問題41〜50

 
問題 41浄化槽で用いられる図面の種類とその内容に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
   図 面          内 容
(1)説明図     構造・機能・性能を表す図
(2)配管図     管の接続・配置を表す図
(3)組立図     部品の相対的な位置関係、組み立てられた部品の形状を表す図
(4)水位高低図   各槽の水位を表す図
(5)装置図     処理フローを表す図

正答 ➠   
 どうみても装置を示す図が「処理フロー」はないね。ところで、説明図という図面は、今まで書いたこともなければ、見たこともないな。
 
 
問題 42図1に示す立体を第一角法により表した場合、a〜eの各方向から見た図として、図2に示す(a)〜(e)のうち、誤っているものはどれか。

(1)(a)
(2)(b)
(3)(c)
(4)(d)
(5)(e)

正答 ➠   
 c図が左右反対。相変わらずの一角法の問題。日本で一角法を使わなくなって、もう50年以上。JISの製図法でも三角法を使うことになっている。
 
 
問題 43図面に用いる線の種類と一般的な用途に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
   線の種類        一般的な用途
(1)太い実線       見える部分の外形線
(2)太い破線       隠れた部分の外形線
(3)細い実線       寸法線
(4)細い一点鎖線     図形の中心を表す線
(5)細い二点鎖線     断面の位置を表す線

正答 ➠   
 細い二点鎖線は「想像線」
 
 
問題 44図面に用いられるJISの補助記号とその意味の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。

正答 ➠   
 Rは単に半径。円も円弧も球にも使う。
 
 
問題 45下図のみなし浄化槽に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1)腐敗タンクは2室構造である。
(2)腐敗タンク第2室の流出部に予備ろ過装置が設けられている。
(3)酸化床は1段構造である。
(4)酸化床の酸化促進のために水道水等を注入する設備が設けられている。
(5)酸化床からの流出水は、消毒して放流される。

正答 ➠   
 (c)断面図では3段にみえるが・・・・・
 
 
問題 46底版コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)上部の荷重を地盤に伝えるために打設する。
(2)浄化槽が2槽以上の場合、コンクリートは各槽独立構造とする。
(3)鉄筋と型枠、鉄筋と捨てコンクリートの間隔は、所定の寸法をあける。
(4)コンクリートの表面は、平滑かつ水平に仕上げる。
(5)打設後、急激な乾燥や温度変化を受けないように養生する。

正答 ➠   
 2槽以上とか、槽の高さが違う場合は、底版コンクリートは一体構造がよい。
 
 
問題 47下図は、浄化槽本体の3か所に設けられている水準目安線(─)と水張り時での水面の関係を示している。この図に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
(1)いずれの方向でも、水平の狂いが認められない。
(2)AB方向では、Aが高く施工されている。
(3)AB方向では、Bが高く施工されている。
(4)CD方向では、Cが高く施工されている。
(5)CD方向では、Dが高く施工されている。

正答 ➠   
 長手方向(AとB方向)に傾きがある。Bが高くなっている。
 設計者のセンスがあれば、Cの部位ではなく、Dの部位を描く。その方がずっと見やすい。
 
 
問題 48工場生産浄化槽の上部を駐車場として利用する場合、工事に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)上部の荷重が、直接浄化槽本体にかからないように深埋め工事とする。
(2)柱補強工事とする場合の支柱は、対角線上に2本とする。
(3)コンクリートボックス工事の場合には、雨水の浸入に対処するためポンプ槽を設ける。
(4)マンホール、点検口に用いる蓋は、作業性を重視し、鋳鉄製を用いる。
(5)荷重が側部からかかる場合には、鉄筋コンクリート構造の擁壁を設ける。

正答 ➠   
 5が最も適当かは疑問があるけど、5の記述は駐車場にはまったく関係ないから、3が「最も適当」じゃないかな。
 
 
問題 49浄化槽をビルの地下に設置する揚合、注意しなければならない事項として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)保守点検、清掃などの作業スペースを確保するため、ピット工事にする必要がある。
(2)ビルの地下の壁などには、配管用のスリーブを入れておく必要がある。
(3)地下深くバキュームホースで吸引が困難な場合には、中継用の汚泥ピットを設ける必要がある。
(4)ビルの上部がマンションの場合には、ポンプやブロワなどの振動への対策を講じる必要がある。
(5)自然換気ができない場合には、室内の空気を直接外気と十分に交換できる換気装置を設ける必要がある。

正答 ➠   
 地下室に更にピット工事をして設置することはない。
 
        
問題 50浄化槽の工事にかかる用語と説明に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
   用 語              説 明
(1)割栗石建築物の基礎などに使う12〜15 cm ほどの砕石
(2)捨てコンクリート浄化槽を水平に設置できるように打設するもの
(3)墨出し工事の進行に必要な線・形や寸法を示すこと
(4)不 陸平たくあるべきものに、凹凸があること
(5)不等沈下地盤に不均一な沈下が生じる現象

正答 ➠   
 捨てコンクリート(捨てコン)は、基礎底面を平らにならしたり、基礎の中心をマークしたりするなどのために打つ。