問題41〜50

問題 41浄化槽に用いられる次の名称(ア〜オ)で示されている図面のうち、電気系統の図面をすべて挙げている組み合わせはどれか。
 
構造詳細図
単線結線図
水位高低図
配管系統図
動力設備図
 
(1)ア、オ
(2)イ、エ
(3)エ、オ
(4)ア、イ
(5)イ、オ

正答 ➠   
 構造、水位、配管は、どう考えても電気工事には無関係。
 
 
問題 42下図において線の使用方法が誤っているものは次のうちどれか。
 
(1)ハッチング(実線)
(2)寸法補助線(実線)
(3)寸法線(1点鎖線)
(4)想像線(2点鎖線)
(5)外形線(実線)

正答 ➠   
 寸法線は1点鎖線ではなく、細い実線を使う。なお、断面を示すハッチングは、分かり難くなる場合があるため、かなり昔からハッチングを入れない断面図を採用している企業も多い。
 

問題 43配管材料の名称と図面記号の組み合わせとして、誤っているものは次のうちどれか。
 
  配管材料の名称       図面記号
(1)鋼管 ―――――――――KP
(2)ステンレス鋼管 ――――SUP
(3)硬質塩化ビニル管 ―――VP
(4)ポリエチレン管 ――――PEP
(5)コンクリート管 ――――CP

正答 ➠   
 配管記号は多種の分類があるので非常に悩ましい。鋼管だからGPなのか。いずれにしろ、KPから鋼管は思いつかない。
 
 
問題44 下図に示した浄化槽の断面図に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 

(1)嫌気ろ床槽第1室は下向流、嫌気ろ床槽第2室は上向流である。
(2)嫌気ろ床槽第2室に流量調整部が設けられている。
(3)流量調整ポンプと放流ポンプが設置されている。
(4)沈殿槽の上部にろ過部が設けられている。
(5)逆洗装置は2か所に設けられている。

正答 ➠   
 この図に「沈殿槽」がないのは意図したことか? その効果は別として、上部にある担体が濾過効果を持っているのだろう。
 
 
問題 45升の名称と図示記号(空気調和・衛生工学会規格SHASE-S 001-2005)との組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 

(1)雨水ます
(2)ためます
(3)浸透ます
(4)トラップます
(5)公共ます

正答 ➠   
 図示記号等はこの問題のように、どの学会(協会)の規格かが書いてあるといい。3の図は格子ます。
 
 
問題 46浄化槽工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)釜場排水工法は、掘削が深くなると、のり面崩壊の原因となることがあるので注意する。
(2)ウエルポイント工法は、透水性の良い地質に適している。
(3)切りばりには、強い曲げ応力が作用しないような構造とする。
(4)掘削期間中は、くい打ち等の振動をさける。
(5)くい打ち工事は、特定建設作業に指定されている。

正答 ➠   
 透水性がよければ、真空ポンプで水を吸い出すようなことはしなくても地下水は自然に出てくる。
 
 
問題 47工場生産浄化槽の試運転に至るまでの一般的な工事の手順を示した下図において、順序が逆転しているすべての組み合わせは次のうちどれか。
 

(1)aとb、cとd
(2)aとb、fとg
(3)aとb、gとh
(4)cとd、fとg
(5)cとd、gとh

正答 ➠   
 基礎工事してから底版コンクリート。水張りは埋め戻し前にやって本体からの漏水を確認する。
 
 
問題 48特殊工事とその内容を示す下図において、施工内容が最も不適当な工事は次のうちどれか。
 


正答 ➠   
 排水パイプは上部のピットから抜き出す。でないと、雨水が浄化槽に入り込む。
 
 
問題 49ブロワの据え付けに関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)設置者がブロワの異常音に気づくように、寝室に近い静かな場所に設置する。
(2)ブロワと浄化槽の距離が近いとブロワの吐出空気量が過剰になるため、10m以上離して設置する。
(3)ブロワは温度低下に弱いため、直射日光があたる場所に設置する。
(4)ブロワに雨があたらないように、床下に設置する。
(5)ブロワは軽量ブロックの上ではなく、コンクリート基礎の上に設置する。

正答 ➠   
 簡単にこれにたどりつくはず。ブロワの問題は落とさない。
 
 
問題 50浄化槽の施工状況の確認に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)起点、屈曲点、合流点など、適切な位置に升が設置されていることを確認する。
(2)生活排水はすべて接続され、雨水は接続されていないことを確認する。
(3)ブロワからの配管系統が2系統の場合、それぞれの接続状況を確認する。
(4)ろ材、接触材、内部設備に変形や破損がないことを確認する。
(5)放流管底と放流水路の水面の高さが同一であることを確認する。

正答 ➠   
 これでは、強雨の場合は放流水路から浄化槽に雨水が逆流する。