問題61〜70

 
問題 61長時間ばっ気方式を採用しでいる浄化槽の保守点検作業に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)ばっ気槽のDO低下や槽底部の汚泥堆積が認められたので、空気供給量を増加させた。
(2)沈殿槽のスカムが著しく浮上していたので、余剰汚泥の引き抜き頻度を増加させた。
(3)処理水のpHが4以下まで低下したので、空気供給量を減少させた。
(4)汚泥濃縮貯留槽の脱離液に多量の汚泥が混入していたので、清掃の依頼をした。
(5)計画流入汚水量の50%程度の流入状況であったので、保守点検回数を2週間に1回とした。

正答 ➠   
 処理方式で点検回数が決まっているので、勝手に変えられない
 
 
問題 62中規模浄化槽のばっ気槽において、硝化・脱窒を目的に間欠ばっ気運転を行うことがある。この際の保守点検上の留意事項に関する次の文章中の[   ]内の語句のうち、最も不適当なものはどれか。
 
 沈殿槽からの汚泥返送に[(1)エアリフトポンプ]を用いている場合に、同一ブロワで間欠ばっ気を行うと汚泥返送も停止してしまう。そのため、硝化・脱窒を目的に間欠ばっ気を行うためには、返送汚泥用に独立したブロワを設けるか、[(2)汚泥返送ポンプ]を組み込む必要がある。ばっ気及びばっ気停止それぞれ30分を標準にし、ばっ気時に槽内液の[(3)DO]を過度に上昇させず、ばっ気停止時に槽内液のORPを過度に[(4)上昇]させないように運転条件を調整することが必要である。なお、ばっ気停止時に槽内を撹拌するために、別途[(5)撹拌装置]が設けられている場合と設けられていない場合がある。

正答 ➠   
 ばっ気停止時は槽内が還元状態になるので、OPRは下がる。
 
 
問題 63回転板接触槽の運転状況に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)回転板の円周速度が遅いと、生物膜が肥厚しやすくなる。
(2)軸受け部の摩耗、オイル切れがあると、きしみ音や発熱を生じることがある。
(3)小型のミミズ類(貧毛類)や線虫が異常に繁殖すると、生物膜が脱落することがある。
(4)各室の移流部が閉塞すると、槽内水位が上昇して浸漬率が増加することがある。
(5)第1室の槽内DOが数mg/L以上あれば、最終室で堆積汚泥が多量に認められても槽内DOは1mg/L 以下となることはない。

正答 ➠   
 通常、多段式なので、最終室とはずいぶん大雑把。どの段階でも、堆積汚泥が多量では、DOは消費されてしまう。
 
 
問題 64下図は回分式活性汚泥方式の浄化槽において、汚水の流入から沈殿工程に入るまでの回分反応槽におけるDOの経時変化を示したものである。次の記述のうち最も不適当なものはどれか。

(1)1番目の撹拌時間において、脱窒反応が期待される。
(2)1番目のばっ気時間において、DOが検出されない時間帯でも有機物質の分解が進んでいる。
(3)空気量をさらに増加させると、窒素除去性能が向上する。
(4)4番目の撹件時間におけるDOの消費速度は活性汚泥の呼吸速度に近い。
(5)4番目のばっ気時間において硝化の進行が期待される。

正答 ➠   
 後ろに行くに従い、撹拌時のDO消費も良好、ばっ気時のDOも上昇しており、空気量は十分である。
 
 
問題 65生物ろ過法を用いた小型浄化槽の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)担体押さえ面に生物膜の形成が認められたため、ブラシで洗浄後、はく離した生物膜等を一次処理装置に移送した。
(2)担体充填(ろ過)部に閉塞が認められたため、担体受け面の下部にL字パイプ等を挿人し空気洗浄を行った。
(3)槽内の水の流れに片寄りが認められたため、空気配管に水道水を注入し、散気管の水洗浄を行った。
(4)手動逆洗を行ったところ一次処理装置からの汚泥の流出が認められたため、白動逆洗時の汚泥移送量が多くなるようにタイマ設定を変更した。
(5)担体の流出が認められたため、担体押さえ面の変形及び破損の有無と流出した担体の摩耗状況等を確認した。

正答 ➠   
 一次処理装置の汚泥が満杯であり、これ以上の水量負荷(汚泥移送量を増やす)をかけてはいけない。
 
 
問題 66凝集分離装置で使用する薬剤として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)硫酸アルミニウム(硫酸バンド)
(2)水酸化ナトリウム
(3)メタノール
(4)ポリ塩化アルミニウム
(5)塩化第二鉄

正答 ➠   
 凝集分離に使うのはpH調整剤と凝集剤。メタノールは脱窒素に用いる。
 
 
問題 67二次処理水のCODを30 mg/L から10 mg/L に除去した際、使用した粒状活性炭の平衡吸着量は100 mg-COD/g-粒状活性炭であった。二次処理水の流量を200㎥/日、粒状活性炭交換までの通水日数を200日とすると、粒状活性炭の必要量として最も近い値は次のうちどれか。
 
(1) 4,000 kg
(2) 8,000 kg
(3)12,000 kg
(4)16,000 ㎏
(5)20,000 kg

正答 ➠   
 除去COD量(30-10)×200×200 を平均吸着量で割る。単位を無視しても8という数字が出てくるが、しっかり単位を揃える。
 
 
問題 68浄化槽の配管設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)浄化槽には、汚水管、汚泥移送管、空気管等の各種配管がある。
(2)配管には、コンクリート管、塩化ビニル管、ポリエチレン管等がある。
(3)浄化槽では、ポリエチレン管が最も多く用いられている。
(4)塩化ビニル管は、軽量で加工しやすいが衝撃に弱く破損しやすい。
(5)管形としては、円形管が多く、卵形管が用いられる場合もある。

正答 ➠   
 ポリ塩化ビニル(PVC)がもっとも多く使われる。理由は接着性と熱軟化性
 
 
問題 69ロータリ式ブロワについて、異常な状態─原因─対処方法の次の組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
 異常な状態          原 因          対処方法
(1)作動しない        軸受けの破損       軸受けの修理・交換
(2)作動時の振動、異音    ケーブルの断線      ケーブルの交換
(3)吐出空気量が少ない    吸引吐出バルプの     バルプの掃除・交換汚れ・破損
(4)異常な発熱        フィルタの目詰まり    フィルタの掃除・交換
(5)ベルトの破損       ベルトの張り過ぎ     ベルトの交換・調整

正答 ➠   
 ケーブルが断線しているなら、そもそも作動しない。振動異音がする訳がない。
 
 
問題 70浄化槽の自動運転に使用される機器類の故障や動作不良とその確認事項や対処方法に関する次め組み合わせのうち、最も不適当なものはどれか。
 
  故障や動作不良          確認事項や対処方法
(1)転倒スイッチの故障       スイッチ内部の点検・修理を行う
(2)転倒スイッチの動作不良     付着物を確認する
(3)自動制御装置の動作不良     稼働装置が手動で作動するか確認する
(4)リレー本体の放障        新品と交換する<
(5)タイマの故障          新品と交換する

正答 ➠   
 しっかり防水仕様になっているので、内部を分解しない。