問題51〜60

 
問題 51保守点検の記録に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)浄化槽管理者から保守点検の委託を受けた者は、必ず保守点検の記録を2部作成しなければならない。
(2)保守点検の受託者は、必ず保守点検の記録を3年間保存しなければならない。
(3)浄化槽管理者は、必ず保守点検の記録を3年間保存しなければならない。
(4)浄化槽管理者への保守点検の記録の交付は、必ず書面(印刷物)で行わなければならない。
(5)保守点検の受託者が保守点検の記録を交付しようとするとき、必ず浄化槽管理者に対してその内容を説明しなければならない。

正答 ➠   
 環境省関係浄化槽法施行規則では、「記録を作成し、浄化槽管理者に交付」とだけ規定されている。
 
 
問題 52みなし浄化槽の保守点検において、現場到着後直ちに行うべき点検を実施した後に行う標準的な手順の流れとして、最も適当なものは次のうちどれか。ただし、(ア)放流水及び消毒室の点検、(イ)SV30の測定開始、(ウ)二次処理装置の点検、(エ)一次処理装置の点検、(オ)付属機器の点検、とする。
 
(1)(ア)→(イ)→(ウ)→(エ)→(オ)
(2)(ア)→(オ)→(イ)→(ウ)→(エ)
(3)(イ)→(ウ)→(エ)→(オ)→(ア)
(4)(イ)→(オ)→(ア)→(エ)→(ウ)
(5)(オ)→(エ)→(ウ)→(イ)→(ア)

正答 ➠   
 浄化槽は放流側から点検します。付属機器は何となく「最後」と思える。
 
 
問題 53みなし浄化槽の分離ばっ気型と比較して、全ばっ気型(汚水を直接ばっ気する方式)の特徴を示す次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)槽容量が大きい。
(2)不活性物質が蓄積して、余剰汚泥か多くなりやすい。
(3)ばっ気装置への固形物の付着が生じやすい。
(4)清掃の回数が多い。
(5)保守点検の回数が多い。

正答 ➠   
 全ばっ気は、前処理なしでいきなりばっ気するので不安定。その分小さい。
 
 
問題 54分離ばっ気型みなし浄化槽のばっ気室の点検結果に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
   〔点検結果〕
   pH   5.8
   SV30  95%
   MLSS  6,000 mg/L
   DO   4 mg/L
 
(1)過ばっ気状態にある。
(2)硝化反応が進行していると考えられる。
(3)SVIの値が200を超えている。
(4)清掃の時期にきている。
(5)放流水中にSSが流出しやすいと考えられる。

正答 ➠   
 SVIは汚泥の締まり具合。小さい方が締まりがいい。⇒SV÷MLSS 問題では158
 
 
問題 55下図は、嫌気ろ床槽の断面図に汚泥等の蓄積状況を併せて示したものである。この図に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

(1)汚水の流れによって槽底堆積汚泥の分布に片寄りがある。
(2)第1室のろ材の捕捉性は比軟的小さい。
(3)槽底堆積汚泥の蓄積量は第1室の方が多い。
(4)流入バッフル内及び移流口内にスカムの生成は認められない。
(5)清掃時期に達していると判断できる。

正答 ➠   
 第1室(左の部屋)の下部はまだ余裕がある。
 
 
問題 56流量調整槽の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)ポンプの作動を手動に切り替えて、ポンプ及び配管に閉塞や漏れを生じていないかを点検する。
(2)常用ポンプは低水位で1台が起動し、高水位で2台目が起動すること(2台同時運転)を確認ずる。
(3)レベルスイッチのケーブルの絡み付きや異物等が付着していないかを確認する。
(4)異物等を除去するため槽内へ降りなければならない場合は、酸素欠乏に注意する。
(5)撹拌不足を生じると異常な臭気の発生、ポンプの閉塞、レベルスイッチの作動不良となるので状況を目視で点検する。

正答 ➠   
 常用ポンプは水位が低水位よりも30cm程度上昇したとき作動し、低水位で停止する。 高水位に達したとき2台同時に作動し、高水位の30cm程度下降したときに1台停止する。非常用ポンプは、水位が警報水位に達したとき作動し、高水位で停止する。問題は言葉足らずだと思う。
 
 
問題 57長時聞ばっ気方式の浄化槽において、原水ポンプの1日当りの吐出水量は計画汚水量程度であるが、流量調整槽が満水位になる原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。なお、本浄化槽には三次処理に砂ろ過・活性炭吸着装置、汚泥処理にフィルタープレス脱水機が設置されている。
 
(1)汚水計量装置の調整が適切でない。
(2)2台の常用ポンプの吐出側の配管が連結され、片方の逆止弁が故障している。
(3)砂ろ過・活性炭の逆洗回数が増加している。
(4)ろ布の洗浄水量が多量である。
(5)沈殿槽からの余剰汚泥の引き抜き量が多量である。

正答 ➠   
 余剰汚泥の中間水は流量調整槽に戻るものの、満水の原因とは程遠い。
 
 
問題 582室構造の接触ばっ気槽において、第1室の逆洗の必要性を検討する現象として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)第2室の透視度が第1室より著しく高い値である。
(2)第2室のpHが第1室より低い値である。
(3)第1室と第2室のDOに差が認められる。
(4)第1室の水位が第2室より著しく高い。
(5)第2室の付着汚泥がほとんど認められない。

正答 ➠   
 これは明らかに第一室の接触材の閉塞だから即刻逆洗
 
 
問題 59接触ばっ気槽内の接触材に閉塞が生じたため、下記の条件で逆洗し、はく離汚泥を移送した。この作業において、逆洗により強制はく離した汚泥のうち移送された汚泥の割合(%)として、最も近い値は次のうちどれか。
 
     〔条 件〕
浄化槽の処理対象人員     :6人(実使用人員4人)
接触ばっ気槽の容量      :1.26㎥
逆洗及び移送方法       :10分間逆洗後、30分間沈殿させ、沈殿汚泥を可搬式ポンプで
                嫌気ろ床槽第1室流入部に移送
沈殿汚泥の移送量       :210 L
逆洗終了直前の槽内液のSS濃度 :2,140 mg/L
移送汚泥の平均SS濃度     :6,420 mg/L
 
(1)17%
(2)33%
(3)50%
(4)67%
(5)83%

正答 ➠   
 逆洗終了時1.26×2.14=2.7kg、ここから6420mg/Lの汚泥を210L(0.21×6.42=1.35kg)引き抜いたので50%
 
 
問題 60長時間ばっ気方式におけるSS収支は、下図のように示すことができるが、これらの関係式として、正しいものは次のうちどれか。ただし、ばっ気槽における汚泥増殖は無視する


正答 ➠   
 汚泥返送率がr%だから流入汚水の量を100とすることが前提。汚水から100×Ci、返送汚泥からR×Crが同時にばっ気槽に入る。この合計がばっ気槽の汚泥(100+r)×CAと等しい。