問題51〜60

 
問題 51ばっ気沈砂槽の保守点検に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)土砂類を沈殿させるため、ばっ気強度は小さい方が望ましい。
(2)排砂ポンプにタイマが設けられていない場合は、保守点検の都度、ポンプを稼慟させ、土砂類の排出を行う。
(3)排砂槽の土砂に汚物が混入している場合には、土砂と汚物を共に汚泥処理設備へ投入する。
(4)堆積した土砂を排出するため、排砂ポンプの揚水量は多い方が望ましい。
(5)排砂槽における土砂や汚物の貯留量を多くするため、角落しを高く設定する。

正答 ➠   
 (1)土砂をよく洗う、(3)土砂は汚泥として扱わない、(4)ポンプ能力が過大だと排砂槽であふれる、(5)角落しを高くすると水深が深くなり土砂を取り出しにくくなる。
 
 
問題 52嫌気ろ床槽第1室の保守点検に関する次の文章中の[   ]の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 嫌気ろ床槽第1室の主な機能は、[(1)固液分離と汚泥の貯留]である。汚水の流れは、[(2)下向流]であり、ろ材の形状や充填方法により汚泥の蓄積状況が異なる。ろ材の汚泥捕捉能カが強いほど、汚泥は[(3)ろ床上部]に蓄積する。一方、捕捉能力が弱いほど、[(4)ろ床内]に蓄積する。機能は、汚泥の蓄積とともに次第に[(5)低下]するため、清掃時期を適切に判断しなければならない。


正答 ➠   
 ろ材の汚泥補足能力が弱いほど、槽底部に貯まってしまう。
 
 
問題 53下図は、同一の汚水が流入する嫌気ろ床槽と沈殿分離槽における清掃直後からの各槽流出水について、溶解性BODの経日変化を模式的に示したものである。この図に基づいて判断できる事項として、最も適当なものは次のうちどれか。

(1)嫌気ろ床槽のBOD除去率は、期間を通じて安定していた。
(2)清掃後しばらくは、沈殿分離槽よりも嫌気ろ床槽のSS除去率が低下した。
(3)沈殿分離槽と嫌気ろ床槽の除去BOD量は、期間を通じて同程度であった。
(4)沈殿分離槽では、一定期間を過ぎると、流入汚水中の有機物質が高分子化してBODが低下した。
(5)嫌気ろ床槽内では、清掃後、しばらくすると有機物質の可溶化が進行した。

正答 ➠   
 有機物質の可溶化(水に溶けること)が進むと、一時的に溶解性のBODが上昇する。
 
 
問題 54流量調整槽からの移送水量の調整に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)移送水量の調整は、流量調整槽へ返送する水量を調整することで行う。
(2)せき高のわずかな違いにより、移送水量が大きく異なるため、せき高は正確に読み取る。
(3)流量調整槽へ汚水が流入していない時間帯に移送水量を確認するためには、ポンプを稼働した状態とし、流量調整槽の水位の差とポンプの稼働時間から移送水量を計算する。
(4)移送水量の設定が適切であれば、流入汚水量が多い時間帯においても、流量調整槽の水位は低くなる。
(5)三角せきにおいて、せき高が同じ場合、せきの角度が大きいほど移送水量は多くなる。

正答 ➠   
 流量調整槽の機能は、流入量が多い時は、水位が上昇することでピークを吸収するものである。
 
 
問題 55接触ばっ気槽の逆洗時期の判断に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)接触ばっ気槽内の各部位のDOに大きな差が認められる。
(2)槽内水のpHの低下が認められる。
(3)接触材の保持汚泥の大部分に黒色化が認められる。
(4)槽内水位に大きな変化(上昇)が認められる。
(5)槽底部に多量の汚泥の堆積が認められる。

正答 ➠   
 接触材が閉塞すれば、有効容量は見かけ減少し、滞留時間が短くなる。従って、硝化反応は進行しにくくなり、pHは低下しない方向になる。
 
 
問題 56下図のフローに示す長時間ばっ気方式の浄化槽において、汚泥返送率を200%とした場合の汚泥計量装置のせき高として、最も適当な値は次のうちどれか。なお、せき高と流量との関係は、下表のとおりである。

正答 ➠   
 汚泥返送料量は流入汚水の200%、つまり2倍。時間当たりなら 73.5m3/日×2÷24=6.125m3/時。表から、せき高は 8.5cmとなる。
 
 
問題 57ばっ気槽内のMLSSが上昇したため、返送汚泥の一部を引き抜いて適正量に調整する場合、引き抜き汚泥量として最も適当な値は次のうちどれか。
 
〔条件〕
  ばっ気槽容量 : 400 m3
  返送汚泥のSS : 10,000 mg/L
  ばっ気槽のMLSS : 引き抜き前 5,500 mg/L
ばっ気槽のMLSS   : 引き抜き後 2,000 mg/L

(1)  60m3
(2)100m3
(3)140m3
(4)180m3
(5)220m3

正答 ➠   
 引く抜かれた汚泥量(質量)は、400m3×(5500-2000)÷1000=1400g。この汚泥量を返送汚泥から引く抜くので、1400÷(10000/1000)=140m3 となる。単位のmg/Lはg/m3 と同じなので、読み替える。
 
   
問題 58回転板接触方式の点検項目とその確認内容に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
    点検項目        確認内容
(1)槽内水のSVI回転板の適切な円周速度
(2)付着生物膜の厚さ流入BODの過大な負荷
(3)付着生物膜の色槽内水のDO不足や通気不良
(4)電流値モータの過大な負荷
(5)槽内水の透視度はく離汚泥の生成状況

正答 ➠   
 SVIは活性汚泥の沈降性を示す指標なので、回転板の円周速度云々とは無関係
 
 
問題 59生物膜法に設置されたホッパー型沈殿槽の汚泥移送ポンプの運転に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)沈殿槽底部に汚泥が長時間滞留するとスカムになるおそれがあるので、1日に何回かに分けて移送する。
(2)移送汚泥の濃度が低下したらポンプの運転が停止するように、ポンプの1回当たりの稼働時間を設定する。
(3)接触ばっ気槽の逆洗実施後しばらくの期間は、ポンプの1日当たりの稼働回数を少なくするとともに1回当たりの稼慟時間を短くする。
(4)ポンプの稼働時刻は、できるだけ流入汚水量の少ない時間帯に設定する。
(5)エアリフトポンプを用いる場合は、空気抜きから汚泥が吹き出さないように空気供給量を調整する。

正答 ➠   
 逆洗したということは、反応槽に浮遊する汚泥が一時的に上昇している状態。なので、エアリフトの稼働回数を増やすか、1回当たりの稼働時間を長くする。
 
 
問題 60汚泥濃縮貯留槽の保守点検作業に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)スカム及び堆積汚泥の厚さの測定
(2)脱離液の嫌気状態をORP計で測定
(3)清掃時期の判断
(4)撹拌用散気装置を稼働させる必要性の検討
(5)沈殿槽からの汚泥の移送時刻や移送量の調整

正答 ➠   
 すでに汚泥濃縮貯留槽内は嫌気的な雰囲気だが、その嫌気状態を測定しても意味が無い。