問題21〜30

 
問題 21槽内の混合特性に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)槽内で流れ方向に混合がなく、流れに垂直な断面全体で流速が一様な流れをピストン流、プラグ流、押し出し流などという。
(2)槽内全体で非常に混合が激しければ、濃度は完全に均一になることから、このような流れを完全混合流という。
(3)槽内に死水域があれば、実滞留時間は長くなる。
(4)押し出し流では、入口に投入したトレーサーは滞留時間だけ経過した時点で流出する。
(5)完全混合流では、入口にトレーサーを投入した瞬間に流出側でトレーサーが検出される。

正答 ➠   
 死水域があれば、その部分は水も空気も流れない。つまり、石ころと同じだから有効容量は少なくなる。なので、実滞留時間は短くなる。
 
 
問題 22活性汚泥法と生物膜法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)活性汚泥法では、余剰汚泥の引き出し量を多くすると増殖速度の速い微生物から減少する。
(2)生物膜法では、生物膜量は生物量の増加とはく離作用の関係に左右され、負荷変動に合わせて細かく生物膜量を調整することは困難である。
(3)活性汚泥法では、負荷変動に対応する方法として、MLSS濃度の調節が挙げられる。
(4)生物膜法では、接触材などに付着した生物膜内において、増殖速度の遅い微生物でも生息可能となる。
(5)活性汚泥法では、低負荷条件においては良好なフロックが形成されにくくなる。

正答 ➠   
 汚泥は早め早めに引き抜くと、ゆっくりしか増殖できない微生物は生息が難しくなる。
 
 
問題 23浄化槽を構成する処理工程(単位操作)に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)沈殿分離槽では、汚水中の固形物を沈殿分離・貯留する。
(2)ばっ気槽では、汚水中の汚濁物質を嫌気性微生物によって分解する。
(3)沈殿槽では、浮遊物質の沈殿分離を行い、清澄な処理水を得る。
(4)消毒槽では、衛生学的な安全化を図る。
(5)汚泥濃縮槽では、余剰汚泥の減容化を行う。

正答 ➠   
 これを落としたら、まず合格はない。ばっ気する→空気がはいる→空気に酸素がある→だから好気性だ! の連想パターン。
 
 
問題 24500 g の酢酸が下記の反応式に従って25℃の条件下で嫌気的に分解したところ、メタンと二酸化炭素が生成するとともに、一部の酢酸が残存した。発生したメタンと二酸化炭素のガスの総量が150 L のとき、酢酸の分解率として正しい値は次のうちどれか。ただし、25℃で1モルのメタン及び二酸化炭素の体積をそれぞれ25Lとし、酢酸、メタン、二酸化炭素の分子量はそれぞれ60、16、44とする。
 
〔反応式〕CH3COOH→CH4+CO2

(1)12%
(2)24%
(3)36%
(4)48%
(5)72%

正答 ➠   
 メタンに注目してみると、75L発生したので、メタン1モルの体積25Lで割って、75/25=3モル 生成された。メタンの分子量16なので、16×3=48g生成された。反応式から、60gの酢酸からが16gのメタンが生成されるので、酢酸500gならメタンは133g作成されるはず。なので、48/133=0.36、つまり36%が分解されたことになる。
 
 
問題 25A槽及びB槽の2槽からなる水処理装置において、下図のとおりの処理が行われている。B槽におけるBOD除去速度(kg/(m3・日))として、正しい値は次のうちどれか。
 

(1)0.16 kg/(m3・日)
(2)0.18 kg/(m3・日)
(3)0.20 kg/(m3・日)
(4)0.22 kg/(m3・日)
(5)0.24 kg/(m3・日)

正答 ➠   
 A槽出口BODは160mg/Lなので、B槽に入るBOD量は160×50+50×100=13,000g-BOD/日。B槽から出て行くのは20×150=3,000、従って、B槽のBOD除去量は13,000-3,000=10,000g-BOD/日。m3に換算すると 10/50=0.2kg-BOD/m3・日
 

問題 26一般的な住宅から排出される標準的な汚水の水質に係る数値として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)台所排水のBOD濃度:260 mg/L
(2)水洗便所汚水のBOD負荷量:13 g/(人・日)
(3)BOD負荷量:40 g/(人・日)
(4)T-N濃度:50 mg/L
(5)T-P濃度:5 mg/L

正答 ➠   
 台所排水は、30LでBOD18gとされているので、18g/30L=0.6→600mg/L。この問題、台所排水が30LでBOD18g を知らないと解けない。水洗トイレの汚水濃度は260mg/Lと憶える方が早い。
 

問題 27浄化槽の構造基準において、合併処理の対象規模が昭和44年、昭和55年、昭和63年の改正ごとに引き下げられた。その変遷として、正しいものは次のうちどれか。
 
   昭和44年     昭和55年     昭和63年
(1)501人以上201人以上101人以上
(2)201人以上101人以上  51人以上
(3)201人以上101人以上   5人以上
(4)101人以上  51人以上  11人以上
(5)101人以上  51人以上   5人以上

正答 ➠   
 今が5人槽以上だから3か5に絞られる。まあ、覚えるしかありません。捨ててもいいでしょう。
 
 
問題 28告示第6の長時間ばっ気方式のばっ気槽において、処理対象人員1,000人、1人1日の汚水量200 L、流入汚水のBOD 200 mg/L のとき、ばっ気槽の最小の容量として正しい値は次のうちどれか。なお、設計条件は以下のとおりとする。
 

(1)134 m3
(2)156 m3
(3)167 m3
(4)178 m3
(5)190 m3

正答 ➠   
 500人までは、500×200×200=20kg-BOD 、20/0.2=100m3必要
 501〜1000人は 20/0.3=67m3必要  合計で167m3
 一方でVは2/3×Q以上という条件があるから、1000×0.2×2/3=133m3は必要だが、167は133より大きいから、167m3となる。
 計算問題がどうしても苦手なら、問題24、25、28は捨てたほうがいい。1問ぐらい解けるといいのだが・・・。
 
 
問題 29表は住宅施設関係の処理対象人員算定基準である。[四 角]のi〜ivに当てはまる算定式について、正しい組み合わせは次のうちどれか。
 


正答 ➠   
 iが7人槽は分かるでしょうが、その他は覚えるしかない。
 
 
問題 30浄化槽の処理対象人員算定基準において、建築用途ごとの留意点に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)集会場施設では、場内にレストラン、飲食店が設けられている場合は、その部分を処理対象人員に加算する。
(2)店舗関係では、処理対象人員はあらかじめ従業員数も含めて算定している。
(3)レストランとラーメン店は、一般に油脂類濃度が高いため油脂分離槽を浄化槽の前に設ける。
(4)医療施設では、臨床検査部門・人工透析設備の排水は、浄化槽に流入させてはならない。
(5)公衆浴場では、着臭・着色入浴剤を添加した排水は、温泉排水として取り扱う。

正答 ➠   
 特に、こう決められてはいない。臭いと色の成分に関しては、浄化槽にあまり影響を与えないようである。