問題81〜90

問題 81戸建て住宅に設置された浄化槽における試料の採取に関する次の記述のうち、不適当なものをすべてあげている組み合わせはどれか。
 
ア.1日1回の試料採取で対応する場合は、処理機能が安定している汚水の最小流入時に行う。
イ.各単位装置の機能診断を行う場合には、流入側から放流側へ順に各単位装置の流出水を採取する。
ウ.大腸菌群等の細菌試験に供する試料の場合は、容器を2〜3回共洗いしてから採取する。
エ.水が停滞している場合は、流入管きょ途中の升から水道水を流すなどして、必ず流水状態で採取する。
オ.分取する際の撹拌・混合をしやすくするため、試料容器への採取量は容器の95%程度とする。
 
(1)ア、イ、ウ
(2)ア、ウ、エ
(3)イ、オ
(4)ウ、エ
(5)

正答 ➠   
 アは、最小流入時は最も水質が良く、平均的な値にはならない。イは、採水は後ろから、つまり、綺麗な方からで、採水器の内部洗浄の度合いによる。ウは、専用の滅菌瓶を使用するので、共洗いは厳禁
 
 
問題 82試料の採取後、常温で保存が可能な水質項目として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)pH
(2)透視度
(3)ORP
(4)塩化物イオン
(5)亜硝酸性窒素

正答 ➠   
 塩化物イオンは時間、温度で変化しない。塩水をほったらかしにしたら薄くなる、なんてことはない。
 
 
問題 83流入汚水及び沈殿槽流出水のBODがそれぞれ150mg/L 及び20mg/L と予測されるとき、BODを測定する際の希釈倍率の組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。
 
  流入汚水  沈殿槽流出水
(1)  15倍    2倍
(2)  30倍    2倍
(3)  30倍    4倍
(4)100倍    5倍
(5)150倍    5倍

正答 ➠   
 予想BOD÷希釈倍率≒5 つまり 希釈倍率≒予想BOD÷5 と覚えておくとよい。
 
 
問題 84MLSSが2,500 mg/L の活性汚泥混合液を1Lのメスシリンダーにとって静置したとき、沈殿汚泥体積は下表のように推移した。このときの汚泥容量指標(SVI)として、正しい値は次のうちどれか。
(1)320
(2)160
(3)100
(4)  80
(5)  60

正答 ➠   
 SVは30分で測定するので 200/1000=20。SVIは 20/2500×10000 だから 80
 
 
問題 85CODに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)一般に有機物質による汚濁の指標として用いられる。
(2)硝酸塩は、CODとして検出される。
(3)排水基準等で定められている方法では、酸化剤として過マンガン酸カリウムを用いる。
(4)排水基準等で定められている方法では、沸騰水浴中で30分反応させる。
(5)酸化剤の消費量を酸素量に換算して表す。

正答 ➠   
 CODとして検出されるのは亜硝酸塩。「亜」は一つ足りない状態を示し、酸素が足りないから酸素を要求する。だからCODとして検出される。
 
 
問題 860RPに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)溶液の酸化力や還元力の強さを表す指標である。
(2)電極は、白金電極と比較電極から構成されている。
(3)電極は、定期的に標準液でスパン校正しなければならない。
(4)電位が正の場合が酸化状態、負の場合が還元状態である。
(5)電極の再生は、電極の表面をサンドペーパー等で軽く研磨する。

正答 ➠   
 ORP計はpH計と異なり、標準液が定義されていないので、通常は電極チェックのみを行う。
 
 
問題 87ホッパー型沈殿槽の改善手法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)センターウェルの水深が浅かったので、深くした。
(2)越流せきが片側にしかなかったので、全周に設けた。
(3)汚泥返送装置に計量装置がなかったので、設置した。
(4)越流せき下部から漏水が認められたので、越流せきの取付けパッキンを交換した。
(5)越流せきのVノッチ部分における越流速度が速かったので、Vノッチの間隔を広げた。

正答 ➠   
 Vノッチの越流負荷が高いなら、Vノッチの数を増やす、つまり間隔を狭める。
 
 
問題 88浄化槽におけるpHの評価に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)生物処理に関与する多くの微生物は、至適pHが7付近である。
(2)腐敗室、沈殿分離室では、流出水のpHが8前後を示すことがある。
(3)水温の高い時期などには、蓄積した汚泥の嫌気性分解が進行し、一次処理装置からの流出水のpHが4前後を示すことがある。
(4)二次処理において有機物質の除去だけが進行した場合、一般にpHの大きな低下は認められず、弱アルカリ性を示すことが多い。
(5)流入負荷が小さい場合、硝化の進行に伴い、pHの低下を生ずることがある。

正答 ➠   
 嫌気性分解だからpHは上がる。嫌気発酵の初期は酸発酵といって、酸ができるのでpHが下がることに注意。
 
   
問題 89処理水の水質項目とその主な目的に関する次め組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
   水質項目         目  的
(1)BOD有機汚濁物質の除去効率の指標
(2)残留塩素消毒効果の指標
(3)COD総量規制への対応
(4)全リン合成洗剤使用量の目安
(5)透視度浮遊物質及びコロイド物質等の残存状況の目安

正答 ➠   
 洗濯用合成洗剤には、かつて助剤としてリン酸塩が配合されていたが、現在はリン酸塩を含まない無リン洗剤になっている。ただし、最近はリンを含む洗剤が増えてきていることは知っておきたい、ともいわれている。
 
 
問題 90水質指標に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)アルカリ度は、汚水の処理工程において汚泥の嫌気性分解、硝化の進行等により変化する。
(2)塩化物イオンは、みなし浄化槽の希釈倍率を推定するのに利用できる。
(3)亜硝酸性窒素は、硝化反応が進行する過渡期に一時的に高くなることがある。
(4)浮遊物質は、微生物で分解できないのでBODとして測定されない。
(5)残留塩素は、亜硝酸性窒素が高い場合に類似の反応を示す場合がある。

正答 ➠   
 浮遊物質SSも一部BODとしてカウントされる。現にろ過機を通すとBODは減少する。