問題41〜50

 
問題 41浄化槽の図面に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)図面は、日本工業規格(JIS)に基づいて作成する。
(2)図面は、第一角法あるいは第三角法で書き表す。
(3)寸法の単位は、一般にミリメートルを用いる。
(4)配管図では、1本の排水管は1本の太い実線で示す。
(5)電気回路の接続図は、装置またはその構成部品における配線の実態を示す系統図である。

正答 ➠   
 配電盤の中の回路接続図で、装置までは及ばない。なお、現在では(2)の一角法は全く用いられていない。
 
 
問題 42次の図のうち、寸法補助記号の用い方が誤っているものはどれか。

(1)図1
(2)図2
(3)図3
(4)図4
(5)図5

正答 ➠   
 CはカットのC、つまり面取り。
 
 
問題 43弁の種類と図示記号に記入する文字記号の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
 弁の種類    文字記号
(1)バタフライ弁   VV
(2)仕切弁      GV
(3)玉形弁      SV
(4)ボール弁     BAV
(5)アングル弁    AV

正答 ➠   
 バタフライ(butterfly)だから、BVになる。仕切弁のGはゲート、玉形弁のSはストップ。
 
 
問題 44下に示した小型浄化槽の平・断面図に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

(1)嫌気ろ床槽第1室、第2室ともに下向流である。
(2)嫌気ろ床槽の上部には、流量調整部が設けられ、水位が変動する。
(3)担体流動生物ろ過槽には、エアリフトポンプが設けられている。
(4)処理水槽は、処理水が下部から上部へ移流する構造である。
(5)循環水の移送先は、嫌気ろ床槽流入部である。

正答 ➠   
 はなはだ微妙な図で、処理水槽下部から移送する?ポンプがありそうで、これが生物ろ過槽の下部から吸い上げているかもしれない。断面図はどこの断面かも示していない。実際に設計図を描いたことがないのであろう。
 
 
問題 45下記の単線結線図(一部)に用いられている図示記号のうち、配線用遮断器を示しているのは次のうちどれか。

(1)(ア)
(2)(イ)
(3)(ウ)
(4)(エ)
(5)(オ)

正答 ➠   
 アはヒューズ、ウはトランス、エは電流計、オは電磁接触器
 
 
問題 46浄化槽の設置の手続きを示す次の図の[   ]の内容の組み合わせとして、正しいものはどれか。


正答 ➠   
 アは建築基準法から建築主となり、イが特定行政庁に絞り込む。次に、エは浄化槽法から設置者⇒3になる。
 
 
問題 47開削工法(オープン工法)が適用できる条件として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)敷地に余裕がある。
(2)地下水位が高い。
(3)地盤がしっかりしている。
(4)建物に近接していない。
(5)交通等による支障がない。

正答 ➠   
 水が出たら、何とかして止水工法を考える。
 
 
問題 48水替え工事における注意点に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)釜場排水工法は、砂質粘土層などの透水性の悪い地質の場合に適用する。
(2)地層の状態、透水係数、地下水位の状況などを事前に調査する。
(3)天気予報に注意する。
(4)周囲に地盤沈下を生じることがある。
(5)掘削が深くなると、浸透水で釜場の底部の土砂が噴き出したりすることがある。

正答 ➠   
 釜場は重力排水だから、自然に水がしみ出る土質に向く。
 
 
問題 49災害時における仮設住宅に浄化槽が設置される場合には、地上に設置されることが多い。その際の検討事項として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)地震時の転倒や振動に対して安全な構造とする。
(2)日光に長期間さらされる場合、槽表面に耐光性塗料を塗布する等の処理を施す。
(3)設置後の保守点検、清掃のしやすさを考慮して、点検口の周囲に点検歩廊、安全棚、階段、手摺りを設ける。
(4)仮設の施設であるため、保温対策は必要ない。
(5)流入側に原水ポンプ槽を設ける場合には、移送水量を調整できる装置を備える必要がある。

正答 ➠   
 特に寒冷地では、冬場は保温が必要。
 
 
問題 50プラスチック製の升の施工に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)掘 削  :排水管の溝、升の穴を掘り、底面を十分に突き固める。
(2)基 礎  :升は管に比べて重く、直接荷重が加わるため、コンクリート基礎工事を必ず行う。
(3)管の敷設 :排水管を所定の位置に設置し、部分的に埋め戻して仮止めを行う。
(4)升の設置 :基礎上に升本体を押さえつけ、安定させる。
(5)接 続  :接着する部分の汚れを必ず拭き取り、管の先端部に接着剤を塗布後、升の差し口に挿入し、升を水平にして固定する。

正答 ➠   
 升はプラスチックだから別段重いものでもない。片手で普通に持てる。