問題21〜30

 
問題 21水の混合状態が完全混合とみなすことができるものとして、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)よく整流された沈殿池内の流れ
(2)流れ方向に長く、幅の狭い水路の流れ
(3)瞬間投入したトレーサーの全量が速やかに流出口から流出する流れ
(4)トレーサーを投入した瞬間に、流出口で最大濃度となる槽内の流れ
(5)バッフルによって旋回流構造となっている水路の流れ

正答 ➠   
 なかなか難しいんですが、瞬間に混合されるので、その時の濃度は最大。それ以降は徐々に薄くなる。
 
 
問題 22流量と水槽の容量に関する次の組み合わせのうち、滞留時間が最も短いものはどれか。
 
  流量     容量
(1)0.1 ㎥/分    3㎥
(2) 6 ㎥/時    6㎥
(3)6,000 L/時   15㎥
(4)100 L/分     8㎥
(5)12 ㎥/日     2㎥

正答 ➠   
 3㎥÷0.1㎥/分=30分。時間の単位を、分か時か日を統一するだけ。
 
 
問題 23水素資化性メタン生成に関する下記の反応式の[  ]内に入る数値の組み合わせとして、正しいものは次のうちどれか。
 
[ア]H2+CO2 →[イ]CH4+[ウ]H2O
 
  ア    イ    ウ
(1) 5    2    3
(2) 4    2    4
(3) 3    3    2
(4) 4    1    2
(5) 3    1    2

正答 ➠   
 炭素Cに注目して、左辺は1⇒イは1。次に酸素0に注目して、左辺は2⇒ウは2
 
 
問題 24下図に示す処理方式の名称として、最も適当なものは次のうちどれか。
 

(1)汚泥再ばっ気方式
(2)標準活性汚泥方式
(3)分注ばっ気方式
(4)循環水路ばっ気方式
(5)長時間ばっ気方式

正答 ➠   
 単純明快な問題。貧酸素状態の返送汚泥に酸素を与えて活性化させるもの。
 
 
問題 25流入汚水量1,000 L/日、流入BOD負荷量300g/日の浄化槽からの処理水のBODが15 mg/L であった。このときのBOD除去率として、正しい値は次のうちどれか。
 
(1)75%
(2)80%
(3)85%
(4)90%
(5)95%

正答 ➠   
 汚水濃度は300×103÷1000=300mg/l、処理水15mg/lだから95%除去
 
 
問題 26浄化槽の流入汚水に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)浄化槽には、水洗便所汚水、厨房排水(台所排水)、洗濯排水、風呂排水、その他雑用水が流入する。
(2)一般的な集合住宅の排出係数(汚水量/給水量)は0.8〜0.9程度である。
(3)戸建て住宅の場合、ピーク係数が大きいのが特徴であり、ピーク孫数は10〜15が多い。
(4)住宅における汚水のピーク時間帯の多くは、午前8時〜午前11時であり、この時間帯の汚水量は全体の30〜50%を占めている。
(5)夏期は、冬期に比べて、汚水量が1.2〜1.4倍に増加する傾向が認められている。

正答 ➠   
 ピーク係数はこんなに高くない。せいぜい6
 
 
問題 27構造基準(建設省告示第1292号、最終改正平成18年1月国土交通省告示第154号に定める構造方法)の第1に示されている処理対象人員5人の浄化槽について、処理方式別の有効容量の比較に関する次の組み合わせのうち、正しいものはどれか。
なお、Aは分離接触ばっ気方式
   Bは嫌気ろ床接触ばっ気方式
   Cは説窒ろ床接触ばっ気方式     を表す
 
(1)A = B < C
(2)A < B < C
(3)B < A < C
(4)B < C < A
(5)C = B < A

正答 ➠   
 窒素まで除去するなら容量は大きくなる。分離と嫌気は、嫌気が小さい。
 
 
問題 28浄化槽の用語とその説明に関する組み合わせ(a〜e)のうち、不適当なものをすべてあげているものは次のうちどれか。
 
    用 語          説 明
a マンホール      補修、交換、清掃のための人孔
b フローシート     単位装置の配置図
c スカム        接触ばっ気槽の沈殿汚泥
d ピッチ        板状の接触材やろ材の目幅間隔
e センターウェル    ホッパー型沈殿槽の整流筒
 
(1)a、b
(2)b、c
(3)c、d
(4)d、e
(5)a、e

正答 ➠   
 フローだから「流れ図」、スカムは浮上したもの。
 
 
問題 29スクリーンに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)ばっ気型スクリーンは、目幅の有効間隔を100 mm 程度とする。
(2)荒目スクリーンは、目幅の有効間隔をおおむね50mmとする。
(3)破砕装置には、目幅の有効間隔がおおむね20mmのスクリーンを備えた副水路を設ける。
(4)微細目スクリーンは、目幅の有効間隔を1mmから2.5mm程度とする。
(5)微細目スクリーンには、処理方式により目幅の有効間隔が5mm以下、あるいはおおむね20mmのスクリーンを備えた副水路を設ける。

正答 ➠   
 どんなスクリーンでも、目幅100mmはでか過ぎる。
 
 
問題 30ばっ気槽が、流入BOD負荷量60 kg/日、BOD容積負荷0.25 kg/(㎥・日)、風量10 ㎥/分で運転されている場合、ばっ気強度として正しい値は次のうちどれか。
 
(1)1.5 ㎥/(㎥・時)
(2)2.0 ㎥/(㎥・時)
(3)2.5 ㎥/(㎥・時)
(4)3.0 ㎥/(㎥・時)
(5)4.0 ㎥/(㎥・時)

正答 ➠   
 まず、ばっ気槽容量を求める。60÷0.25=240㎥。10×60÷240=2.5㎥/㎥・時