問題51〜60

問題 51使用開始直前における浄化槽本体内部の状況の確認について、その内容とそれに関連する事項の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
     内 容                        事 項
(1)水平の保持の確認水準目安線
(2)ばっ気撹拌状況の確認消泡性能
(3)汚泥移送装置の稼働状況の確認移送量の調整機能
(4)逆洗装置の機能の確認気泡の発生状況
(5)スロット型沈殿槽における沈殿汚泥の移送機能の確認接触ばっ気槽内の流れの状況

正答 ➠   
 これは落とせない、とても簡単な問題。
 

問題 52通常の保守点検作業に必要な器具機材に関する次の記述のうち、不適当な選択肢の数はいくつか。
 
ガス中毒や酸素欠乏、感電などに対する衛生安全用具は、事前に用意しておく。
器具機材は、日頃から運搬がしやすいようにその種類や数を確認し、整理整頓をしておく。
pH計や溶存酸素計などの機材は必要に応じて校正し、使用可能な状態にしておく。
器具機材は、常に補給や修理を行って使用可能な状態にしておく。

(1)0
(2)1
(3)2
(4)3
(5)4

正答 ➠   
 どれも、もっともな記述で、全て正しい。ゼロなんて無い、と思わないように。
 
 
問題 53スクリーンの保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)スクリーンが閉塞すると、水路内の流入汚水はオーバーフローし、夾雑物の除去が行われなくなるので、し渣は確実に取り除く。
(2)自動掻き上げ式スクリーンでは、駆動部分に異常音や振動がないことを確認する。
(3)流量調整槽の前段に設置された微細目スクリーンでは、後段に設置されている場合に比べ、し渣発生量は少ない。
(4)ばっ気型スクリーンでは、散気装置のばっ気状況を確認し、スクリーンが閉塞していないことを確認する。
(5)スクリーンし渣は、長時開放置すると悪臭を発生し、不衛生となるので頻繁に処理する。

正答 ➠   
 流量調整槽内で、空気により撹拌され、粉砕もするので、前段より後段の方がし渣量は少ない。
 
 
問題 54沈殿分離室のスカム及び汚泥の堆積状況が下図のようになっている場合、考えられる事柄として、最も適当なものは次のうちどれか。
 

(1)汚水が一時的に多量に流入するときにみられる現象である。
(2)接触ばっ気室からのはく離汚泥の移送量が過剰なときにみられる現象である。
(3)流入汚水の水量の日変動やSS濃度に関係なく発生する現象である。
(4)適正な使用人員で使用され、室内の流速が適正であるときにみられる現象である。
(5)直ちに清掃が必要なときにみられる現象である。

正答 ➠   
 管理士の問題としてふさわしい問題。これが分かると沈殿分離槽の機能が理解できたことになる。
 
 
問題 55嫌気ろ床槽第1室の水位が上昇した場合、最も考えにくい原因は次のうちどれか。
 
(1)流入汚水の時間最大汚水量が著しく多い。
(2)ろ材押えの網の部分に夾雑物が多量に堆積している。
(3)ろ材内部の汚泥保持量が著しく多い。
(4)流出部の堆積汚泥厚が著しく増加している。
(5)スカムが多量に生成している。

正答 ➠   
 嫌気濾床槽の水位が上昇することは、濾材の抵抗が大きいということ。浮いたスカムは濾材抵抗の上昇には繋がらない。
 
 
問題 56接触ばっ気槽の稼働状況に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)撹拌に重点をおいて空気供給量を決定するため、DOは高い値を示すことが多い。
(2)DOは、水温の低い時期に高く、水温の高い時期に低い値を示すのが一般的である。
(3)はく離汚泥は沈降性がよく、沈殿槽において固液分離が期待できるため、浮遊汚泥の増加は処理水質に影響を及ぼさない。
(4)流速が速くても、その流速が一定に保たれていれば、生物膜が生成する。
(5)黒色がかった生物膜が多量に採取される部位が多いほど、閉塞部分が多いと判断できる。

正答 ➠   
 浮遊汚泥の増加と、剥離汚泥は別物で、高負荷時等に増加する浮遊汚泥は、沈降性が悪い。
 
 
問題 57接触ばっ気槽の後に設置されたホッパー型沈殿槽の保守作業に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)槽内水位の高さの調整
(2)スカムスキマの吸い込み口の位置の調整
(3)汚泥移送ポンプの稼働時間の調整
(4)越流せきの水平の調整
(5)集水樋内の付着物の除去

正答 ➠   
 沈殿槽では基本的な水位を調整することはない。越流せきの水平調整程度しかできない。
 
 
問題 58担体流動槽と沈殿槽を組み合わせた小型浄化槽の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)担体の流動状況を点検するとともに、底部付近に停滞しているものがないかを棒等を用いて定期的に確認する。
(2)担体が衝突しながら成長する生物膜は、比較的強固に肥厚化するため、定期的に空気量を増大させて、生物膜の脱落を促進する。
(3)担体流動槽から沈殿槽への移流部に設けられた担体流出防止用ネットは、定期的にブラシで洗浄する。
(4)担体流動槽または沈殿槽に設けられた循環装置は、はく離汚泥の移送に重要であるため、定期的に配管系統の洗浄及び水量の調整を行う。
(5)沈殿槽にスカムが多量に生成された場合には、スカムを移送するとともに、底部の汚泥蓄積状況を点検し、蓄積汚泥の移送を行う。

正答 ➠   
 担体同士が衝突するので、生物膜は決して厚く成長しない。
 

問題 59活性汚泥法のMLSS濃度に関する次の文章中の[   ]内の数値の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。
 
 保守点検の技術上の基準では、ばっ気槽等のMLSS濃度が適正に保持されるようにすることと規定されており、処理方式別のMLSS濃度は、長時間ばっ気方式及び循環水路ばっ気方式の場合[ ア ]mg/L、標準活性汚泥方式及び分注ばっ気方式の場合[ イ ]、汚泥再ばっ気方式の場合、ばっ気タンクについては[ ウ ]mg/L、汚泥再ばっ気タンクについては[ エ ]mg/Lにそれぞれ保持されるにとが望ましいとされている。
     ア         イ         ウ        エ
(1)3,000〜6,0001,000〜3,0001,000〜3,0003,000〜6,000
(2)1,000〜3,0003,000〜6,0003,000〜6,0006,000〜10,000
(3)6,000〜10,0003,000〜6,0003,000〜6,0001,000〜3,000
(4)3,000〜6,0001,000〜3,0001,000〜3,0006,000〜10,000
(5)3,000〜6,0006,000〜10,000 6,000〜10,0001,000〜3,000

正答 ➠   
 覚えるしかないが、せいぜい汚泥再ばっ気方式の汚泥再ばっ気タンクは、沈殿汚泥をばっ気するので、濃度が非常に高い!程度から他を消していく。
 
 
問題 60長時間ばっ気方式の沈殿槽から汚泥が流出する原因を調べるにあたり、最も不適当な点検項目は次のうちどれか。
 
(1)流入汚水量
(2)流量調整槽の移送ポンプの1日の稼働時間
(3)ばっ気槽のSV30
(4)ばっ気槽のMLSS濃度
(5)ばっ気槽のORP値

正答 ➠   
 汚泥が沈殿しないような流入量や、沈殿しにくい汚泥になっていないかを点検する。ORPは槽内の酸化・還元状態、言い換えれば、好気状態か嫌気状態かをチェックするもの。