問題31〜40

 
問題 31構造基準(建設省告示第1292号、最終改正平成18年1月国土交通省告示第154号に定める構造方法)に定める沈殿槽に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)沈殿槽の構造は、スロット型、ホッパー型、集泥機型に区分される。
(2)沈殿槽の有効容量が1.5m3以下の場合はスロット型、1.5m3を超える場合はホッパー型とする。
(3)ホッパー型の底部勾配は60度以上とする。
(4)スロット型には、スカム除去装置を設ける。
(5)ホッパー型には、汚泥引き抜き装置を設ける。

正答 ➠   
 スロット型の沈殿槽は、小規模の浄化槽でしか採用できないので、スカムスキマーは必須ではない。
 
 
問題 32窒素あるいはリンの除去法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)フォストリップ法は、活性汚泥によるリンの過剰摂取を利用した方法である。
(2)アナモックス法は、好気性アンモニア酸化反応を利用した方法である。
(3)MAP法は、リン酸塩をリン酸マグネシウムアンモニウムとして除去する方法である。
(4)不連続点塩素処理法は、アンモニア性窒素を塩素により窒素ガスに変換する方法である。
(5)晶析脱リン法は、ヒドロキシアパタイトの生成を利用してリン酸塩を除去する方法である。

正答 ➠   
 アナモックス法とは、嫌気条件下でアンモニアと亜硝酸を反応させ窒素ガスとして除去する新規技術。嫌気性アンモニア酸化細菌についての知見は十分ではなく、まだ多くの解決すべき問題が存在している。
 
 
問題 33構造基準(建設省告示第1292号、最終改正平成18年1月国土交通省告示第154号に定める構造方法)に規定された回転板接触方式に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)接触槽の有効容量は、流量調整槽を設けない場合、日平均汚水量の1/4以上とする。
(2)回転板の円周速度は、接触槽内の混合及び酸素の供給を考慮し、30 m/分以上とする。
(3)回転板相互の間隔は、閉塞に対する安全性を考え、20mm以上とする。
(4)告示の第6に規定されたBOD面積負荷は、5g/(m2・日)以下である。
(5)槽を屋外に設置する場合、保温や臭気の飛散防止のため上屋を設ける。

正答 ➠   
 回転板の周速は20m/分以下、とされている。回転板の浄化槽なんか見たことも無いでしょうから、捨ててもいい。
 
 
問題 34嫌気ろ床槽に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)固形分の分離と、分離した固形分を一定期間貯留する機能を有する。
(2)槽内にろ材を充填することにより、固形物のろ過効果が期待できる。
(3)嫌気性生物膜の働きによって、汚泥の減量化か期待できる。
(4)構造基準上、BOD除去率は0%として取り扱われている。
(5)槽内の短絡流の形成を防止するため、ろ材の充填率は20%以下にする。

正答 ➠   
 嫌気濾床槽のろ材充填率は、第一室で40%、第二室で60%とされている。憶えるしかない。
 
 
問題 35流量調整に用いられる計量調整移送装置に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)流入部、整流部、移渡部、返送部から構成される。
(2)常用ポンプの揚水量以内の値であれば、移送水量を任意な値に調整することができる。
(3)装置の容量が過大すぎると槽内に汚泥等が堆積しやすい。
(4)装置の容量が小さいほど整流効果が高くなる。
(5)常用ポンプの計画揚水量の0.5〜1分間分に相当する容量が望ましい。

正答 ➠   
 整流とは、字のごとく流体の流れの乱れを整えることだから、どう考えてみても小さすぎれば効果は落ちる。
 

問題 36生物学的硝化脱窒法に関する次の文章中の[   ]内にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。
 
 一般に、[ ア ]が3以下の場合は水素供与体が必要とされており、例として、公会堂、厨房施設のない学校など、[ イ ]の割合が高い建築用途が挙げられる。また、[ ウ ]工程でアルカリ度が不足すると、pHが低下する場合がある。

    ア       イ        ウ
(1)BOD/N比尿硝 化
(2)BOD/N比尿脱窒素
(3)BOD/N比浮遊物質硝 化
(4)BOD/N比浮遊物質脱窒素
(5)BOD/N比油 分脱窒素

正答 ➠   
 イが尿であることが思いつけば、1か2。アでpHが3以下なんて排水は浄化槽には入ってこないので2はなくなる。
 
 
問題 37構造基準(建設省告示第1292号、最終改正平成18年1月国土交通省告示第154号に定める構造方法)の第1に示されている一般構造で規定されていない項目は、次のうちどれか。
 
(1)マンホールの大きさ
(2)浄化槽本体の構造強度
(3)マンホールの嵩上げ高
(4)浄化槽本体材料の比重
(5)浄化槽に接続する配管の材質

正答 ➠   
 本体は、コンクリート?、プラスチック?それなりに強度が確保されればいい話し。
 

問題 38計測機器と検出方法に関する次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
    計測機器            検出方法
(1)pH計(ガラス電極法)  ——————電 流
(2)流量計(電磁式)  ————————電 圧
(3)溶存酸素計(ポーラログラフ式) ——電 流
(4)温度計(熱電対型)  ———————電 圧
(5)ORP計  ————————————電 圧

正答 ➠   
 結構難しい問題。pH計は、ガラス電極と比較電極の2本の電極を用い、この2つの電極の間に生じた電圧(電位差)を測定する。
 電圧をいろいろ変えて電流を測定する装置をポーラログラフという。最も一般的なものの一つが遊離残留塩素計。
 
 
問題 39浄化槽で用いられる活性炭吸着装置に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)活性炭吸着原水槽を設ける。
(2)主に粉末状活性炭が用いられる。
(3)装置は2台以上設ける。
(4)浮遊物質の少ない状態で通水する。
(5)定期的な逆流洗浄を行う。

正答 ➠   
 活性炭は主に粒状の活性炭。単純に考えても、粉を扱うのは大変。逆洗なんてもちろんできない。
 

問題 40構造基準(建設省告示第1292号、最終改正平成18年1月国土交通省告示第154号に定める構造方法)で定められている沈殿槽の水面積負荷について、誤っているものは次のうちどれか。
 
(1)第1の各方式8m3/(m3・日)以下
(2)第6の生物膜法で沈殿分離槽を設ける場合8m3/(m3・日)以下
(3)第6の生物膜法で流量調整槽を設ける場合18m3/(m3・日)以下
(4)第6の長時間ばっ気法8m3/(m3・日)以下
(5)第6の標準活性汚泥法18m3/(m3・日)以下

正答 ➠   
 12m3/m3・日以下となっているが、管理士がこういう詳しい数値を覚える必要は全くない。