問題71〜80

問題 71モータの異常とそめ原因に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
  モータの異常       原 因
(1)起動しないコンデンサーの不良
(2)回転方向が逆固定子と回転子の接触
(3)モータの振動主軸の曲がり大
(4)モータの加熱電圧降下
(5)軸受けの加熱ベルトの張り過ぎ

正答 ➠   
 回転方向が逆の場合は結線が間違っている。三相なら、どれか2本を入れ替えればいい。
 
 
問題 72FRP製浄化槽本体の浮上事故に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)地下水位が浄化槽の底部より高い位置にある場合、浮力が作用する。
(2)浄化槽が満水時であれば浮上することは少ない。
(3)清掃時に浄化槽が一時的に空になると浮上することがある。
(4)浮上防止対策として、支柱工事を行う。
(5)浄化槽の浮上に伴い、配管が破損することがある。

正答 ➠   
 支柱工事は確かに浮上防止対策ではなく、浄化槽上部が駐車場になる時などに行われる工事であるが、東日本大震災の経験では、支柱がある浄化槽は、液状化の際に浮上し難いことが分かっている。
 

問題 73ばっ気槽の溶存酸素に関する次の文章中の[   ]内に入る語句の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。
 
 浄化槽におけるばっ気槽の溶存酸素濃度は、標準として[ ア ]mg/L以上とされている。ただし、流入汚水の水量が少ない、流入BOD濃度が[ イ ]、排水の原単位が[ ウ ]に設定されたなど、流入汚水のBOD負荷が[ エ ]場合、沈殿槽における汚泥の沈降性を維持するためばっ気槽の溶存酸素濃度が[ ア ]mg/L以下となるようなばっ気撹拌を行うときもある。

   ア    イ   ウ    エ
(1)1.0  低い  過大  低い
(2)0.5  低い  過大  低い
(3)1.0  高い  過小  低い
(4)1.0  高い  過大  高い
(5)0.5  高い  過小  高い

正答 ➠   
 DOを低く抑えた運転が書いてあるので、基本的に流入負荷が低くなる時の状況である。
 
 
問題 74浄化槽に流入するトイレットペーパー、便座クリーナー、乳児のおしり拭きなどに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)トイレットペーパーの使用量が多い場合、BOD負荷量に影響を及ぼすことはないが、SS負荷量に影響を及ぼすことがある。
(2)便座クリーナーの流入量が多い場合、ばっ気室内液などのpHに影響を及ぼすことがある。
(3)乳児のおしり拭きの流入量が多い場合、ばっ気室内液などで発泡現象が認められることがある。
(4)トイレットペーパーなどの固形物状のものの流入量が多い場合、接触材や散気装置に絡みつき、室内液の旋回流に影響が認められることがある。
(5)トイレットペーパーなどの固形物状のものの流入量が多い場合、ろ材押さえ面や移流口などが閉塞し、異常な水位上昇の原因となることがある。

正答 ➠   
 ばっ気室とあるので、これは「みなし浄化槽」である。もともとSS負荷量という概念は聞いたことがないが、トイレットペーパーの使用量が大きいと、清掃期間が短くなるのは確実。これを「影響なし」とすることができるのか、私には分からない。
 
   
問題 75浄化槽の使用実態と管理技術に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)接触ばっ気槽のBOD負荷が高い場合、空気供給量を減らし、生物膜の過剰肥厚を抑制する。
(2)回転板接触槽のBOD負荷が高い場合、回転速度を下げ、生物膜の脱落を促進させる。
(3)ばっ気槽のBOD負荷が低い場合、間欠ばっ気を導入し、汚泥の解体を抑制する。
(4)生物ろ過槽のBOD負荷が高い場合、逆洗頻度を減らし、逆洗時間を短くして対応する。
(5)担体流動槽のBOD負荷が低い場合、空気供給量を増やし、ばっ気時間を短縮して対応する。

正答 ➠   
 これ以外は、対策が全て逆になっている。
 
 
問題 76住宅団地に設置された処理対象人員1,000人の長時間ばっ気方式の浄化槽において、水量100m3/日、BOD濃度220 mg/L の汚水が流入している。流入汚水のpH8.0、ばっ気槽のpH5.5で、沈殿槽流出水のpH6.0であった。ばっ気槽の活性汚泥を1Lのメスシリンダーに入れSV30を測定しその後、点検、保守作業を行っていたところ、一旦沈んだ活性汚泥が浮上するのが観察された。本浄化槽に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)流入BOD負荷が低い。
(2)ばっ気槽で脱窒反応が進行している。
(3)メスシリンダー内で汚泥が浮上した原因はメタンガスである。
(4)沈殿槽内で硝化が進行している。
(5)沈殿槽においてスカムが発生しており、その原因は硫化水素ガスである。

正答 ➠   
 1,000人なら設計流入量は1000×0.2=200m3/日。実際は100m3/日で設計値の半分。つまり負荷が極めて低く、pHが低いことからも硝化が進んでいることが分かる。
 
 
問題 77浄化槽の作業者の衛生・安全対策に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)手指の消毒は、感染予防に有効である。
(2)浄化槽の現場では、アルコール系の消毒剤が有効である。
(3)消毒前によく汚れを落とすことは、消毒効果を確実にするために有効である。
(4)紫外線消毒は効果的であり、現場での使用が奨励されている。
(5)作業内容によっては、使い捨ての手袋が使用される。

正答 ➠   
 紫外線殺菌は現場には不向き。肌、眼にもよくない。
 
   
問題 78手足がぬれているため人体の電気抵抗が2,000Ωに下がっていた場合、感電して致死電流に達する電圧として、正しい値は次のうちどれか。ただし、致死電流は50mAとする。
 
(1)  40 V
(2)  70 V
(3)100 V
(4)200 V
(5)300 V

正答 ➠   
 オームの法則 I×R=E から、0.05×2,000=100V
 
 
問題 79作業環境の安全対策に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)酸素欠乏症は、空気中の酸素濃度が低下し、肺における酸素と二酸化炭素の交換が困難となることによるものである。
(2)酸素欠乏症による筋力低下やめまい等により転落、転倒事故を生じることがある。
(3)作業環境は、酸素濃度18%以上、硫化水素濃度10 ppm 以下でなければならない。
(4)硫化水素が発生する作業環境では、転落防止設備の腐食、破損等にも注意が必要である。
(5)酸素欠乏症の保護具として、防毒・防じんマスクが有効である。

正答 ➠   
 防塵・防毒マスクでは酸素不足にまったく対応できない。
 
 
問題 80蚊の吸血行動に伴って媒介される感染症として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)日本脳炎
(2)日本紅斑熱
(3)ライム病
(4)つつが虫病
(5)赤痢

正答 ➠   
 昔、学校で習った「日本脳炎」。コガタアカイエカ だったか。