問題41〜50

 
問題 41浄化槽の図面に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)すべての図面を1枚にまとめるのは困難であるため、用途によって種々の図面を用意する。
(2)寸法をミリメートル単位で記入した場合は、単位記号を付けなくてもよい。
(3)角度の表示に用いられる正接とは、斜面の長さに対する垂直の長さの比をいう。
(4)尺度には、縮尺、現尺、倍尺があり、同一図面で異なる尺度を用いてもよい。
(5)同じ形の形体が繰り返される場合には、途中の形体を省略することができる。

正答 ➠   
 正接なんていつ習ったことやら。tanのことで、非直角部の角度θについて、θの隣辺(接する辺)とθの対辺(正対部)の比。
 
 
問題 42配管図に用いられる流体の種類を表す名称とその図示記号に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。

正答 ➠   
 配管記号はいろいろ種類があるので、なかなか難しい。通気管は − − − − − − −  点線である。
 
 
問題 43電気関係の製図に用いられる図示記号と機器の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。

正答 ➠   
 (1)は各種遮断器で、スイッチは × がない。
 
 
問題 44下図に浄化槽の断面図を示す。この浄化槽のB-B’断面図を作製するとき、破線(.........)で表さなければならない構成部品として、最も適当なものは次のうちどれか。

(1)薬剤筒
(2)マンホール
(3)汚泥移送管
(4)逆洗管
(5)散気管

正答 ➠   
 逆洗管は接触材の下にあるので、見えない、だから破線で描く。というのは間違ってはいないが、もう数十年も昔から、現場では「破線は使うな」という指導もあることは覚えておいて欲しい。その場合はなるべく断面図で表現する。
 
 
問題 45配管部品と図示記号(空気調和・衛生工学会規格SHASE-S 001-2005)との組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。

正答 ➠   
 流量計はフローメータなので、Fが入る。一般に、(3)の記号のTをFにしたもので表す。
 

問題 46浄化槽の工事に係る用語と解説の次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
   用 語           解 説
(1)地縄張り工事着工の最初の作業で、建築予定地に縄を張って設計図どおりに建物の配置を決めていく作業のこと。
(2)やり方(遺方) 建物の位置、高さなどを表示するための仮設物。
(3)くい地業掘削工事において、まわりの地盤が崩れないよう、矢板等で土を押さえること。
(4)開削工法地表から掘削を行っていく工法。
(5)玉掛けクレーンなどに物を掛け外しする作業のこと。

正答 ➠   
 くい(杭)は地盤が弱い時に打ち込むもの。問題文は「土留」のことを書いている。
 
 
問題 47工場生産浄化槽の埋め戻し工事における注意点に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)埋め戻す前に、本体内部に土砂が入らないように開口部を蓋等で覆う。
(2)据削土が良質の場合は、埋め戻し土として使用してもよい。
(3)途中で何度も水をまき、水締めを行って埋め戻し土の内部に空隙が生じないようにする。
(4)埋め戻しと並行して槽内に水を張り、槽本体が破損しないようにする。
(5)浄化槽本体の近傍では、機械を使用しないで慎重に埋め戻す。

正答 ➠   
 埋め戻しをしてしまうと、本体の漏水が発見できない。水張り試験は重要なので、水張り試験⇒埋戻し の順
 
 
問題 48宅地内の排水管の施工に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)建物内へ臭気が侵人することを防ぐため、排水管の途中の升はトラップ升とする。
(2)排水管の設置場所は、できる限り最短距離となるように決定するが、床下など管理のし難い場所は避けなければならない。
(3)浄化槽には台所、洗面所等からの雑排水も併せて流入させるが、雨水は別の排水系統とし、誤接合がないよう注意する必要がある。
(4)浄化槽の位置、放流先の水位等から十分な管の勾配が得られるかどうかを確認する。
(5)排水管の管径や勾配については、固形物の沈降分離が生じないよう十分な流速が得られることが必要である。

正答 ➠   
 排水管の途中の升はトラップ升にしてはいけない。通常はS字トラップを設置する。洗面ボールの下にあるので、見ておくとよい。
 
 
問題 49浄化槽の工事の記録に必要な写真として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)基礎工事の状況
(2)深埋めの状況
(3)内部設備の状況
(4)埋め戻しの際の水平確認の状況
(5)ブロワ空気量の調整の状況

正答 ➠   
 ブロワ空気量の調整具合は、写真では表現できない。
 
 
問題 50浄化槽の浮上防止対策を示す下図において、ターンバックルを示す箇所として、最も適当なものはどれか。


正答 ➠   
 ターンバックルは(3)のこと。ロッドのネジが互いに逆向きに切ってあるので、ターンバックルを回すと、締め上がる。