問題81〜90

 
問題 81水質測定に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)大腸菌群測定のための試料容器は、滅菌びんを用いる。
(2)新品の試料容器は、採取箇所の水で2〜3回共洗いすれば使用上問題ない。
(3)採取した試料は、クーラーボックス等に入れ、氷や保冷剤で冷やして運搬する。
(4)溶存酸素をウインクラ−アジ化ナトリウム変法(よう素滴定法)で測定する場合には、pHを約2にすれば保存が可能になる。
(5)BOD側定のための試料容器は、ポリエチレンびんを用いることができる。

正答 ➠   
 硫酸マンガン(Ⅱ)溶液とアルカリ性よう化カリウム-アジ化ナトリウム溶液でDOを固定する必要がある。
 
 
問題 82浄化槽の水質管理において用いられる次の式のうち、最も不適当なものはどれか。
 


正答 ➠   
 ばっ気槽混合液浮遊物質濃度と100が入れ替わる。
 
 
問題 83水温に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)水温は、生物処理に関与する微生物の活性に影響を与える。
(2)飽和溶存酸素濃度は、水温が低いほど高い。
(3)消毒剤の溶解速度は、水温に影響されない。
(4)水温は、透視度、pH、DO、残留塩素とともに現場測定項目である。
(5)ひもを付けた温度計を目的の部分にぶらさげて置き、引き上げて水温を読みとる方法は、誤差が大きくなるので好ましくない。

正答 ➠   
 水温は該当しない。
 
 
問題 84透視度に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)透視度は、BODと相関があり、透視度が高いほど水質は良好である。
(2)みなし浄化槽と浄化槽では、用いる透視度計の測定範囲が異なる場合があるので注意する。
(3)透視度が高くなるほど、測定者によるバラツキは小さくなる。
(4)周囲の明るさに影響されるため、測定は直射日光があたらない場所で行う。
(5)試料を透視度計に入れる際、SSを微細化させないように注意する。

正答 ➠   
 透視度がたとえば30cmを超えると、測定者によりcm単位で数値大きくバラツク。
 
 
問題 85簡易測定器の測定原理と測定時の注意に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)吸光光度法は、試料に試薬を添加し、発色後、散乱光の強度を測定する方法である。
(2)透過光法は、汚泥等の濃度を測定する方法に用いることができる。
(3)比色試験紙法は、ろ紙に試薬を含浸し、乾燥させたものを試料に浸すことによって発色させ、標準色との比較によって側定する方法である。
(4)比色試験管法は、試料と試薬を混合し一定時間後、発色の程度を標準色と比較することによって測定する方法である。
(5)パック法は、試薬を密封したポリエチレンチューブにピンで穴をあけ、試料を吸い込み、試薬と試料とを混合させた後の発色の程度を標準色と比較することによって測定する方法である。

正答 ➠   
 透過した光の量を測定するもの。
 
 
問題 86四角せきにおける流量とせき幅及びせき高(越流水深)の関係は、次式に示される。
 

    ここで、Q:流量 (㎥/分)
         K:流量係数
         b:せき幅 (m)
         h:せき高 (m)

 せき幅(b)が1mの場合、せき高(h)が5cmのときの流量(Q)は1㎥/分であった。Kはhよって変化しない定数としてhが20cmのとき流量(Q)(㎥/分)として正しい値は次のうちどれか。
 
(1)2
(2)4
(3)8
(4)16
(5)32

正答 ➠   
 hの1.5乗に比例する。1.5乗が分からなくても、20÷5=4から、1乗の4よりずっと大きく、2乗の16よりずっと小さいから、8に行きつく。
 
 
問題 87BODに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)BODは、微生物により消費された酸素量を表したものである。
(2)5日間の培養期間において、資料中の有機物質が完全に分解される。
(3)有機物質の除去効果を把握する観点からは、ATU-BOD等の硝化を抑制したBODの利用が必要な場合もある。
(4)浄化槽の流入水では、CODよりもBODが高い値を示すことが多い。
(5)沈殿槽では、浮遊物質の除去に伴いBODも除去される。

正答 ➠   
 単に5日と定義しただけのはなし。完全分解とは限らない。
 
 
問題 88浄化槽における水質項目に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)生物処理に関与する多くの微生物は、pH6.5〜7.5が最適領域といわれている。
(2)生物反応槽におけるDOは、時間変動がある。
(3)活性汚泥の膨化現象や解体現象、生物膜の脱落現象などによって処理水の透視度は大きく左右される。
(4)ばっ気槽の槽内水に比べて、沈殿槽流出水のpHは高いことがある。
(5)放流水に残留塩素が検出されると、水中の微生物は殺滅されている。

正答 ➠   
 殺滅とは限らない。塩素耐性のあるクリプトスポリジウムによる水道の汚染事故もあった。
 
 
問題 89既設浄化槽の機能を改善するため、流量調整槽の見直しを行った。下記の条件の場合、流量調整槽の容量の評価として、最も適当なものは次のうちどれか。
      〔条 件〕
  既設流量調整槽の容量    : 35 ㎥
  流入汚水量(Q)       : 100 ㎥/日
  建物からの汚水の排出時間(T): 8時間
  流量調整比(K)       : 1.0

ただし、流量調整槽の容量は次式で求めるものとする。
   
(1)おおよそ32㎥不足である
(2)おおよそ8㎥不足である
(3)適正規模である
(4)おおよそ4㎥過大である
(5)おおよそ8㎥過大である

正答 ➠   
 式に代入すると必要容量は66.7㎥、だから 31.7㎥不足
 
 
問題 90浄化槽を構成する次の単位装置の状況のうち、悪臭物質の発生に最も注意しなければならないものはどれか。
 
(1)スカムが盛んに生成している沈殿分離槽
(2)SV30が10%程度のばっ気槽
(3)褐色の浮遊物質が多量に認められる接触ばっ気槽
(4)スカムは少量であるが、汚泥の蓄積が認められる沈殿槽
(5)汚泥堆積が認められる消毒槽

正答 ➠   
 スカムが出来ない沈殿分離槽も問題はあるが、ここは消去法で。