問題61〜70

 
問題 61消毒室の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)消毒剤が処理水と接触していることを確認する。
(2)消毒剤の減少の程度を記録して、次回の消毒剤の補充時期を決定する。
(3)薬剤筒の固定状況を確認する。
(4)消毒室の底部に汚泥が堆積していないかを確認する。
(5)塩化物イオン濃度を測定し、消毒効果を確認する。

正答 ➠   
 測定すべきは、遊離塩素で、塩化物イオン濃度(食塩濃度のようなもの)は意味が無い。
 
 
問題 62浄化槽において、チョウバエが発生しても異常とはいえない単位装置として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)散水ろ床
(2)接触ばっ気槽
(3)ばっ気槽
(4)沈殿槽
(5)砂ろ過装置

正答 ➠   
 これは仕方ない。空気とろ床が接しているので、ハエのような昆虫には住み心地がよい。
 
 
問題 63流量調整槽内に設置されている移送用ポンプA及びBの状況を下図に示す。
ポンプAが1台で運転されている場合より、ポンプBが1台で運転されている場合の方が吐出水量が多いことが認められた。その原因 として考えられる次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

正答 ➠   
 ポンプBの1台運転の方が吐出量が多いのだから、仕切弁Bは半締めはあり得ない。
 
 
問題 64脱窒ろ床接触ばっ気方式の5人槽の浄化槽において、循環比を3として運転する場合、実使用人員が4人であるときの循環水量(L/分)として、正しい値は次のうちどれか。ただし、1人1日当たりの汚水量は240 L とする。
 
(1) 1.8 L/分
(2) 1.9 L/分
(3) 2.0 L/分
(4) 2.1 L/分
(5) 2.2 L/分

正答 ➠   
 240L×4人×3÷24÷60=2L/分 が答え。
 
 
問題 65砂ろ過装置の異常な状況として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)損失水頭の上昇
(2)自動逆洗回数の増加
(3)処理水槽内への汚泥の流出
(4)ろ過水量の減少
(5)処理水の溶解性有機物質濃度の上昇

正答 ➠   
 砂層の中で、補足したSSが溶解していることは無いとはいえない。まあ、最も不適当ということでこれになる。
 
 
問題 66構造基準(建設省告示第1292号、最終改正平成18年1月17日国土交通省告示第154号に定める構造方法)第8第二号に定める活性炭吸着装置において、流出水の白濁が認められた。その原因や対策に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。ただし、凝集剤は硫酸アルミニウム(硫酸バンド)を使用しているものとする。
 
(1)アルミニウムイオンが酸化された。
(2)硫黄コロイドが生成した。
(3)凝集剤添加量が過剰でないことを確認する。
(4)ポリ塩化アルミニウム等の凝集剤に変更する。
(5)硫酸イオンが還元された。

正答 ➠   
 ろ過にしろ、活性炭吸着にしろ、充填層が嫌気化すると、こういう現象が現れる。嫌気的雰囲気なので、アルミニウムが酸化されることはない。硫酸イオンの硫黄に注目だ。
 
 
問題 67設計水量の汚水が流入している浄化槽において、流量調整槽からの1日の移送水量の時間変動を示した下図のうち、最も適当なポンプの稼働状態を表しているものはどれか。

正答 ➠   
 流量調整槽の機能の第一はピークカット。そうなら簡単にこれに行き着く。
 
 
問題 68FRP 製浄化槽の変形・破損事故に関連する下図の説明タイトルとして、最も不適当なものは次のうちどれか。

正答 ➠   
 絵がよく分からない。(1)の黒い三角は尖ったものを表しているのか、それなら槽壁に対する集中荷重だけど、槽の上の傾いた四角形は一体なんなのか、他の絵には「重量物」とあるのに・・・。
 
   
問題 69陸上ポンプが以下の原因によって異常な現象を示した場合、その対処方法に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
    原 因         異常な現象       対処方法
(1)サーマルスイッチの作動  起動しない過負荷の除去
(2)空気の吸込み       自吸しない異物の除去
(3)固定不良、共振      配管の振動・異音基礎修繕
(4)羽根車の接触       電流値の異常クリアランスの調整
(5)軸受けの芯の不良     軸受けの過熱芯出し

正答 ➠   
 空気を吸い込んでいるから自吸しないのが原因。それなら、吸い込み側の配管をチェックして漏れを修理する。
 
      
問題 70ルーツ式ブロワが以下の原因によって異常な現象を示した場合、その対処方法に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
     原  因        異常な現象       対処方法
(1)異物によるロータの閉塞  起動しない異物の除去
(2)フィルタの目詰まり    吐出空気量が少ないフィルタの点検・清掃
(3)ダイアフラムの破損    振動・異音の発生部品の交換
(4)過負荷          異常な発熱散気管・配管の点検清掃・交換
(5)プーリの平行の狂い    ベルトの破損プーリの調整

正答 ➠   
 ルーツブロワは繭玉のようなもの(ロータ)が二つ、90度ずれて回転するもので、大型の浄化槽に使われる。どこにもダイアフラムは無い。