問題91〜100

 
問題 91浄化槽汚泥のコンポスト化に関する次の文章中の[    ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 コンポストとは、汚泥や厨芥等の廃棄物を[(1)好気性発酵]させたものである。[(2)有機物質]が分解して[(3)安定化]するとともに[(4)発酵熱]により病原性微生物が死滅し、土壌改良材や肥料として利用できる。コンポスト化の開始時には、廃棄物の水分を[(5)増加]させるほうが発酵がすみやかに進む。
 

正答 ➠   
 前の(4)発酵熱がヒントになるだろうか。発酵熱を期待するのに、水分を増加させるのはオカシイと思えばいい。
 
       
問題 92各単位装置に対する清掃の技術上の基準において、汚泥等の引き出し方法が同一である単位装置の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)多室型一次処理装置別置型沈殿室
(2)散水ろ床型二次処理装置平面酸化型二次処理装置
(3)沈殿分離槽消毒槽
(4)嫌気ろ床槽脱窒ろ床槽
(5)汚泥濃縮貯留裡槽汚泥貯留槽

正答 ➠   
 環境省関係浄化槽法施行規則の第三条(清掃の技術上の基準)の一から十三を憶えるのは大変だ。
 汚泥濃縮貯留槽の汚泥、スカム等の引き出しは、脱離液を流量調整槽に移送した後の全量とあるが、汚泥貯留槽の汚泥、スカム、中間水等の引き出しは、全量とある。
 
 
問題 93汚泥貯留槽の清掃に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)汚泥の引き出しにあたっては、受け入れ先との事前の調整が必要である。
(2)汚泥の引き出しが容易に行えるよう、事前に撹拌装置を運転する。
(3)汚泥の引き出しポンプを利用できることがある。
(4)内壁や底部を洗浄し、洗浄水は引き出す。
(5)汚泥の引き出し終了後、水張りを行う。

正答 ➠   
 汚泥貯留槽へは、発生した余剰汚泥を都度移送し、満杯になったら引き出す。つまり、空からスタート。
 
 
問題 94性能評価型浄化槽の一次処理装置として用いられている夾雑物除去槽の清掃に関する次の文章中の[    ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 はじめに[(1)スカム等の浮上物]をすべて引き出す。次に流入管、流出管等に付着した汚泥等を取り除き、槽底部から[(2)全量引き出し]、槽内の[(3)変形及び破損の有無を確認する]。引き出し後、槽内を洗浄用水で洗浄し、[(4)張り水として残す]。最後に水道水等を用いて水張りを行う。水位が変動する単位装置については、[(5)低水位まで水張りを行う]。
 

正答 ➠   
 夾雑物除去槽は一種の嫌気性濾床のような構造だから、引っかかった汚泥等を洗浄して、その全量を引き出す。
 
 
問題 95清掃時の洗浄水を一次処理装置の張り水に使用できる単位装置として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)嫌気ろ床槽
(2)脱窒ろ床槽
(3)接触ばっ気槽
(4)消毒タンク
(5)消毒槽

正答 ➠   
 こんな感じで消していったらどうか。嫌気・脱窒濾床はドロドロだから、張り水には無理かな・・・。消毒槽には塩素が入っているから、生物に毒だし・・・。
 
 
問題 96BOD 200 mg/Lの生活排水 500 ㎥/日を活性汚泥法で処理している施設で、含水率97%の濃縮汚泥が1.2 ㎥/日発生している。 BOD除去率を90%、汚泥の比重を1.0とすると、除去BOD量1kg当たりの汚泥転換率として、最も近い値は次のうちどれか。
 
(1)20%
(2)30%
(3)40%
(4)50%
(5)60%

正答 ➠   
 除去BOD量は 200×500×0.9=90,000g=90kg、一方発生している汚泥量は 1,200×(1-0.97)=36kg  転換率は 36÷90=0.4
 
 
問題 97下図は、汚泥再生処理センターの基本フローを表したものである。図中のア〜エに入る語句の組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。ただし、下記のフロー図では脱臭工程は除く。


正答 ➠   
 汚泥再生処理センターは、昔のし尿処理場。アは液体、イは固体だということは分かる。エは次が農地還元だから「資源化工程」だろう。こうやって(1)に絞ってゆく。
 
 
問題 98嫌気ろ床槽の清掃を下図の浄化槽汚泥濃縮車を用いて行った。その作業手順、汚泥濃度及び汚泥量は以下のとおりである。
 
嫌気ろ床槽第1室のスカム及び堆積汚泥を汚泥タンクヘ引き出したところ、汚泥量は300 L であった。
嫌気ろ床槽第1室の室内液と洗浄液及び第2室の全量と洗浄液を反応タンクヘ引き出したところ、引き出し量は1.2㎥、その汚泥濃度は4,000 mg/Lであった。
反応タンクにおいて凝集させ、形成されたフロックを分離機において分離し、分離液は浄化槽の張り水に使用した。一方、濃縮された汚泥は汚泥タンクヘ移送し、その汚泥濃度は32,000 mg/Lであった。
 以上から、汚泥タンク内の汚泥量として最も近い値は次のうちどれか。

(1)400 L
(2)450 L
(3)500 L
(4)550 L
(5)600 L

正答 ➠   
 4,000mg/Lの汚泥が32,000mg/Lに濃縮されたので、8倍に濃縮されたことになる。なので、1,200L引きぬいた汚泥は 1,200÷8=150L となる。
 ①の汚泥が300Lあるから、計450Lとなる。
 
 
問題 99バキューム車の吸引能力に影響する項目として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)揚程
(2)吸引ホースの長さ
(3)吸引ホースの口径
(4)汚泥の固形物濃度
(5)汚泥のpH

正答 ➠   
 これは簡単だ、汚泥等を吸い込むのに、pHは関係しない。
 
 
問題 100個人設置型の戸建て住宅用浄化槽の清掃にあたり実施しなければならない事項として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)市町村担当者との打ち合わせ
(2)衛生・安全対策を考慮した器具、機材等の準備
(3)水張りが完了するまでのマンホール蓋の開放
(4)清掃後、引き出し汚泥の一部を種汚泥として返送
(5)清掃内容についての浄化槽管理士への報告

正答 ➠   
 これも簡単。とにかく、しっかりとした準備。