戦前からあった遊びで「とっこ」とも言われる。
台紙の中央に「とっこ」「みます」「丸に矢羽根」
「しまだ」「丸に鶴」「丸に仙」の六種類の紋が
描かれ左右にはこれらの紋が書かれたクジとなる
小さな巻紙が貼り付けてある。 
 遊び方は六種の紋の中から一つを指定しクジを
引いて同じ紋を当てるというもの。あるいは左右
に貼ってあるクジを一つずつ引き、二つのクジ紙
に書かれている紋が合えば当たるものなどがある。 
 また似たようなものにクジ引き遊びがある。
これは紋の代わりにキャラクターや景品などの絵
が描かれていてクジを引いて当てるもの。 また、
台紙ではなく、長方形の紙片を束ねたものに文字
や符号が書いてあり、その中から1枚を抜き取っ
て当たり外れを決めるクジカードなどがある。

百万両宝くじ

たのしい 紋合セ あそび

〜 昭和20年代

おもしろい紋合せあそび 〜 マル政

〜 昭和20年代

當 物

〜 戦前

220×220

265×200

380×260

380×260

〜 昭和20年代

360×255

昭和の名玩具
       100選

紋合わせ
とっこ、当て物、くじ遊び

面白い子供紋合せ

版元 おもちゃの会

253×184

福引きあてもの

330×245

大阪 高田猶松・版

〜 明治35年

〜 昭和20〜30年代

〜 明治 ?

おもしろい紋合せあそび