「勝手にベスト」に関して永井ルイにインタヴューしました。途中から「サウンド&レコーディング」の取材のつもりになってきてます(笑)。。



湯川トーベン(ゆ)
「今日はサウンド・プロデューサーの永井ルイをお迎えして、今回のベスト盤~勝手にベスト~についてお話を聞かせてもらいます。
今回の作業を終えて、どうでしたか?」

永井ルイ(な)
「過去4枚のアルバムからベスト盤を作るということで湯川先生直々にご依頼をいただきました。誠に光栄です。
最初は作業期間がタイトだったので全曲リマスターの方向だったのです。
しかし”太陽の光”のマスターを調べたところ、カットされていたボーカルトラックを発見した為、リミックスしてみたらとても新鮮だったのです。それならもう一曲、さらにもう一曲…と作業していたらほとんどの曲がリミックスになっていました。」

(ゆ)
「どんなところがポイントでしたか?」

(な)
「その昔、”バナナ”を結成する前から、トーベンが作る曲・詞、そして歌は素朴で温かさが溢れていると思っていました。
今回は、そんな素晴らしい楽曲の数々をレコーディング時の生々しいサウンド(原点)で、長く聴いてもらえるようにしたいというテーマがありました。」

(ゆ)
「今まで聴こえていなかった楽器や、カットされていたパートが復活したり、アレンジも変わった箇所がありますね。」

(な)
「”夕暮れのうた”の前半部分は、オリジナルではアコースティックギターとエレピとオルガンで構築されていましたが、今回は”フィーチャリング中野督夫”という事でアコースティックギターと歌のみにしています。
ところが、イントロ部分のアコースティックギター・トラックにヘッドフォンから漏れたドンカマ(クリック)の音も入っていたので、誤魔化すためにオルガンが復活したのです。」

(ゆ)
「さすがにフォークロックスみたいに牛の鳴き声を入れて誤魔化すわけにはいかなかったのですね。」

(な)
「そのとおりです。折角の曲が台無しになってしまいますからね。」

(ゆ)
「”天国行きのバス”もオリジナルではフェイドアウトで終わっていたけれど…。」

(な)
「今回のベスト盤では、レコーディング時に録った演奏の最後まで生かしました。他にも、”しょーもない僕 しょーもない君”などは、冒頭からドラムとベースが復活しています。レコーディング時の状態に戻っています。」

(ゆ)
「なるほど。 あと、全体的にコーラスも音量上がっていますね。聴きどころが満載です。何処が変わったのか…見つけてもらう楽しみもありますね。
では、最後に読者の皆さんに一言お願いします。」

(な)
「はい。今回のベスト盤~勝手にベスト~は、楽器個々の音色や、プレイヤーの息遣い、歌のニュアンスや歌詞などが聴きやすいサウンド作りを目指しました。
是非、ヘッドフォンでじっくりと聴いてみてほしいです。」

(ゆ)
「今日はお忙しい中、ありがとうございました。」

(な)
「こちらこそ、ありがとうございました。」