問題91〜100

 
問題 91浄化槽の清掃に際し、洗浄・掃除の必要な部位として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)スクリーン設備
(2)管きょ、インバート升
(3)ブロワ
(4)越流ぜき
(5)散気装置

正答 ➠   
 清掃行為には、ブロワの洗浄はない。
 
 
問題 92清掃時期の判断の目安(昭和61年1月13日付け衛環第3号厚生省環境整備課長通知(最終改正 平成13年9月25日))に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
 
(1)沈殿分離槽のスカムと汚泥の厚さの合計が、水深の1/3を超えたとき
(2)汚泥濃縮貯留槽の汚泥堆積量が、水深の1/3を超えたとき
(3)接触ばっ気槽の生物膜を強制はく離したとき、その汚泥の沈殿率が10%を超えたとき
(4)嫌気ろ床槽の第1室のスカムの厚さが、水深の1/4を超えたとき
(5)ばっ気室混合液の30分間汚泥沈殿率が、60%を超えたとき

正答 ➠   
 沈澱分離槽、嫌気ろ床槽は、流出水の浮遊物質等が著しく増加し、二次処理装置の機能に支障が生じるおそれがあるとき。接触ばっ気槽は、生物膜が過剰肥厚して接触材の閉塞のおそれが認められたとき。汚泥濃縮貯留槽は、スカム及び濃縮汚泥の生成が所定量に達したと認められたとき。
 
 
問題 93みなし浄化槽の清掃に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)腐敗室の汚泥、スカム、中間水等は全量引き出す。
(2)沈殿分離室の汚泥、スカム、中間水等は全量引き出す。
(3)重力移送式沈殿室の汚泥、スカム、中間水等は全量引き出す。
(4)消毒室は、必要に応じて汚泥、スカム等を引き出す。
(5)散水ろ床のろ床の洗浄に使用した水は、腐敗室の張り水として使用できる。

正答 ➠   
 汚泥、スカム等の引き出しは、適正量とすること。とある。重力式なので中間水そのものがない。
 
 
問題 94嫌気ろ床槽第1室における清掃には、下記のア〜オに示す作業が含まれる。これらの作業を効率的に行う手順として、最も適当なものは次のうちどれか。
    〔作  業〕
  ア.ろ材押さえ面に堆積している汚泥を引き出す。
  イ.底部より、堆積汚泥を引き出す。
  ウ.スカム、浮上物を引き出す。
  エ.ろ材押さえ面を水道水で洗浄しながら、槽底部より洗浄水を引き出す。
  オ.槽内の変形、破損の有無を確認する。

(1)ア → ウ → エ → イ → オ
(2)イ → ウ → オ → ア → エ
(3)イ → ウ → ア → オ → エ
(4)ウ → イ → ア → エ → オ
(5)ウ → ア → イ → エ → オ

正答 ➠   
 まずは水面から始めるのが常識的なところ。ウ→アとなるから、これしかない。
 
 
問題 95清掃に用いる器具と洗浄方法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)肥厚したスカムの破砕には、高圧洗浄機を用いる。
(2)流入配管の洗浄には、ワイヤーの先端部分にヘッドを取り付け、これを挿入して行う。
(3)流入配管の洗浄排水は、浄化槽本体に流入させないようにする。
(4)隔壁や移流管の付着物には、デッキブラシと同様のものを使用する。
(5)汚泥の排除にバキューム車以外の汎用性のポンプを使う場合、使用するホースは透明のものが望ましい。

正答 ➠   
 洗浄機など持ち歩かない。水流を逆にすると簡単に剥がれる。
 
 
問題 96ばっ気室混合液のSV30から汚泥の引き出し量を概算する式として、最も適当なものは次のうちどれか。
 ただし、V:汚泥の引き出し量(㎥)、A:ばっ気室の容量(㎥)、 B:引き出し前のSV30(%)、C:引き出し後のSV30(%)とする。


正答 ➠   
 単純に考えていい。(前-後)×槽容量
 
 
問題 97下図に示す浄化槽について通常の清掃作業に関する記述として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 

(1)嫌気ろ床槽第2室のろ床内に汚泥が多量に認められる場合には、全量引き出す。
(2)生物ろ過槽において担体の流出を防止する構造になっている場合には、全量引き出す。
(3)処理水槽に堆積汚泥が認められる場合には、適正量引き出す。
(4)消毒槽に堆積汚泥が認められる場合には、適正量引き出す。
(5)循環装量は、必要に応じて洗浄、掃除を行う。

正答 ➠   
 まず逆洗して汚泥を移送する。全量抜くと、担体と汚泥の重量を受けて下部流出防止部品が破損することもある。
 
 
問題 98下記の条件で運転されている浄化槽において、汚水処理量100㎥当たり0.45㎥の搬出汚泥が発生する実績が得られている。この浄化槽における汚泥転換率(kg-SS/kg-BOD)として正しい値は次のうちどれか。なお、搬出汚泥の比重は1とする。
 
〔条 件〕
  流入汚水量    200㎥/日
  流入BOD     200 mg/L
  BOD除去率    90%
  汚泥の含水率   98%

(1)25 %
(2)30 %
(3)40 %
(4)50 %
(5)55 %

正答 ➠   
 100㎥あたりのBOD除去量は100×200×0.9×10-3=18kg。汚泥濃度は100-98=2%から、18×転換率÷0.02=450Lを解く。
 
 
問題 99近年のし尿処理施設に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)浄化槽汚泥は、その大部分がし尿処理施設に搬入されている。
(2)し尿処理施設に搬入される浄化槽汚泥の総量は、くみ取りし尿の総量に比べて少ない。
(3)し尿処理施設に搬入されるくみ取りし尿は、地域によっては簡易水洗便所の普及により、量の増加や希薄化する傾向が認められる。
(4)
(5)し尿処理施設について、老朽化や処理能力不足などの課題が指摘されている。

正答 ➠   
 平成14年度に浄化槽汚泥が追い抜いた。
 
 
問題 100現在実用化されている浄化槽汚泥の資源化技術として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)堆肥化
(2)リン回収
(3)メタン回収
(4)助燃剤化
(5)水素回収

正答 ➠   
 水素発酵という技術もあるが、まだここまでは行っていない。