問題21〜30

 
問題 21固液分離に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)固液分離の方法には、沈殿分離、ろ過、膜分離等がある。
(2)沈降分離において、固形物は粒径が大きいほど、また、比重が大きいほど沈降しやすい。
(3)粒子が沈降すると水との摩擦が生じるが、その摩擦力は上向きに働く。
(4)ろ過において、浮遊物質より粒径の小さいコロイド粒子や溶解性物質などは除去されにくい。
(5)精密ろ過膜は、栄養塩類のような溶解性物質も除去できる。

正答 ➠   
 精密ろ過膜も原理は「ろ過」。だから、溶けているものは除去できない。すぐ上の(4)にも書いてある。
 
 
問題 22下図は単位装置を組み合わせた汚水処理のフローである。Aは固形物の分離操作、Bは微生物の集合体により大きな固形物に変換する操作、Cは処理水を安全にするための消毒操作である。この図に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

(1)A-1の分離操作は、Bの生物化学的作用を容易にすることを目的とする。
(2)Bの操作には、A-2の分離操作を容易にする役割もある。
(3)一般にBとA-2の操作の組み合わせを、二次処理という。
(4)汚水を処理すると、A-1、B及びA-2では、汚泥が増加・蓄積する。
(5)Cの操作によって、処理水中のすべての微生物は死滅する。

正答 ➠   
 消毒ですべての微生物が死滅する訳ではない。クリプトスポリジウムなどは死なない。でも、問題文中の、「Bは微生物の集合体により大きな固形物に変換する操作」という文章の中の「変換」という言葉使いは気になる。
 
 
問題 23A槽、B槽からなる水処理装置のフローシートは、下図のとおりである。この水処理装置全体(A槽十B槽)の滞留時間として、正しい値は次のうちどれか。

(1)12時間
(2)16時間
(3)20時間
(4)24時間
(5)36時間

正答 ➠   
 流入量は10m3/日で、A槽B槽の合計容量は5m3+5m3で10m3。滞留時間は槽容量÷日流入量=1日。つまり24時間となる。
 
 
問題 24生物処理に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)有機物質が微生物体に合成される割合は、好気性代謝で小さく、嫌気性代謝で大きい。
(2)汚水中の炭水化物は、硝化細菌によって二酸化炭素や水などに分解される。
(3)好気性代謝では、アンモニアは窒素ガスに分解される。
(4)嫌気性代謝では、有機物質は最終生産物として硫化水素、二酸化炭素メタンなどに分解される。
(5)生物脱リン法では、嫌気状態でリンを汚泥内に蓄える。

正答 ➠   
 (1)は大小が逆。(2)は硝化細菌がNG。(3)は亜硝酸、硝酸になる。(5)は好気状態で取り込む。
 
 
問題 25活性汚泥の回分培養実験を行ったところ、下図に示すように、活性汚泥の増殖と溶解性全窒素の減少が観察された。槽内への活性汚泥投人量を0.565gとすると、培養後の活性汚泥の窒素含有量として正しい値は次のうちどれか。
 ただし、炭素、水素、窒素、酸素の原子量はそれぞれ 12、1、14、16 とし、活性汚泥の組成は C5H7N02 (原子量の合計は113)とする。なお、脱窒作用による窒素の減少はなく、活性汚泥の死滅は考えないものとする。
(1)  28 mg
(2)  70 mg
(3)  98 mg
(4)130 mg
(5)158 mg

正答 ➠   
 活性汚泥の分子量113で窒素は14、0.565g(565mg)の汚泥に窒素は565×14÷113=70mg含まれていた。培養液の中で減少した窒素(22-15)×4L=28mgはそのまま汚泥に取り込まれているから、窒素含有量は70mg+28mg=98mgとなる。
 難しそうにみえる問題だけど、簡単な計算で済む。
 
 
問題 26処理対象人員30人の共同住宅において、ピーク係数がPのときの原水ポンプ槽の必要容量(m3)を表す式として正しいものは次のうちどれか。
 ただし、1人1日当たりの汚水量を200 L とし、原水ポンプ槽の必要容量は時間最大汚水量の30分間分とする。
 
(1)P÷10
(2)P÷8
(3)P÷6
(4)P×0.2
(5)P×0.6

正答 ➠   
 30人×0.2×Pがピーク汚水量、この30分間分だから、30×0.2×P÷(60×24)×30=P÷8 となる。それにしてもP÷8の表現はいかがなものか。技術者なら、ここは 0.125P と書くだろう。
 
 
問題 27オキシデーション・ディッチ方式に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)好気ゾーンと嫌気ゾーンを形成することができる。
(2)水深が深いので設置面積が小さくてすむ。
(3)循環水路なので沈殿槽を必要としない。
(4)窒素及びリンは除去できない。
(5)流速を10cm/秒未満に保って運転する。

正答 ➠   
 受験する人で、オキシデーション・ディッチ方式を見たとか、管理した方はいるのだろうか。多分いないでしょうね。それほど昔の方式です。(2)から(5)は記述がすべて逆だ。
 
 
問題 28生物学的硝化脱窒法に関する次の文章中の[  ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 ウールマン方式とは[(1) 脱窒細菌]が[(2) アンモニア]を還元するため、[(3) 硝化液]中の残存有機物質の利用に加えて[(4) 細胞内物質]を[(5) 内生呼吸]により効果的に利用し、脱窒を行う方法である。


正答 ➠   
 ウールマン方式なんて難しいけど、アンモニアを還元して脱窒するなんてないから(2)が間違いになる。そもそも、化学的にはアンモニアは還元剤として作用することもある。つまりアンモニアそのものは酸化されるということ。
 
 
問題 29隔膜電極法の溶存酸素計に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)ポーラログラフ方式あるいはガルバニ電池方式が用いられている。
(2)電極は、隔膜、カソード、アノード、電解液から構成されている。
(3)隔膜は、イオンを選択的に透過する。
(4)隔膜の材質は、一般的にポリエチレンやテフロンである。
(5)電解疲中に拡散した酸素量に応じて発生した電流を側定する。

正答 ➠   
 隔膜はイオンではなく、溶けている酸素(溶存酸素)を選択的に透過させる。
 
 
問題 30浄化槽の管きょ設備に関する次の文章中の[  ]内にあてはまる数値の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。
 
 流入側の点検升の内径は原則[ ア ]cm以上であるが、点検や清掃に支障が生じるおそれがない場合、内のりで[ イ ]cm以上の円形または角形にすることとされている。点検升は[ ウ ]度以上の屈曲点や[ エ ]系統以上の排水管の合流点、及び直線部分においても管径の[ オ ]倍を超えない範囲で設けることとなっている。

   ア  イ  ウ  エ  オ
(1)30  15  45  2  120
(2)45  30  60  2  100
(3)45  30  60  3  100
(4)30  15  60  3  100
(5)45  30  45  2  120

正答 ➠   
 アは30cm以上、オの120倍を超えない・・・この二つで(1)に行き着く。