問題31〜40

 
問題 31構造基準(建設省告示第1292号、最終改正平成18年1月国土交通省告示第154号に定める構造方法)の第6に示された処理方式と処理対象人員の組み合わせとして、誤っているものは次のうちどれか。
 
    処理方式       処理対象人員
(1)接触ばっ気方式      51人以上
(2)回転板接触方式      51人以上
(3)散水ろ床方式       101人以上
(4)長時間ばっ気方式     101人以上
(5)標準活性汚泥方式     5,001人以上

正答 ➠   
 第6とは、放流水のBODが20mg/L以下のもので、散水ろ床方式は501人以上になっている。でも、今どき回転板とか散水ろ床を計画する人はいないよね。試験のためだけの知識。
 
 
問題 32 消毒剤として1錠当たりの重量が100 g で有効塩素量が80%の塩素化イソシアヌル酸錠を用いる場合、実使用人員が6人のとき、4か月分に相当する薬剤量として、最も近い値は次のうちどれか。ただし、1人1日当たりの汚水量は200 L、処理水への塩素添加濃度は5mg/Lとする。
 
(1) 8錠
(2) 9錠
(3)10錠
(4)11錠
(5)12錠

正答 ➠   
 4ヶ月間の汚水量は、0.2㎥×6人×30日×4月=144㎥ これに添加量5mg/L(g/㎥)だから、144×5÷0.8=900g 100gで1錠だから 9錠
 
 
問題 33酸化還元電位(ORP)に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)ORP計の検出部は、指示電極と比較電極から構成されている。
(2)ORPは、負の場合が酸化状態、正の場合が還元状態である。
(3)ORPは、硝化・脱窒反応の進行状況を示す指標として用いられる。
(4)ORPは、比較電極として標準水素電極を用いた場合の値を基準としている。
(5)ORPの値は、mVで表示される。

正答 ➠   
 マイナスは還元状態、これは是非憶えておく。
 
 
問題 34ある戸建て往宅において、浄化槽に流入する汚水量が1.44㎥/日、実使用人員が6人である。次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)排出係数を0.8とすると、給水量は300L/(人・日)である。
(2)ピーク係数を5とすると、時間最大汚水量は300 L/時である。
(3)朝8〜11時の汚水量が100L/人であったとすると、全汚水量に対する割合は42%である。
(4)BOD負荷量を40g/(人・日)とすると、BOD濃度は130 mg/Lである。
(5)24時間平均流入汚水量は60 L/時である。

正答 ➠   
 BODは一人1日40gだから、40×6=240g。1.44で割ると240÷1.44=167 g/㎥(mg/Lと同じ)。
 
 
問題 35浄化槽における窒素除去に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)硝化工程では、溶存酸素がある程度存在しないと硝化細菌の増殖が抑制される。
(2)硝化細菌及び脱窒細菌の増殖・活性についての至適pHは、いずれも中性付近である。
(3)汚水中に占める尿の割合が高い場合は、脱窒のためのBOD源が不足する。
(4)窒素は微生物体の構成元素であり、汚泥の引き抜きによっても除去される。
(5)硝化液循環法では、循環比は高いほどよい。

正答 ➠   
 除去率はr÷(1+r) rは循環比。だけど、循環費が大きすぎると、DOを嫌気槽に持ち込むので、通常rは3〜5程度である。
 
 
問題 36浄化槽の一般構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)管内の汚水の流速が0.3〜0.4m/秒 になるように流入管は適当な勾配とする。
(2)浄化槽本体に接続する配管においては、45度以上の屈曲点に点検升を設ける。
(3)浄化槽本体に接続する配管の直線部分においては、管径の120倍を超えない範囲で点検升を設ける。
(4)処理対象人員50人以下の浄化槽の天井部分にマンホールを設ける場合、内接する円の直径を45cm 以上とする。
(5)処理対象人員51人以上の浄化槽の天井部分にマンホールを設ける場合、内接する円の直径を60cm 以上とする。

正答 ➠   
 汚水管内の流速は、おおむね 0.6m/秒 程度
 
 
問題 37次の4枚の写真は、嫌気ろ床と担体流動及び生物ろ過を組み合わせた方式の浄化槽の各単位装置に充填されているろ材や担体を撮影したものである。単位装置とろ材あるいは担体の組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。


  嫌気ろ床槽   嫌気ろ床槽   担体流動部   生物ろ過部
  第1室のろ材  第2室のろ材   の担体     の担体
(1) 写真1  −  写真3  −  写真2  −  写真4
(2) 写真1  −  写真2  −  写真4  −  写真3
(3) 写真2  −  写真1  −  写真3  −  写真4
(4) 写真2  −  写真3  −  写真4  −  写真1
(5) 写真3  −  写真4  −  写真2  −  写真1

正答 ➠   
 濾材の形状ではなく、大きさと比表面積に注目。担体流動部の担体は、生物量を多く付着させる目的から写真4になる。答えは2か4になるが、嫌気ろ床に写真3は選択しないだろう。
 ただし、担体や濾材は比表面積だけでなく、「比重」が大きな要素になることは重要。
 
 
問題 38下図は、戸建て往宅に設置された浄化槽における流入汚水量の24時間変動パターンを示している。この図に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)汚水の排出時間は、17時間である。
(2)24時間平均流入汚水量は、約55L/時である。
(3)ピーク係数は、約7.0である。
(4)1人1日当たりの汚水量は、約260 L である。
(5)8時から11時までの3時間における汚水量は、総流入汚水量の約45%を占める。

正答 ➠   
 ピーク係数はピーク時(9〜10時)に、平均流量の何倍が流入するか? であるから、281÷(1312/24)=5.1
 
 
問題 39運転条件などが下記に示す仕様のばっ気槽において、必要な酸素量として最も近い値は次のうちどれか。
 
  流入BOD量 :  40 kg/日
  BOD除去率  :  90%
  ばっ気槽容量 :  200 ㎥
  槽内MLVSS  : 4,000 mg/L
 なお、ばっ気槽における必要酸素量(kg/日)は次式で算出するものとする。
  必要酸素量=0.5×Lr + 0.07×Sa
 ただし、Lrは除去BOD量(kg/日)、Saは槽内MLVSS量(kg)である。

(1)65 kg/日
(2)70 kg/日
(3)75 kg/日
(4)80 kg/日
(5)85 kg/日

正答 ➠   
 まずは単位を統一して、ひたすら式に入れていく。Lrは40×0.9kg、Saは200×4kg⇒74kg/日
 
 
問題 40次の指標とその算出方法に関する組み合わせのうち、最も適当なものはどれか。
 

正答 ➠   
 こういう問題は、分母分子を逆にして試すのが礼儀? とにかく単位をしっかりみること。