問題11〜20

 
問題 11浄化槽法の目的に関する次の文章中の[   ]内の記述について、正しいものはどれか。
 
 この法律は、[(1)浄化槽の構造、保守点検、清掃及び製造]について規制するとともに[(2)浄化槽工事業者の認定制度]及び[(3)浄化槽清掃業の許可制度]を整備し、[(4)浄化槽設備士、浄化槽管理士及び浄化槽検査員]の資格を定めること等により、公共用水域等の水質の保全等の観点から浄化槽によるし尿及び雑排水の適正な処理を図り、もつて[(5)生活環境及び水環境の保全]に寄与すとを目的とする。

正答 ➠   
 浄化槽法第1条:この法律は、浄化槽の設置、保守点検、清掃及び製造について規制するとともに、浄化槽工事業者の登録制度及び浄化槽清掃業の許可制度を整備し、浄化槽設備士及び浄化槽管理士の資格を定めること等により、公共用水域等の水質の保全等の観点から浄化槽によるし尿及び雑排水の適正な処理を図り、もつて生活環境の保全及び公衆衛生の向上に寄与することを目的とする。
 
 
問題 12浄化槽法で定められている用語の定義に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
 
(1)浄化槽管理士とは、浄化槽管理士の名称を用いて浄化槽の保守点検及び清掃の業務に従事する者として浄化槽管理士免状の交付を受けている者をいう。
(2)浄化槽設備士とは、浄化槽工事を実地に監督する者として浄化槽設備士免状の交付を受けている者をいう。
(3)浄化槽の保守点検とは、浄化槽の点検、調整又はこれらに伴う修理をする作業をいう。
(4)浄化槽の清掃とは、浄化槽内に生じた汚泥、スカム等の引出し、その引出し後の槽内の汚泥等の調整並びにこれらに伴う単位装置及び附属機器類の洗浄、掃除等を行う作業をいう。
(5)浄化槽工事とは、浄化槽を設置し、又はその構造若しくは規模の変更をする工事をいう。

正答 ➠   
 管理士は清掃の業務には従事しない。
 
 
問題 13浄化槽法第4条に規定する浄化槽に関する基準等についての次の記述のうち、誤っているものはどれか。
 
(1)浄化槽から公共用水域等に放流される水の水質の技術上の基準は、環境省令で定める。
(2)浄化槽の構造基準に関しては、建築基準法並びにこれに基づく命令及び条例で定める。
(3)浄化槽の保守点検の技術上の基準は、環境省令で定める。
(4)国土交通大臣は、浄化槽の構造基準を定め、又は変更しようとする場合には、あらかじめ、環境大臣に協議しなければならない。
(5)浄化槽の情掃の技術上の基準は、国土交通省令で定める。

正答 ➠   
 清掃の技術上の基準は、環境省令である。
 
 
問題 14浄化槽法に基づく型式認定に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
 
(1)型式認定においては、国土交通大臣の認定のみでなく、環境大臣の認定も必要となる。
(2)型式認定を受けた浄化槽は、設置後等の水質検査を省略することができる。
(3)工場において製造される浄化槽については、たとえ試験的に製造されるものについても型式認定が必要である。
(4)製造業者は、型式認定取得後1年以内に、浄化槽に一定の表示を付さなければならない。
(5)工場で製造されず現場で施工される、いわゆる現場打ち浄化槽は、型式認定は不要である。

正答 ➠   
 ここは、浄化槽法をざっと読んで、間違いを確認しておくことが得点UPにつながる。
 
 
問題 15浄化槽法第7条及び第11条に規定する水質に関する検査についての次の記述のうち、正しいものはどれか。
 
(1)設置後等の水質検査と定期検査は、いずれも外観検査及び水質検査の2つの検査から構成されている。
(2)新たに設置された浄化槽は、使用開始後6か月を経過した日から2か月以内に検査を受けなければならない。
(3)浄化槽管理者は、設置後等の水質検査に係る手続きを、当該浄化槽の保守点検業者に委託することができる。
(4)水質検査の項目には、透視度及び生物化学的酸素要求量が含まれる。
(5)指定検査機関は、水質に関する検査を実施したときは、遅滞なく検査結果を環境大臣及び都道府県知事に報告しなければならない。

