠   
 固定子と回転子(ロータ)が接触したら、これは焼損や短絡等の大きな問題になりる。
 
 
問題 73分離ばっ気方式のみなし浄化槽で、処理対象人員に対して実使用人員が多い場合の管理方法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)沈殿分離室の清掃を適切に行うため、スカム等の汚泥蓄積速度やばっ気室への移流水の透視度の変化に注意する。
(2)ばっ気室への流入汚水濃度を下げるため、便器洗浄水量を通常の設定値より多くする。
(3)ばっ気室内水のDOが低下しないように、散気管への送風量を多くする。
(4)ばっ気室のSV30の測定結果に留意し、清掃を適切な時期に行う。
(5)沈殿室における沈殿分離状況を確認しながら、ばっ気室のMLSS濃度を高めに保持する。

正答 ➠   
 実使用人員が多いので、洗浄水量を増やしたら、ますます負荷が上がってしまう。
 
 
問題 74下図は、ある浄化槽の終日調査の結果を示したものである。その結果に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


(1)時間最大汚水量は、約400 L/時である。
(2)実使用人員を5人とすると、ほぼ計画どおりに汚水が流入している。
(3)汚水流入のピーク時に、SSの流出が生じている。
(4)午後の時間帯は、流入汚水量の変動にかかわらず、良好な処理水質が得られている。
(5)接触ばっ気槽内水の浮遊汚泥量は少ないと考えられる。

正答 ➠   
 朝10時のピーク時に、沈殿槽からの流出水の透視度が極端に悪化するので、接触ばっ気槽内に浮遊物質が回遊していると思われる。
 
 
問題 75小型浄化槽において、BOD負荷が著しく高い場合に生じると考えられる現象として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)接触ばっ気槽のDOは、通常の使用状態時より低い値を示す傾向がある。
(2)担体流動槽内のDOは、通常の使用状態時より低い値を示す傾向がある。
(3)生物ろ過槽の担体流出防止網が生物膜で閉塞することがある。
(4)循環用配管や処理水移送配管に粘性の高い生物膜が発生することが多い。
(5)沈殿槽に蓄積する汚泥の量は少なく、その粘性は低いことが多い。

正答 ➠   
 高負荷時に汚泥が増殖し、それが沈殿槽に堆積するのはよくあること。発生直後の有機物の多い汚泥なので粘性が高い。
 
 
問題 76油脂分離槽に関連する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)流入汚水に多量の油脂分が混入するとBOD負荷量が増加し、浄化槽の機能低下が生じやすい。
(2)油脂分の機械設備、壁面等への付着による影響として、スクリーンの閉塞、レベルスイッチの誤作動及び臭気の発生等がある。
(3)油脂分離槽では、厨房から温水に伴って融けた状態で排出される油脂類は除去できない。
(4)油脂分離槽からの油脂類の流出状況については、浄化槽の一次処理装置の表面及び壁面の状況によって判断することが必要である。
(5)油脂分離槽の管理条件は、有効容量に対する流入汚水量及び蓄積固形物量によって決定される。

正答 ➠   
 一般に常温で液体のものを「油」、固体のものを「脂」という。高温で脂が液状になっても、比重差で回収はできる。
 
 
問題 77臭気の測定や対策に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)流入管きょや浄化槽周辺で臭気が認められる場合は、点検升の蓋を密閉度の高いものに交換する。
(2)流量調整槽の臭気対策として、空気吹き込み型の水中撹拌機を採用する方法がある。
(3)沈殿槽で臭気が発生している場合は、底部汚泥の引き抜き頻度を調整する必要がある。
(4)臭気強度は、検知管を用いることにより6段階に数値化できる。
(5)浄化槽に適用されている脱臭法としては、吸着脱臭法、生物脱臭法、オゾン脱臭法がある。

正答 ➠   
 臭気強度とは、人間の嗅覚でその臭気を感知することができなくなるまで気体を希釈した場合における、その希釈倍数を基礎として算定されるもの。なので、人の感覚。
 
 
問題 78水系感染症の病原体として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)ジアルジア
(2)ノロウイルス
(3)日本脳炎ウイルス
(4)病原性大腸菌
(5)A型肝炎ウイルス

正答 ➠   
 日本脳炎ウイルスは、主にコガタアカイエカによって媒介される。
 
      
問題 79悪臭物質とにおいに関する組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
    悪臭物質           におい
(1)ノルマル酪酸刺激的なシンナーのようなにおい
(2)硫化水素腐った卵のようなにおい
(3)イソ吉草酸むれた靴下のようなにおい
(4)トリメチルアミン腐った魚のようなにおい
(5)アンモニアし尿のようなにおい

正答 ➠   
  ノルマル酪酸は「汗臭いにおい」。
 
 
問題 80浄化槽にかかわる事業場の安全管理体制に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)全ての事業場において、安全管理者を選任しなければならない。
(2)事業場の労働者の人数が一定以上になると、衛生管理者や産業医を選任しなければならない。
(3)労働者の災害防止のため、安全朝礼の実施・体操励行・作業指示励行が必要である。
(4)災害防止対策として、汚水処理施設、足場、車両格納施設に対しても配慮が必要である。
(5)安全な作業のための手順書の作成が重要である。

正答 ➠   
 労働安全衛生法第11条では、一定の業種及び規模の事業場ごとに「安全管理者」を選任、とあって、例えば建設業、清掃業、水道業だと50人以上。