問題51〜60

 
問題 51みなし浄化槽における腐敗タンク方式の一次処理装置として、下図の3種類の構造がある。これらの単位装置の点検項目や清掃時期の判断の目安などに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1)保守点検時には、いずれもスカム及び堆積汚泥の生成状況を点検する。
(2)Aでは予備ろ過装置流出水、BとCでは沈殿室流出水の透視度を測定する。
(3)Bでは、スカムの底面が沈殿室のホッパーのスロット面からおおむね10 cm に達したときは、清掃が必要と判断する。
(4)Aでは、汚泥の堆積面が流出管下端開口部からおおむね10 cm に達したときは、清掃が必要と判断する。
(5)Cでは、汚泥の堆積面が沈殿室のオーバーラップの下端からおおむね10 cm に達したときは、清掃が必要と判断する。

正答 ➠   
 環境省が出している浄化槽の清掃の目安では、二階タンクの消化室にあっては、スカムの底面が沈殿室のホッパーのスロット面からおおむね30cm、とある。
 こんな古い構造は知らなくていい。
 
 
問題 52一次処理部分に流量調整機能を有する窒素除去型小型浄化槽の一次処理装置の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)水位上昇が認められた場合、ろ床部分の空気洗浄を行うと、水位が低下することがある。
(2)流量調整移送水量より循環水量の方が多くなると、常に低水位で運転される。
(3)逆洗排水の移送量の調整ができない型式で逆洗時間を長くすると、汚泥の流出につながることがある。
(4)水位の上昇の原因として、ろ床内や各槽の移流部の閉塞が考えられる。
(5)汚泥・スカムが過剰に蓄積すると、流入バッフルや各移流管の変形、破損につながる可能性がある。

正答 ➠   
 出る量より、戻ってくる量が多ければ、その槽の水位は上昇することになる。
 
 
問題 53小型浄化槽における種汚泥の添加に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)種汚泥は生物処理機能の立ち上がり期間を短縮するために添加する。
(2)種汚泥の添加は、竣工検査終了後すみやかに行う。
(3)BOD除去型より窒素除去型の方が添加の必要性が高い。
(4)膜分離活性汚泥法では、種汚泥の添加は必須条件である。
(5)接触ばっ気槽では、市販のシーディング剤も利用可能である。

正答 ➠   
 使用者が使うのがずっと先だったら、種汚泥はエサがないので死滅してしまう。
 
 
問題54嫌気ろ床槽におけるろ床内蓄積汚泥の測定に関する次の文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 ろ材の形状や充填方法、ろ床深などにあわせて、[(1)透明な硬質]プラスチックパイプの[(2)外径・内径や長さ]を決める。まずパイプの上端を指で蓋をした状態でろ床内に挿入し、一旦開放後、[(3)パイプ内の水位が上がること]を確認して、再び指で蓋をした状態でパイプを引き抜く。引き抜いたパイプ内の汚泥の状況を観察することにより、[(4)汚水の流れ方向にそった汚泥の性状や外観の変化]を確認する。さらに、パイプ内の汚泥を別容器に移し、[(5)粘性や臭気]も確認する。
 

正答 ➠   
 この方法では、透明パイプの先の部分だけから汚泥等を引き抜くので、縦方向の汚泥の分布等は分からない。縦方向の汚泥の分布を観る時は、パイプの上部を指で塞がないで挿入する。
 
 
問題 55嫌気ろ床接触ばっ気方式の浄化槽(5人槽)において、接触ばっ気槽内水を嫌気ろ床槽第1室流入部へ常時移送(循環)を行っている。下記に示す前回と今回の保守点検記録の抜粋に基づいた現場の状況判断や保守作業として、最も不適当なものは次のうちどれか。

(1)嫌気ろ床槽第1室から第2室に汚泥が流出した可能性がある。
(2)循環水量の増加に伴い、嫌気ろ床槽第1室のスカムが崩壊した可能性がある。
(3)旋回流が不良の原因は、循環用エアリフトヘの送風量が増加した影響と考えられる。
(4)接触ばっ気槽のDOが低下した原因は、水温の変化による影響が大きい。
(5)循環水量を前回程度に再調整する必要がある。

正答 ➠   
 水温2℃の差でこんなにDOが変化することはない。
 
 
問題 56接触ばっ気槽内のDOが低い場合に考えられる原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)流入BOD量が増加している。
(2)槽内水中の浮遊汚泥濃度が上昇している。
(3)洗剤が多量に混入している。
(4)生物膜の表面が油分で覆われている。
(5)散気管が目詰まりしている。

正答 ➠   
 生物膜が油分でカバーされると、酸素の消費が抑えられるので、逆にDOは上昇する。
 
 
問題 57性能評価型小型浄化槽の槽内の状況を撮影した次の写真のうち、循環装置を構成する計量装置の異常を撮影したものとして、最も適当なものはどれか。


正答 ➠   
 異常もなにも、正常時の計量装置の形状がどうだか分からない。計量装置自体がメーカによって違うので、難しい問題・・・。
 
 
問題 582室構造の接触ばっ気槽において、第2室の接触材が閉塞する原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)第2室に汚泥の補足性の強い接触材が充填されている。
(2)計画に対して流入汚水のSS濃度が著しく高い。
(3)第2室のばっ気強度が大きすぎる。
(4)第1室の逆洗を実施した際のはく離汚泥の移送が不十分である。
(5)第1室の生物量が少なく、BOD除去が不十分である。

正答 ➠   
 ばっ気強度が大きれば、槽内部は強く撹拌されるので、接触材が閉塞することはない。
 
 
問題 59接触ばっ気槽で逆洗操作後、はく離汚泥を槽底部に沈殿させ、自吸式ポンプを用いて槽底から槽内水の移送を行った。この時の移送水及び嫌気ろ床槽流出水のSS濃度の経時変化を下図に示す。この図に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1)Aの時間帯は、接触ばっ気槽内のはく離汚泥等が効率よく移送されている。
(2)Bの時間帯は、移送水中のSS濃度が低下傾向を示しているが、嫌気ろ床槽流出水のSS濃度に変化がないので移送を継続した方が望ましい。
(3)Cの時間帯は、嫌気ろ床槽からの流出水のSS濃度が上昇し始めていることから、移送を停止することが望ましい。
(4)移送水と流出水のSS濃度が同じとなるまでの経過時間(A+B+C)は、はく離汚泥量及び汚泥移送量に関係なく、それぞれの浄化槽で定まっている固有の値である。
(5)Dの時間帯では、できるだけ早く移送を停止する。

正答 ➠   
 4だけは記述が保守点検の内容ではない。分からなければ、こういうのにするといい。
 
 
問題 60流量調整槽が前置された長時間ばっ気方式の浄化槽において、沈殿槽でスカムの発生量が多いため、スカムスキマによる流量調整槽への移送量を流入汚水量の2倍程度に設定した。その結果、発生すると考えられる障害として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)流量調整槽の水位上昇
(2)流量調整槽の撹伴不足
(3)ばっ気槽への送風量の低下による旋回流の異常
(4)沈殿槽内の水の上昇速度が速くなる影響による水質悪化
(5)沈殿槽の汚泥返送用ポンプの能力低下

正答 ➠   
 流量調整槽の撹拌不足には繋がるけど、流入汚水量の2倍もスカムスキマで戻したら、浄化槽全体がドロドロになって、「障害」なんてものではない。