正答 ➠   
 ここも、浄化槽法を読んで、間違いを確認しておくことが重要。
 
 
問題 16次の文章の[  ]内に入る数値の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。
 
 「日本の廃棄物処理」(平成22年度版)によると、平成22年度末の我が国の水洗化人口は約[ ア ]万人であり、そのうち、浄化槽(ここでは浄化槽(農業集落排水施設等を含む)及びみなし浄化槽)によるものが約[ イ ]万人となっている。浄化槽による水洗化人口のうち約[ ウ ]%はみなし浄化槽によるものである。
 
  ア      イ      ウ
(1)11,700    2,800     80
(2)11,700    2,800     50
(3)11,700    4,800     80
(4) 8,900     4,800     80
(5) 8,900     2,800     50

正答 ➠   
 11,700万人、浄化槽800万基弱で2,800万人、合併/単独は約半々、程度は憶える。
 
   
問題 17保健所を設置する市の市長の職務として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)一般廃棄物処理業の許可
(2)浄化槽清掃業の許可
(3)浄化槽保守点検業の登録
(4)指定検査機関の指定
(5)浄化槽清掃業者に対する改善命令

正答 ➠   
 検査機関は都道府県知事の指定
 
 
問題 18技術管理者に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
 
(1)浄化槽の技術管理者は、規模の大きな浄化槽の保守点検及び清掃を直接行う者の資格である。
(2)処理対象人員が201人以上の浄化槽には、技術管理者を置かなければならない。
(3)技術管理者の資格は、浄化槽管理士の資格を有し、かつ浄化槽の保守点検及び清掃の技術上の業務に関する実務経験を有することである。
(4)自ら技術管理者として管理する浄化槽であっても、別途、技術管理者を置かなくてはならない。
(5)技術管理者が置かれている浄化槽については、水質に関する検査の受検を省略することができる。

正答 ➠   
 とにかく浄化槽法を読んで、間違いを確認しておくと必ずや得点UPにつながる。
 
 
問題 19浄化槽管理士に関する次の記述のうち、正しいものをすべであげている組み合わせはどれか。
 
ア 浄化槽管理士は、浄化槽の保守点検の業務だけでなく、浄化槽法第7条及び第11条に規定する水質に関する検査を行うための資格である。
イ 環境大臣は、浄化槽管理士が浄化槽法または浄化槽法に基づく処分に違反したときは、その浄化槽管理士免状の返納を命ずることができる。
ウ 都道府県は、条例で、浄化槽の保守点検業者に係る登録制度を設けることができる。
エ 浄化槽管理士の資格は、5年ごとにその更新を受けなければ、その効力を失う。
オ 登録を受けた保守点検業者は、営業所ごとに、浄化槽管理士を置くことにより、必ずしも浄化槽管理士を保守点検の業務に従事させなくてもよい。
 
(1)ア、ウ
(2)イ、ウ
(3)イ、エ
(4)ウ、オ
(5)エ、オ

正答 ➠   
 イとウ以外は、必ず浄化槽法を読んで、間違いを確認しておくことが重要。
 
 
問題 20水質汚濁防止法に関する次の記述のうち、誤っているものをすべてあげている組み合わせはどれか。
 
ア 工場、事業場から公共用水域への排出水は規制しているが、公共下水道への排出水は規制していない。
イ 公共用水城への排出水の規制手法には排水基準による排水規制と総量規制基準による総量規制とがあり、いずれも指定地域のみに適用される。
都道府県は、環境省令で定める排水基準よりきびしい基準を条例により定めることができる。
エ 浄化槽に適用されうる排水基準項目には、BOD、COD、窒素含有量及び燐含有量が含まれる。
オ 排水規制が適用される浄化槽は、処理対象人員51人以上の浄化槽である。
 
(1)ア、エ
(2)イ、ウ
(3)イ、オ
(4)ウ、エ
(5)ウ、オ

正答 ➠   
 イの総量規制は指定地域のみ。オは501人槽以上に適用