問題71〜80

 
問題 71流量調整槽の移送ポンプの自動制御装量に関する次の文章中の[   ]内にあてはまる語句の組み合わせのうち、最も適当なものはどれか。
 
 流量調整槽の移送ポンプの自動制御装置には、[ A ]と[ B ]が組み合わせて使用されている。故障の事例として最も多いのは、[ A ]故障であり、その原因は、ほとんどの場合、スイッチ接点の[ C ]である。

    A      B    C
(1)転倒スイッチ  リレー  摩耗
(2)電極棒     リレー  摩耗
(3)転倒スイッチ  タイマ  腐食
(4)電極棒     タイマ  腐食
(5)光電管     電磁弁  腐食

正答 ➠   
 流量調整槽の液面は、あまり綺麗でないし、波を打つので電極棒は不向き。残るは1と3だが、毎日流入パターンは変化するので、タイマーでは追随できない。
 
 
問題 72電磁弁が作動しない原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)コイルの切断
(2)接続不良
(3)バルブの腐食
(4)異物の噛み込み
(5)ギヤーの破損

正答 ➠   
 電磁弁は電磁石とバネで構成されるので、ギヤー(歯車)は無い。
 
 
問題 73平面酸化床に関する次め文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 腐敗室流出水にはDOが[(1)ほとんどない]が、平面酸化床の流れ方向に[(2)微好気性]の生物膜が観察され、BOD負荷が[(3)高い]と膜の黒色化が進行する。平面酸化床の改善方法として、[(4)平面酸化床流出部]の間近に水道水を微量滴下することで、[(5)酸素の供給]及び希釈効果を高める方法が用いられることがある。


正答 ➠   
 後ろに酸素の供給と希釈、とあるから、平面酸化床流出部に滴下しても意味はないのだろう。こんな古い装置を管理することはないと思うので、勉強しなくてもいい。
 
 
問題 74下図に示された浄化槽において、循環水量が著しく多量であった場合に生ずる現象として、最も不適当なものは次めうちどれか。なお、ブロワは1台である。


(1)嫌気ろ床槽の水位が上昇し、生物ろ過槽へ越流する。
(2)嫌気ろ床槽において捕捉された固形物が生物ろ過槽へ流出する。
(3)生物ろ過槽のばっ気量が不足する。
(4)ろ過部のろ過速度が速くなり、固複分離機能が不安定になる。
(5)処理水槽の平均滞留時間が減少する。

正答 ➠   
 処理水槽の実質滞留時間は減少しない。循環で大事なのは循環比(量)で、過多だと好ましくない現象が出てくる。
 
 
問題 75下図は2施設の24時間連続の現場調査時における、接触ばっ気槽内水の水温の平均値及びDOの平均値と変動範囲について、約1年間の測定結果を示したものである。この図に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。なお、ばっ気強度、接触材の種類や充填率、散気装置の仕様などは2施設とも同じである。


(1)水温の季節的な変化は、2施設とも同じような傾向である。
(2)施設Bは施設Aに比べ、接触ばっ気槽への流入負荷が低い。
(3)施設Bは施設Aに比べ、DOの時間変動が大きい。
(4)施設Bは施設Aに比べ、接触ばっ気槽の逆洗が適切に行われていない。
(5)水温の上昇に伴い2施設とも、DOが低下する傾向である。

正答 ➠   
 施設Bは全体的にDOが低い傾向にあり、A施設より流入負荷が高い、と言ってよい。
 
 
問題 76活性汚泥方式の浄化槽において、負荷が高い原因として油分の混入による影響が大きいことが明らかになった。浄化槽管理者と協議した対応方法に関する次の文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 従業員による油分等の廃棄は、極力避けてもらうようにした。流入管きょ途中に設置されている[(1)油脂分離槽]については、蓄積した過剰な汚泥等を系外へ搬出するとともに、[(2)定期撹拌]を計画した。また、[(3)ばっ気槽]の空気供給量を増やすことで生物酸化が十分に進行するように努めるとともに、汚泥発生量が多くなることから、[(4)余剰汚泥]の引き抜き頻度を多くすることで対応した。あらかじめ管理者に対して、[(5)管理費用]が増加することについても理解してもらった。


正答 ➠   
 そっと静置して油を浮かせて除去する、という油脂分離槽の目的からしたら、定期撹拌はどう考えても原理に合わない。
 
 
問題 77同一の圧力、温度、容積におけるガスの重さの順として、最も適当なものは次のうちどれか。ただし、水素、炭素、窒素、酸素、硫黄の原子量はそれぞれ1、12、14、16、32とする。
 
      軽い  ←          → 重い
(1)二酸化炭素 < 硫化水素  < 窒素   < メタン
(2)メタン   < 硫化水素  < 窒素   < 二酸化炭素
(3)二酸化炭素 < 窒素    < メタン  < 硫化水素
(4)メタン   < 窒素    < 硫化水素 < 二酸化炭素
(5)メタン   < 二酸化炭素 < 窒素   < 硫化水素

正答 ➠   
 とにかく分子量を計算するしかないが、分子式を知らないと解けない。メタンはCH4、二酸化炭素はCO2、窒素はN2、硫化水素はH2S
 

問題 78水系感染症とその予防に関する次の記述のうち、不適当なものをすべてあげている組み合わせはどれか。
 
ア.浄化槽の現場では、汚水・汚泥、それらの飛散したものが衣服等に付着することによる感染症のリスクが常に存在する。
イ.感染しても、発症しなければ周囲に伝播して集団感染に発展するリスクはない。
ウ.使い捨ての手袋を利用すれば、手指の洗浄・消毒ができない場合でも感染リスクを下げることができる。
エ.作業終了後の手指などの洗浄・消毒は、現場ごとに作業車に乗車する前に実施することが望ましい。
オ.作業靴の底部や溝に付いた土壌や汚泥は感染源とならないので、現場ごとの洗浄は必要ない。
 
(1)ア、ウ
(2)イ、エ
(3)イ、オ
(4)ウ、エ
(5)エ、オ

正答 ➠   
 イは、発症しなくても病原菌を持っているので感染リスクは高い。オは、病原菌は空中に浮遊しているだけではなく、地面に落下し、人間の靴底を介してばら撒かれる。
 
 
問題 79浄化槽の換気に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)地下室や室内に設置された浄化槽では、臭気の排除や湿度の低減のために換気を行う。
(2)第1種換気は、給気・排気とも機械的に行う方法であり、最も換気効率がよい。
(3)第3種換気は、給気を機械的に行う方法であり、室内は負圧となる。
(4)換気回数とは、1時間に室内の空気が入れ替わる回数をいい、換気風量を室内の容積で除した値である。
(5)地下室や屋内に設置された浄化槽では、機械換気が用いられる。

正答 ➠   
 第3種換気は排気を機械的に行うので、室内が負圧になる。第2種か第3種か知らなくても、問題文で給気を機械的に行えば、室内が負圧になることはなさそう、と気づけばそれでいい。
 
 
問題 80現場作業における感染症予防策で用いる消毒用の薬剤として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)陰イオン界面活性剤
(2)陽イオン界面活性剤
(3)両性界面活性剤
(4)イソプロパノール
(5)エタノール

正答 ➠   
 陰イオン界面活性剤は、石けんや合成洗剤に多く利用されているが、殺菌性はない。陽イオン界面活性剤は逆のイオンになっているため、「逆性石けん」と呼ばれることもあり、柔軟性、帯電防止性、殺菌性などの性質がある。