問題91〜100

 
問題 91戸建て住宅用浄化槽の浄化槽管理者と清掃業者との間の必要な打ち合わせ事項として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)清掃作業の日時
(2)浄化槽の種類(型式や人槽など)
(3)水道メーターの位置
(4)バキューム車が駐車できる場所と浄化槽本体までの距離
(5)屋外の電源や給水栓の有無と浄化槽本体までの距離

正答 ➠   
 清掃でどの位水を使ったか、何てことを調べるなら、この3は不適当ではないが、「最も不適当」ならこれになる。
 
 
問題 92清掃時期の判断の目安(昭和61年1月13日付け衛環第3号厚生省環境整備課長通知(最終改正平成13年9月25日))に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)みなし浄化槽のばっ気室で、30分間汚泥沈殿率が50%に達したとき
(2)流量調整槽で、スカムの発生が認められたとき
(3)回転板接触槽で、過剰に肥厚した生物膜により回転速度が低下したとき
(4)消毒槽で、沈殿物が生成し、放流水に濁りが認められたとき
(5)汚泥濃縮槽で、底部に多量の汚泥の堆積が認められたとき

正答 ➠   
 ばっ気室汚泥沈殿率は30%に達した時。その他は、何となく理解できるでしょう。問題100までの保守点検・清掃に関しては、環境省資料がとても参考になる。
 

問題 93下に示すア〜オの単位装置のうち、清掃の技術上の基準において汚泥等の「全量引き出し」と規定されている組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。
 
ア 二階タンク
イ 嫌気ろ床槽第1室
ウ 脱窒ろ床槽第2室
エ 沈殿分離タンク
オ 流量調整槽

(1)ア、エ
(2)ア、オ
(3)イ、ウ
(4)イ、エ
(5)ウ、オ

正答 ➠   
 全量引き出しが必要なのは、嫌気ろ床槽第一室(合併)と沈殿分離タンク(単独)。
 
 
問題 94浄化槽法施行規則第11条において、浄化槽清掃業の許可を受ける際に最低限備えるべき器具として、定められていないものは次のうちどれか。
 
(1)温度計
(2)水素イオン濃度指数測定器具(pH計)
(3)汚泥沈殿試験器具(メスシリンダー)
(4)自吸式ポンプ
(5)残留塩素測定器具

正答 ➠   
 清掃は、何かの液体を環境に放出するわけではないので、残留塩素を測ることはない。
 

問題 95有効容量2.5 m3 の沈殿分離槽の清掃を2台のバキューム車(AとB)を用いて以下に示す手順で実施した場合、手順⑥において必要な水道水量として、正しい値は次のうちどれか。
 
      手 順
① バキューム車Aによりスカムを全量引き出す。
② バキューム車Bで中間水1.0 m3 を引き出す。
③ バキューム車Aで、残っている堆積汚泥等を全量引き出す。
④ 壁面や流入管等を水道水0.3 m3 で洗浄し、洗浄水はそのまま張り水として利用する。
⑤ バキューム車Bが引き出した中間水を沈殿分離槽内に全量戻し、張り水とする。
⑥ 水道水で元の水位まで水張りを行う。

(1)0.8 m3
(2)1.2 m3
(3)1.5 m3
(4)1.8 m3
(5)2.2 m3

正答 ➠   
 ①から③で、槽内は空っぽ。ここに0.3m3の洗浄水と、戻し中間水1.0m3を入れているので、足りない分は、2.5-0.3-1.0=1.2m3。難しく考えない。単に+ーのみ。
 

問題 96浄化槽が下記の条件で稼働している場合、汚泥発生量として最も近い値は次のうちどれか。ただし、汚泥の比重は1とする。
 
     〔条  件〕
流入汚水量: 100 m3/日
流入BOD濃度: 200 mg/L
BOD除去率:  90 %
汚泥転換率:  60 %
汚泥含水率:  98 %

(1)0.27 m3/日
(2)0.54 m3/日
(3)0.72 m3/日
(4)0.90 m3/日
(5)1.08 m3/日

正答 ➠   
 除去したBODの60%が汚泥になるから、100×0.2×0.9×0.6=10.8kg。汚泥濃度は100-98=2%だから、10.8÷0.02÷1000=0.54m3/日。こういう計算では、汚泥含水率ではなく汚泥濃度の方を使う。
 
 
問題 97流量調整槽が設置されている浄化槽の清掃汚泥に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)長時間ばっ気方式の方が、接触ばっ気方式より処理水量当たりの汚泥発生量は多い。
(2)処理方式が同じ場合、学校の方が住宅団地より処理水量当たりの汚泥発生量は多い。
(3)長時間ばっ気方式の方が、標準活性汚泥方式より処理水量当たりの汚泥発生量は多い。
(4)店舗における処理水量当たりの汚泥発生量は、施設ごとの変動が少ない。
(5)1回の清掃における汚泥貯留槽からの引き出し汚泥量は、実使用人員に応じて変化する。

正答 ➠   
 これ以外は、全て逆なので覚えてしまう。5は微妙な表現で、発生汚泥量は厳密には変化するが、引き出し汚泥量は、濃度が変わるだけで量はそれほど変化しない、という意味だろうか。
 
 
問題 98浄化槽の清掃に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)浄化槽内に蓄積される汚泥量が著しく増加すると、汚泥の貯留機能が低下する。
(2)浄化槽内の汚泥等を槽外に引き出す行為を伴わない単位装置から他の単位装置へ汚泥等を移す行為も、清掃に該当する。
(3)汚泥の過剰蓄積による放流水質の低下が認められた時には、清掃を実施する。
(4)浄化槽の清掃では、汚泥の引き出しだけではなく、各単位装置の洗浄や内部の変形・破損等の異常の有無を確認する。
(5)単位装置の洗浄に使用した水は、一次処理装置の機能に支障を与えない程度の水質であれば張り水として使用できる。

正答 ➠   
 汚泥等を槽外に引き出していないので、清掃には該当しない。
 
 
問題 99清掃の技術上の基準に示されたみなし浄化槽の単位装置または部位の清掃方法を下表に示す。清掃の方法として、誤っている単位装置または部位をすべて挙げているものは次のうちどれか。
 

(1)(d)、(h)
(2)(b)、(f)
(3)(e)、(g)
(4)(a)
(5)(c)

正答 ➠   
 単独浄化槽の清掃は種類が多くてややこしい。清掃の技術上の基準では、重力返送式沈殿室又は重力移送式沈殿室…の「汚泥、スカム等の引き出しは、適正量とすること」とある。
 
 
問題 100し尿処理施設においては、し尿及び浄化槽汚泥の搬入に伴い種々の技術的課題が発生している。その原因となり得るものとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)油脂濃度の高い汚泥
(2)浄化槽汚泥性状の変動
(3)簡易水洗トイレからの汲み取りし尿
(4)高濃度に濃縮した汚泥
(5)残留塩素濃度が高い消毒槽の汚泥

正答 ➠   
 消毒槽に汚泥が溜まるのは管理不十分だが、たとえ溜まっても、槽容量からして、その量は少ない。