問題81〜90

 
問題 81大腸菌群に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)好気性または通性嫌気性の短桿菌である。
(2)グラム染色で陰性を示す。
(3)乳糖を分解してメタンガスと酸を生成する。
(4)芽胞を形成しない。
(5)糞便性の大腸菌群と非糞便性の大腸菌群がある。

正答 ➠   
 大腸菌群にはメタンガスを生成する能力はない。
 
 
問題 82現場における水質測定に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)温度計は、通常、アルコール温度計または電子温度計を用いる。
(2)試料の外観は、採水直後の試料を白紙または黒紙上で透視して評価する。
(3)残留塩素は、DPD法で測定する。
(4)透視度計は、透明な円筒状容器の底部に十字(一重線)の標識板を付けている。
(5)pH測定用のガラス電極は、測定後、水に浸して乾燥しないように保管する。

正答 ➠   
 透視度計の底の標識板は「十字の二重線」である。
 
 
問題 83総アルカリ度に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)水中の全アルカリ成分を、これに対応する水酸化ナトリウムの濃度で表したものである。
(2)測定にはフェノールフタレイン指示薬を用いる。
(3)N03-からN2への変化により、アルカリ度は減少する。
(4)NH4+からNO3-への変化により、アルカリ度は増加する。
(5)凝集剤として硫酸バンドを添加すると、アルカリ度が消費される。

正答 ➠   
 硫酸バンドは酸性でアルカリを消費する。なので、凝集沈殿法ではpH調整は必須。
 
 
問題 84水平断面積が3.5m2の直方体の原水ポンプ槽で、測定開始時の水位が1.5m、60分後の水位が2.5m、この間の原水ポンプ槽からの流出水量が2.5m3の場合、流入汚水量として正しい値は次のうちどれか。
 
(1)1.0 m3/時
(2)2.0 m3/時
(3)4.0 m3/時
(4)6.0 m3/時
(5)8.0 m3/時

正答 ➠   
 ポンプ槽内の水位変化は、2.5-1.5=1.0m、水量は3.5×1.0=3.5m3増加。ポンプによる排出量は2.5m3だから、流入汚水量は 3.5+2.5=6.0m3
 
 
問題 85浄化槽放流水に関する1日の平均水質を知りたい場合、混合試料を用いることが最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)BOD
(2)残留塩素
(3)アンモニア性窒素
(4)全リン
(5)n-ヘキサン抽出物質

正答 ➠   
 塩素イオンとは違って残留塩素は非常に不安定なので、時間をおくことができない。
 
 
問題 86戸建て住宅に設置された浄化槽における試料の採取に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)各単位装置流出水の採取は、フローシートに従って流入側から放流側への順に行う。
(2)1日1回の試料採取の場合は、汚水の最大流入時に行うことが望ましい。
(3)汚水の排出が無い場合は、流入管きょ途中の升に水道水を流入させることにより、槽内に水が流れている状態を再現した上で採取する。
(4)採水器を用いるとSSが微細化することがあるため、ひしゃくを用いることが望ましい。
(5)試料以外の水との混合を避けるため、細菌試験に供する試料を除いて、容器を試料水で2〜3回共洗いしてから採取を行う。

正答 ➠   
 後ろから採水する。採水の都度、用具を洗浄するので、薄いほうから採水した方が合理的だ。
 
 
問題 87BODに関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)SS濃度によりBOD値は変化しない。
(2)水質汚濁防止法における特定施設では、放流水のBOD負荷量を測定しなければならない。
(3)ATU-BODは、BODより高い値を示す。
(4)検水中に存在する硝化菌は、BODの測定に影響を及ぼさない。
(5)残留塩素は、BOD測定に影響を与える。

正答 ➠   
 BOD測定は、あくまでも生物の呼吸を測定するものなので、残留塩素があると、生物量が減少してしまって、消費酸素量が小さく出る。
 
 
問題 88pHの評価に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)生物処理に関与する多くの微生物の最適pHは、中性付近である。
(2)流入汚水のpHは、排出源の直接の影響を受けるため、大きく変動することがある。
(3)一次処理装置流出水では、アンモニアの溶出によりpHが上昇することがある。
(4)二次処理装置において硝化が進行しない場合には、pHの大きな低下は認められない。
(5)ばっ気槽内水に比べて沈殿槽流出水のpHが上昇した場合には、沈殿槽において有機酸の蓄積が進行したものと考えられる。

正答 ➠   
 pHの上昇は沈殿槽の中で脱窒反応が起こっているためと考えられる。死水域があるのだろう。
 
 
問題 89下図は、一次処埋水と二次処理水の混合比率を変えて調製した試料について行った塩素添加量と残存している大腸菌群数の関係を示す実験結果である。この結果に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 

(1)一次処理水の混合比率が高くなると、残留塩素が検出されはじめる際の塩素添加量は多くなる。
(2)二次処理水の混合比率が高くなると、塩素を添加しない時の大腸菌群数は多くなる。
(3)残留塩素が検出されはじめた時の大腸菌群数は、101〜103個/mL程度である。
(4)残留塩素が検出されはじめた時の大腸菌群数の除去率は、90%以上である。
(5)混合比率が一定の場合、塩素添加量が高いほど残存する大腸菌群数は少なくなる。

正答 ➠   
 どう考えても、二次処理水(きれいな水)の方が多ければ大腸菌群数は少なくなる。
 

問題 90みなし浄化槽に関する次の文章中の[  ]内に入る語句の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。
 
  [ ア ]は微生物作用によって変化を受けないので、水洗便所における希釈倍率を算定するのに用いることができる。装置の容量は、[ イ ]を標準として決定されており、希釈倍率が大きいとばっ気室における滞留時間が[ ウ ]なり、処理水のBODが高くなる可能性がある。

 ア      イ     ウ
(1)塩化物イオン 50倍希釈  短く
(2)塩化物イオン 20倍希釈  長く
(3)塩化物イオン 20倍希釈  短く
(4)硝酸性窒素  20倍希釈  長く
(5)硝酸性窒素  50倍希釈  短く

正答 ➠   
 単独浄化槽を管理していないと難しいかもしれない。微生物作用で変化しないのはアの塩化物イオン。